アイロン台って必要?身近なもので代用できるアイデアをご紹介

アイロンがけしたいけれど、アイロン台を用意するのが面倒、またはそもそもアイロン台を持っていないという方もいるかもしれません。そういう方におすすめなのが、身近なものをアイロン台の代用品として活用する方法です。実は家にある様々なアイテムを使って、簡単にアイロンがけすることができます。今回はアイロン台として使えるアイテムを色々と紹介します。

座布団もアイロン台の代わりになる!

家に座布団がある方は、アイロン台の代用品として使うことができます。厚みもちょうど良いですし、クッション性もあるのでアイロン台として利用するのにぴったりです。ただし、どのような座布団でも代用品になるわけではありません。適しているのは木綿の座布団です。座布団の中には化学繊維の生地を使用しているものがあります。化学繊維は熱に弱いので、アイロン台として使うと表面が溶けたり焦げたりしてしまいます。

どんな素材が使われているのか事前にチェックして、化学繊維が使われていないものを使うようにしてください。また、座布団だけだと不安なら、薄手のタオルを座布団の上に敷いてから使うと安心です。手元にアイロン台がない時は活用してみてください。

バスタオルだけでもアイロンがかけられる

アイロン台がない時、手軽に利用できる代用品がバスタオルです。使うバスタオルは使い古しのもので問題ありません。ハンカチのような小さいものをアイロンがけする時は、バスタオル1枚を4つ折りにするだけで十分アイロン台の代わりになります。シャツなど大きなものの場合は、バスタオルを2枚使えばOKです。

バスタオルが薄いと下のテーブルに熱が伝わってしまうことがあるので、使う枚数や折り方は工夫してください。新しいバスタオルを使って失敗してしまうと勿体ないので、もう使わなくなったバスタオルをアイロン用に残しておくのもおすすめです。バスタオルなら多くの家にあるものですし、気軽にアイロン台の代用品として使えるのは嬉しいですよね。

ダンボールをアイロン台の代わりに使おう!

通販を利用した時や引っ越しで余ったダンボールが家に貯まることもありますよね。そういった邪魔なダンボールを、アイロン台の代用品として使うことが可能です。ダンボールが大きい場合は、使いやすい大きさにカットするとよいでしょう。その上に面の布を被せて、アイロン台として使用します。

被せる布は化学繊維でないものを選んでください。化学繊維だとアイロンの熱で焦げてしまう可能性があるので気をつけましょう。ちょっと厚みが足りないと感じたら、布とダンボールの間に新聞紙を重ねるのもおすすめです。

頻繁に使うようなら、ダンボールを何枚か重ねてガムテームなどで止めておけば、オリジナルのアイロン台を作ることもできます。ダンボールなら手軽に使い捨てできるので、気軽に使えるのも魅力です。

布団がアイロン台の代わりになる!

普段寝ている布団も、アイロン台の代用品として使えます。布団は掛け布団ではなく、敷布団を使います。敷布団はタオルに比べるとスペースが広いので、大きいものをアイロンがけする時にぴったりです。

布団ではなくベッドで寝ている方は、ベッドをアイロン台の代わりに使ってみるのもよいでしょう。ベッドならいちいち出し入れする面倒もありません。マットレスは程よい弾力性があり、厚みもしっかりしているので十分アイロン台の代用品として活用できます。

一人暮らしだとなかなかアイロン台を用意できない方もいるでしょう。そういう方は、普段使っているベッドを活用してアイロンがけしましょう。朝起きた後に、ささっとYシャツをベッドでアイロンがけして出社することもできます。

新聞紙や雑誌を活用する!

部屋に置いてある、新聞紙や雑誌もアイロン台として活用できます。新聞紙や雑誌は熱を通しにくいですし、平らなのでアイロン台として使うにはぴったりです。そのままだと段差があって使いにくいことがあるので、気になったらバスタオルを上に敷いて高さを揃えましょう。

ただし、熱を通しにくいとはいえ紙なので、長時間アイロンを置きっぱなしにすると焦げてしまうので注意してください

。また新聞紙を使う場合はインク移りに気をつけましょう。新聞紙は水に濡れるとインクが浮き、他のものに移りやすくなります。アイロンのスチームを使う時は、新聞紙が水に濡れないようにすることが大切です。アイロン台として使うために、普段から新聞紙を数枚保管しておくとよいです。

スチームアイロンならアイロン台いらず!

アイロン台がない時でも、気軽にアイロンがけできると人気なのがスチームアイロンです。スチームアイロンなら、ハンガーに洋服やYシャツをかけたままアイロンがけできます。便利なスチームアイロンですが、使う前にちょっとした準備が必要です。ハンガーにかけたアイロンがけするのですが、衣類のシワをある程度伸ばしておくとより綺麗に仕上がります。

大きなシワのある状態のままスチームアイロンをかけても、なかなか綺麗に仕上がらないこともあるので注意しましょう。大きなシワは手で軽く抑えるだけでも、十分伸ばすことができます。

スチームアイロンはただシワを伸ばすだけでなく、衣服の嫌な臭いを消す効果も期待できます。汗やタバコの臭いがついてしまった時、ハンガーにかけた状態で手軽に脱臭できるのは便利ですよね。アイロン台を出すのが面倒な方は、スチームアイロンを上手く活用しましょう。

カジタクの家事代行・整理収納はコチラ!