色移りは落とせる!正しい洗濯の仕方からおさらい

お気に入りのシャツにズボンの色が移ってしまったなどという経験をしたことのある人は多いのではないでしょうか。そもそも色移りはどうして起こってしまうのか、色移りをさせないための洗濯方法などを知りたいという人もいるでしょう。この記事では、それらの方法に加え色移りしやすい素材や色移りしてしまった洋服を元に戻す方法について紹介します。

なぜ色移りしてしまう?

洗濯をしてしまった時に色移りをさせてしまったという経験を持っている人は多いでしょう。そもそも色移りはなぜ起きてしまうのか考えたことはあるでしょうか。色移りと一口に言っても原因はいくつかあるのです。代表的なのが洗濯中に染料が溶け出してしまうというものですが、よくあるのが新品のデニムからの色移りです。堅牢度という染料の色落ちのしやすさを表す度合いがあるのですが、これが低い染料を使用していると洗濯中に溶け出しシャツなど他の衣類に色が移ってしまいます。

洗濯中ではなく洗濯後の脱水によって色移りするケースもあります。洗濯機の脱水は洗濯槽を回転させることによって発生する遠心力によって行っているのですが、この遠心力が強いと染料が飛び他の衣類に点のような形で色移りしてしまうのです。

また、出かける前にセットしていた場合など洗濯物を長時間そのままにしておくと、湿った状態の染料がじわっと染み出して他の衣類に色移りさせてしまうことがあります。洗濯時には何も問題なかったのに色移りしているという場合はこのケースが考えられます。

色移りしないための洗濯方法

色移りをさせないためには日々の洗濯方法で気をつけなければなりません。最も基本となるのが、白い衣類と色の濃い衣類を分けて洗うということです。色移りで目立ってしまうのは白い色のシャツなので、白いものは白いもので洗うようにしましょう。特に、まだ新しくほとんど洗濯もしていないような色の濃い染料を使った衣類は色移りのリスクが高いので、別で洗うようにしなければなりません。

基本的に3回程度洗えば色移りのリスクはかなり低くなりますので、ある程度洗ったものであれば一緒に洗濯機に入れても大丈夫でしょう。色移りが心配な場合は、洗剤を付けた不要な白いタオルなどを使って衣類の目立たない部分をポンポンと叩き洗いしてみます。タオルなどに色が移ってしまう場合は別で洗うようにすれば大丈夫です。

別で洗うのが面倒くさいという場合には、節水機能などは切って水の量を増やして洗濯するというのも一つの手です。洗剤も中性のものを使用すると色移りしにくくなります。また、脱水による色移りを予防するためには、洗濯ネットを使用するのも有効です。ただし、これらは完全に色移りを防ぐ方法ではないので、基本的には別々に洗いましょう。

色移りしやすい素材は?

色移りは染料の問題であって、衣類の素材は関係ないと思っている人が多いです。もちろん、衣類の素材に関わらず色移りは生じる可能性があります。しかし、色移りが発生しやすい素材もありますので、注意しましょう。

特に色移りしやすい素材として知られているのが、麻や木綿などといった天然の繊維を使用して作られている衣類です。天然繊維の衣類はその風合いの良さが魅力的なので、風合いを活かすためにも堅牢度の低い染料を使用している事が多く、色移りしやすくなっています。

他にも、濃い色の染料などは色移りしやすいですし、衣類についているタグなどで色落ちや色移りに関しての注意が書かれていることが多いです。このような注意書きがされている衣類などに関しても、色落ちが落ち着くまでは別に洗うようにして色移りを防止する必要があるでしょう。

色移りしてしまったのを元に戻す方法

気をつけていたつもりでも、お気に入りのシャツにズボンの色が移ってしまったなどといったことは起きる可能性があります。色移りしてしまったらもう戻せないと思っている人も多いですが、諦める前に元に戻す方法を試してみましょう。色移りしてしまったら、出来るだけすぐに落とすことが元通りにするためには必要です。乾いてしまうと落ちにくくなるので、気付いたらすぐに実践しましょう。

色移りしてしまったのを元に戻す時は水ではなくお湯を使用します。温度が高いほうが洗浄力は高まりますが、生地へのダメージにもなりますので50℃くらいのお湯で試してみましょう。最近の洗濯機はお湯で洗うモードがあるものも多いですが、洗濯機には耐熱温度がありますのでこれを超えないようにします。

洗濯機ではなく、タライなどを使用して手洗いで落とすと安心かもしれません。洗剤の量は普段の倍以上で、弱アルカリ性洗剤の洗剤を使用するのがポイントです。液体タイプでも良いですが、粉末タイプのほうが洗浄力が高くなっています。漂白剤は規定の量でいいですが、衣類の色等に合わせて種類は選択しましょう。30分から1時間程度つけ置きして、落ちが足りなければ繰り返し、しっかり落ちたら普段の洗濯を一度行えば完了です。

色移りは予防が重要

お気に入りのシャツなどに色移りさせないためには、日々の洗濯でしっかりと色物を分けるということが大切です。特に新しい衣類や天然繊維を使用しているものは注意して扱わなければなりません。基本的には色移りをさせないという予防が大切になるのですが、色移りさせてしまったという場合には出来るだけ早く対処することで元通りさせられるかもしれません。

カジタクの宅配クリーニングはコチラ!