お手伝いさんは何をしてくれる?家政婦や家事代行との違いも教えて!

掃除や洗濯、料理といった家の中の仕事を依頼したいと考えるとき、一番に浮かぶのがお手伝いさんや家政婦でしょう。また、家事代行サービスという新しいサービスも登場しています。これらのサービスには違いがないように感じられますが、実は大きな違いがあるのです。そこで、お手伝いさんや家政婦と家事代行サービスの違いについて詳しく紹介していきます。

お手伝いさんと家事代行は契約方法が違う

お手伝いさんと家政婦は呼び名が異なりますが、基本的には同じものです。そこで、ここではお手伝いさんとしてひとまとめにし、家事代行サービスとの違いを紹介していきます。お手伝いさんと家事代行サービスの大きな違いのひとつは契約方法です。お手伝いさんを依頼する際には家政婦紹介所などから紹介を受けることがありますが、契約は利用者とお手伝いさんの間で結ばれます。

つまり、個人間での契約です。月ごとの契約であることも多く、料金がおさえられます。さらに、時間や曜日に融通が利くのもメリットでしょう。一方で、家事代行サービスはサービスを提供している企業と契約を結びます。長期の契約だけでなく一度だけの利用も可能です。スタッフはシフトで動いていることが多く、毎回違うスタッフがサービスを提供することもあります。

サービス内容にも違いあり!

お手伝いさんだけでなく家事代行サービスでも、掃除や洗濯、料理といった家事全般を依頼できます。

しかしながら、お手伝いさんは個人での雇用形態であることから、仕事内容はお互いの同意で決定するのが特徴です。お手伝いさんによっては不得意としている分野もあり、全てを任せられないこともあります。また、お手伝いさんのなかには家事以外の業務にも臨機応変な対応ができる人もいるでしょう。

一方で、家事代行サービスには、さまざまなプランが用意されています。希望のプランを選択すると希望通りのサービスが受けられるのが特徴です。料理のみを依頼したい場合や、子どもの送り迎え、ペットのお世話などが選択できることもあります。自分のライフスタイルに合わせたサービスが選べるのが家事代行サービスの特徴です。

トラブルのときには注意!

お手伝いさんや家事代行サービスを依頼する際、気になるのはトラブル時の対応でしょう。他人を自宅に上げることになりますので、大切なものを壊されてしまうことや、盗難などの被害が心配という声も聞かれます。

お手伝いさんの場合には、個人契約ですのでトラブルが起きた際には個人間でトラブルを解決する必要があるのです。そのため、契約を結ぶ際には、トラブルが起こった時の対応についてもしっかりと話し合っておくのがいいでしょう。

一方、家事代行サービスはサービスを提供している企業との契約です。そのため、トラブルが起こった際にも家事代行業者が仲介します。また、万が一に備えて損害保険に加入している家事代行業者も多く、トラブルが起こった場合でも迅速な解決が可能です

お手伝いさんと家事代行の支払いは?

かかる費用や支払い方法も、お手伝いさんや家事代行サービスに依頼する際に気になる点のひとつでしょう。お手伝いさんというのは、基本的に日給制です。住み込みなどでお手伝いさんを雇うケースもあり、時間を気にすることなく業務が依頼できます。

しかし、業務が少ない日であっても同じ料金がかかるのです。継続的な利用を考えるのであればお手伝いさんの方が融通が利きますが、単発の場合には割高に感じることもあるでしょう。

必要な作業だけを短い時間で依頼したい場合には家事代行サービスが便利です。家事代行サービスの多くは時給制であり、希望する時間内で、してほしい作業のみを依頼できます。必要なときにだけ利用することも可能ですので、気軽に利用できるのがメリットです。

家事代行サービスには専門のスタッフが揃えられている

家事代行サービスは、短時間で決められた家事のみを行うサービスです。例えば、2時間で掃除を依頼した場合には、水まわりと寝室、リビングの掃除をしてもらえます。4時間の料理プランを選択すると、食材の買い出しから調理、配膳、さらに作り置きの作成と調理後の後片付けまでの依頼が可能です。家事代行サービスのプラン内容は企業によって異なります。

料理を専門とした企業や、掃除を得意としている企業などがあり、それぞれに特化したスタッフがそろえられているのが特徴です。そのため、満足のいくサービスが受けられるでしょう。

ただし、時間をこえると追加料金が発生することもありますので注意が必要です。どんな範囲で、どんな内容に対応してもらえるかを事前に確認し、契約を結びましょう。

1日中お願いするならお手伝いさんをチョイス

お手伝いさんは日給で支払いますので、1日かけて家事を任せるスタイルです。朝から晩まですべての家事を任せるという人も多く、昔からの住み込みで雇うケースも多くみられます。その場合には、お手伝いさんの寝室を確保する必要がありますので注意しましょう。

ただ、洗濯や掃除だけでなく、夕食の準備、夕食の片づけなども依頼できるのがメリットです。小さい子供のいる家庭ではベビーシッターなども依頼でき、お年寄りのいる家庭では、お手伝いさんに見守りをお願いするケースも増えています。

長く同じお手伝いさんに依頼し続けることで信頼関係が生まれるのもお手伝いさんの魅力のひとつでしょう。ベビーシッターなどをお願いする際にも、安心して預けられると評判です。しかしながら、日勤での依頼も可能で、家事代行サービスのように2~3時間程度の依頼もできます。自分のライフスタイルと照らし合わせ、お手伝いさんか家事代行サービスかを上手に選んで賢く利用してみましょう。

カジタクの家事代行・整理収納はコチラ!