新聞紙はそのまま捨てずに活用しよう!濡れ新聞で掃除をエコで簡単に♪

積み重ねた新聞紙

どのご家庭にも必ずある新聞紙。読み終わった後はまとめて古紙回収へ…の前に、おすすめしたい利用方法があります!新聞紙が掃除に使えるのをご存知ですか?新聞紙ならではの嬉しい効果もあります。掃除の他にも節約につながる簡単でエコな利用方法がたくさん。新聞紙の使用方法と、おすすめの掃除場所をご紹介します。

新聞紙の使い方

女性が新聞紙の束を持っている

拭き掃除には濡れ新聞がおすすめです。使いやすい大きさに切って、水に浸して軽く絞るだけ。カラー印刷ではなく、白黒の印刷面を使いましょう。
手に付着した新聞のインクは石鹼で洗えば落ちますが、気になる場合はゴム手袋を着用して使用してください。

オススメの掃除場所

窓ふきをしている

窓拭き

軽度の汚れなら新聞紙があれば洗剤は不要です。新聞のインクに含まれる油分が汚れを落とし、つや出しや汚れの付着を防止するコーティング剤の役割も果たすという一石二鳥の掃除方法です。
濡れ新聞で窓を拭き、乾いた新聞で拭きあげて完了です。窓枠にインクがつかないように注意しましょう。
湿気の多い曇りや雨の日は汚れが取れやすいので窓掃除におすすめです。

洗面台の鏡

窓と同様に、濡れ新聞で拭いた後、乾いた新聞で拭きあげるだけ。鏡がきれいになるだけではなく、曇りにくくなるという嬉しい効果もあります。

玄関・ベランダ

砂・泥・ホコリ汚れには濡らした新聞紙が有効です。濡れ新聞をちぎって撒くと、砂埃が立ちにくくなり、さらにホコリを絡めとる働きをします。窓を拭き終わった濡れ新聞の再利用が可能です。また、濡らして丸めた新聞紙を雑巾替わりにして拭くこともできます。そのまま捨てられるので楽チンですよね。

他にもこんな活用法が

靴が並んでいる

掃除以外にも新聞紙は便利な利用方法がたくさんあります。

網戸の掃除に

片面に新聞紙を貼り、掃除機をかけます。スポンジ二つで両側から挟んで拭きます。新聞紙を貼ることで、掃除機の吸収力を高め、両側から一気に拭くことで汚れを逃がさずきれいにすることができます。

靴箱の湿気とりに

靴箱の掃除の際、靴を元に戻す前に新聞紙を何枚か重ねて敷きます。吸湿剤と同様の効果が期待できます。汚れたら一番上の新聞紙を捨てるだけなので掃除の手間が省けます。

生ゴミを捨てる時に

新聞紙に包んで捨てれば生ゴミの水分を吸収するため、臭いの発生を防ぐことができます。
新聞紙の上で野菜の皮を剥いて、そのまま包んで捨てれば後片付けも楽チンです。

食器の前洗いに

食器についた油汚れを新聞紙で拭き取ってから洗えば、水も洗剤も使用量を抑えることができるので環境にも優しく、節約にもなります。小さいサイズにしたものをシンク下にストックしておくと便利です。

最後に

新聞紙を使った掃除方法や、便利な活用方法をご紹介しました。新聞紙を使う時は、壁や服にインクが付着しないように気を付けましょう。新聞紙を上手に活用して、エコな生活をしてみませんか?捨ててしまう前に、一度試してみてくださいね♪
カジタクの家事代行・整理収納はコチラ!