コインランドリーでカーペットを洗ってみよう!入れ方のコツも伝授

カーペットは意外と汚れています。ですが、日々の汚れが気になっていても、どう洗ったら良いのかわからないことも多いのではないでしょうか。そんなときはコインランドリーがおすすめです。大きなカーペットも丸ごとしっかりきれいに洗ってくれます。今回はコインランドリーでの洗い方や料金、事前に準備することなどをまとめました。洗う時のちょっとした工夫もご紹介しているので、是非参考にして下さい。

カーペットはコインランドリーで洗える?

カーペットはコインランドリーで洗うことが出来ます。乾燥も可能です。コインランドリーには普通の家庭では見かけない大型の洗濯機が置いてあるからです。例えば、洗濯量の上限が15kgであれば3畳のカーペットを、22kgであれば6畳のカーペットを洗い、乾燥することが可能です。

とはいえ、床に敷いてある状態だととても大きく見えるため、洗濯機の中に上手く収まるだろうかと不安に思うこともあるでしょう。しかし、たたみ方や入れ方を工夫すればしっかりと洗うことができます。

ただ、カーペットの素材によっては乾燥機がかけられないものや水洗い自体ができないものもあります。事前にその点を確認してから、コインランドリーに持って行きましょう。また、洗う以外にもコインランドリーを利用することのメリットはいくつかあります。

コインランドリーでカーペットを洗うメリット

一番のメリットは、料金が安く済むということです。クリーニングに出した場合、一般的には安くても一畳あたり1,300~1,500円ほどかかります。しかし、コインランドリーを使えば、もっと安く洗うことが出来るので経済的です。

また、衛生面でも効果が期待できます。丸洗いをするため、カーペットの毛の奥にある汚れまできれいに落としてくれるのです。そして、乾燥で30分ほど熱を加えれば、アレルギーの原因となるダニは死滅してしまいます。ハウスダストも温風が吹き飛ばしてくれるので安心です。

最後に、かかる時間が短いこともメリットです。コインランドリーでの洗濯時間はおよそ30~40分、乾燥が3畳までなら40~50分ほど、6畳でも60~70分で終わります。半日もかからずにすべてが終了するのでその日に自宅へ持って帰り、すぐに使うことができます。

事前にやっておいた方がいい事

まずは、カーペットの洗濯表示を確認します。コインランドリーの多くはカーペットに対応していますが、すべてを洗うことは出来ません。洗濯表示に水洗いOKの記載がなければやめましょう。

洗濯表示がない場合は素材から判断します。ウールやシルク、ギャベなどの天然素材であれば、水洗いは避けた方が無難です。また、裏地にゴムがついている、またはカーペットの間にゴムがはさんであるものは高熱に弱いため、乾燥機は使わない方が安心です。

カーペットのサイズを確認することも大切です。大きさによって使う洗濯機の容量が違います。1畳なら12kg、2~3畳では15kg、6畳では22kgサイズの洗濯機が必要となります。今は多くのコインランドリーがホームページを持っています。直接行く前に必要な大きさの洗濯機があるか確認をしておくと良いでしょう。

カーペットが洗えるかを記載しているところも多いですから、そこもチェックしておくと安心です。

必要なもの

最近のコインランドリーは、自動で洗剤と柔軟剤を投入してくれる機種がほとんどです。そのため、持って行くのはカーペットとお金だけで十分でしょう。とはいえ、少しでもきれいに仕上げるためには、ちょっとした工夫をするのがおすすめです。

もし、カーペットが入るサイズの大きな洗濯ネットがあれば是非活用しましょう。購入する場合は1,000円前後で売られています。カーペットは重量があるため、洗濯中に中で広がるとバランスを崩し、脱水時などに洗濯機が止まってしまうことがあります。

ですが、ネットに入れるとカーペットがまとまっているため、それを防ぐことができるのです。麻ひもで数カ所縛ってから洗う方法も効果があります。

ただ、カーペットをたたんだり、ネットに入れたりするのは意外と重労働です。家族や友人に一緒に行ってもらうと良いでしょう。

コインランドリーでのカーペットの洗い方

カーペットの洗う手順はたった2つです。カーペットを洗濯機に入れ、コースを選びボタンを押します。あとはただ終了を待つだけです。ですが、それぞれの作業にちょっとした工夫をすれば、より洗濯が簡単になります。

まずはカーペットを洗濯機に入れる際、屏風たたみにしましょう。表面を外側にして山折り谷折りを繰り返し、屏風のようにたたみます。折りたたむ幅は洗濯機の入口より少し細めが良いでしょう。それからくるくると丸めて、洗濯槽の中に入れます。

この時、カーペットが洗濯機に対してサイズが合っているかもチェックします。少し余裕がある方がきれいに洗えます。もしサイズが合わないようであれば一回り大きい、または小さい洗濯機に変えるのが良いでしょう。

終了のサインがあったら、乾燥の具合を確認します。乾きにムラがあるなど足りないようであれば追加で乾燥を行います。

コインランドリーでかかる料金は?

店舗によって多少異なりますが、洗濯機のサイズに比例して料金が上がるのが一般的です。例えば、3畳のカーペットが洗える15kgほどの中型洗濯機で乾燥までした場合、1時間約1,200~1,500円ほどかかります。6畳のカーペットが洗える22kgの大型洗濯機だと1,500~1,800円ほどです。

もし、洗濯機と乾燥機を分けて使うのであれば、料金は中型洗濯機で1時間800円、大型洗濯機で1,200円ほどです。乾燥機のみは中型だと10分で100円、大容量で7~8分で100円というのが相場となっています。

ただし、カーペットの乾燥時間は中型で40分ほど、大型では60~90分ほどかかりますので、金額にすると400円、または800〜1,000円ほどになります。

つまり、コインランドリーを利用すれば、クリーニングに出した場合の半額以下で綺麗にすることが可能です。経済的に見てもかなりお得だと言えるでしょう。

カジタクの宅配クリーニングはコチラ!