トイレのつまりはコレで解決! 家にある物でできるトイレのつまり解消法

トイレのつまりはいつ起こるか分かりません。夜間や早朝に起これば自分で直さなければ使用することができません。そんな時家庭にあるものを使用して詰まりを解消する方法を知っていれば、いざと言う時に役に立ちます。様々な直し方がありますが家庭にあるものを使用して直す方法は限られてきます。どこの家庭でもあるもので直す方法を紹介します。

トイレのつまりの程度は?

トイレが詰まると慌ててしまいます。詰まりを解消するためにレバーを何度もあげてしまいます。当然詰まっていれば水が便器の上の方にあっがて便器から溢れてしまうケースもあるはずです。落ち着いてつまり具合を確認することが大切です。

水が全く流れない

水が少しづつ流れるようなつまりの場合と、全く流れないで再度レバーを上げると便器に水があふれてくるような場合はかなり重症です。またレバーを上げても水が勢い良く流れないで詰まる場合や、水が詰まって悪臭がするような場合もあります。それぞれ原因が異なる可能性が高いため、直し方も異なってラバーカップやトイレのつまりを解消する専用のワイヤーなどがあれば利用できますが、ほとんどのお宅で用意してないため直し方も限られてきます。

トイレのつまりの原因

トイレのつまりの原因は様々で、トイレットぺーパーを大量に使用したり、ワンちゃんのウンチをテッシュペーパーでくるみトイレに流したり、子供がトイレにおもちゃを落としてしまったり様々です。意外と気がつかない場合があるのが後ろポケットに入れておいたスマートホンや財布を便器に落としたりすることがよくあります。

節水が原因の場合も

また節水のため水の入ったタンクにペットボトルを入れて、水の流れをおさえて水道料金をおさえようとして、それが原因でトイレがつまりがなかなか治らず、業者を呼んで費用がかかってしまう本末転倒なケースも中にはあります。長年使っているようなトイレはタンクの中の浮き球の留め具が腐食して、動きが悪くなり水量が少なくなりトイレが詰まるようなこともあります。

準備するもの

できることなら、普段からトイレの排水口のゴムのところを当てて吸引するラバーカップやトイレの詰まりを解消するワイヤーなどを購入しておくといいでしょう。頑固なトイレの詰まりにも対応ができて、自分でトイレの詰まりを解消できるはずです。それがなければ、家にあるもので対処してみましょう。準備するものは大きなバケツと水とビニールシートです。この3つがあれば詰まりを解消できる場合があります。

ぬるま湯が効果的な場合も

トイレットペーパーの詰まりの場合は、バケツに水を組むのではなく、40度程度のぬるま湯を利用するとより効果的です。そして家庭のキッチンや洗面所の排水が詰まるときに使用するパイプクリーナーもトイレの詰まりには効果的なので、あるといいでしょう。

トイレのつまり解消方法

バケツと水とビニールシートが用意できたら、トイレの詰まりを解消していきましょう。トイレが詰まると慌ててタンクのレバーを上にあげてしまいがちですが、それは逆効果です。出来るだけ便器の水を外に汲みだして水位を低くしてください。そして、バケツにいれた水を排水口めがけて生きよい良く流し込みます。一定の水圧がかかるため、異物が流れやすくなります。あまり効果がない場合は水ではなくぬるま湯を利用すると、トイレットペーパーが溶けやすくなるため詰まりを解消しやすくなります。

事前にビニールシートを敷いておく

注意しなければならないことの一つに、頑固なつまりの場合は逆に水位があがって便器から水が溢れてしまう場合があります。このようなトラブルを解消するためにあらかじめビニールシートをトイレの床に敷いておくことも重要です。

注意点

トイレの詰まりを家庭で直すときは、パイプの異物が詰まった時にパイプのボルトを回す工具のレンチなどがなく、適正でない工具を使用してしまうことです。合っていない工具を使うことで、ボルトの山を丸くしてネジ馬鹿になってしまうようなケースもあります。どこの家庭でもトイレの詰まりを解消できる適正な工具が揃っていれば問題ないですが、揃っていない家庭も多いでしょう。

工具がない時

日中の場合はホームセンターに行って購入することが出来ますが、夜間や早朝の場合は購入ができません。工具を無理に使って状況をかえって悪くするようなケースもあります。工具がない場合は、家にあるもので直す方法をまずは試してみましょう。それでも無理な場合は翌日に修理を試みたり、夜間でも対応してくれる業者を探すのがおすすめです。

予防策

トイレの詰まりを家庭で解消する方法は、事前準備が重要です。トイレの詰まりを直す修理道具のラバーカップや専用のワイヤーを購入しておけば安心です。ほとんど修理用具がないと修理の方法も限られてきて頑固なつまりに対処できない場合があります。トイレが詰まると日常生活が送ることが出来ません。生活をしている中でいつかは経験します。

対処法を理解する

また、対処法を理解しておくことも大切です。バケツでの詰まりを直す方法やタンクの水量を少なくしないこと、パイプクリーナーの使用方法、ラバーカップやワイヤーの使用方法などを日頃から理解しておきましょう。そして子供がトイレで遊ばないことやティッシュペーパーを間違って流さないこと、トイレに座った時の後ろポケットにスマートホンや財布を入れておかないことなど、家族全員であらかじめルールを徹底することも予防に繋がります。

カジタクのトイレクリーニングはコチラ!