ガスコンロ汚れを落とすプロの技!プロから学ぶ掃除方法

01

ガスコンロの汚れは、こびりつきが酷くてなかなか取れないですよね…。しかし、調理をするところが汚いのは衛生的にも、気持ち的にも良くないもの。今回は、プロにガスコンロクリーニングの方法と、自力でできる掃除方法を聞きました!

ガスコンロ汚れの種類とは?

02

ガスコンロの汚れには、色々な種類が含まれています。

  • 油が樹脂化したもの
  • 焦げ付き
  • 料理の汚れ
  • 水垢
  • 石鹸カス
  • カビ

油汚れだけかと思われている方も多いかもしれませんが、意外と色々な汚れがあることが分かります。油もただ油がついて汚れているのではなく、付着して放置された油が、熱・光・酸素によって樹脂化して固まっている汚れになります。そのため、ただ拭くだけでは落ちない頑固な汚れ・こげつきになっているんですね。

 

ガスコンロの構造

03

  • 五徳
  • バーナーキャップ
  • 受け皿
  • グリルカバー

ガスコンロの掃除場所は意外と種類が多く、掃除をするとなると思っているよりも実際にやることは多いのが特徴です。

 

プロのクリーニングの流れ

プロにおまかせすると
大まかな流れとしては、

  • しっかり養生する
  • コンロから部品を取り出す
  • 部品をつけ置きする

という流れになります。

それでは、実際のクリーニングの様子を見ていきましょう。

養生

04

まずは、ガスコンロの周りのものを撤去します。そして、掃除によって汚れないように周りを養生します。養生とは、水分などがかからないように保護することです。

洗剤でつける

五徳などを取り外します。

05

コンロの表面は、市販のマジックリン程度の洗浄力のもので洗浄します。汚れが固着しているので、拭き取るまでじっくり5-10分ほど、放置していくことが重要です。

フッ素コートなので、洗浄力のアルカリ性が強すぎると、変色してしまいます。
一部分が変色がしてしまうと、そこから変色が広がってしまったり、フッ素コートの剥がれが広がってしまいます。

取り外したパーツは、漬け置きします。

06

 

ためたお湯にワイドマジックリンなどの漬け置き用の洗剤などをいれ、汚れ具合に応じて5分程度から汚れがひどい場合は30分ほど放置します。

 

07

ブラシでこする

変性油はお湯で温かくして洗剤をかけて柔らかくして取り除きます。60度くらいの温度で温めます。お湯の熱と強力な洗剤で油を柔らかくし、スポンジの柔らかい方で取り除いていきます。

08

 

コンロ自体に傷をつけないように、柔らかいスポンジから掃除を行い、それでも落ちていない場合はブラシを使って綺麗にしていきます。いきなり固いもので掃除するのではなく、柔らかいものを使って順番に固くしていくのが鉄則です。

 

09

 

しつこい汚れは焦げ落としのようなものを使いますが、硬すぎると傷がついてしまいますので注意します。

同様に取り外したパーツも洗っていきます。

 

10
11

拭き取り

最後に、マイクロファイバーなどで洗剤を吸い、拭きあげていきます。

12

 

見違えるほどピカピカになりました!

13

グリルカバーの奥

14

グリルカバーの奥の方は、コンロの内部になりますが、
ここは大きい汚れを中心に。

自分で掃除をする場合

自力で掃除する時は、市販の中性洗剤や重曹を使った掃除方法になります。先程の流れにもありましたが、少し時間と手間はかかってしまいます。

片付け・分解

ここはプロの時と同じように、キッチンまわりを片付けコンロの周りに物がないようにします。そして、コンロの取り外せる部分を取り外します。

重曹で掃除

重曹はプロが使用する強力な洗剤ほどの効果はありませんが、軽い汚れでしたら落とすことは可能です。
まず、汚れがあるところに重曹を直接かけて放置します。汚れが浮き上がってきたら水拭きをします。これだけでは汚れは全て落ちないので、お湯に重曹を加えて五徳を入れてつけ置きします。お湯1リットルあたり、大さじ6杯ほどの重曹を入れるのが目安です。つけ置きが終わったら、歯ブラシなどで汚れをこすり落とします。お湯が温かい方が汚れが落ちやすいです。

キッチン壁に付着する油汚れを落とすコツ

いきなり洗剤をかけるよりも、いらなくなったクレジットカードで傷つけてから洗剤をかけると効果的です。原則として、洗剤も効果が弱いのものから、スポンジやへらなども柔らかいものから始めること、ガスコンロの場合はフッ素コートなどのダメージを軽減することができます。

プロに任せるメリット

しつこい焦げ付きは、つけおきをして、傷つけないように注意しながら丁寧に汚れを落とすのは非常に大変なので、プロに任される方が多いようです。しつこい油汚れの除去には強力な洗剤などの準備が必要になり、素人では扱うには危険な洗剤を使うことになるため、プロにしかできないクリーニングになります。

カジタクのキッチンクリーニングを見る

キッチンクリーニングを頼むならカジタク!

コンロ五徳の浸け置き洗浄から排水口のぬめり取り、ステンレス類の磨き上げまで面倒な箇所をまとめてきれいに!
花王と共同で使用洗剤を厳選しているから、安心してお掃除をおまかせください!

キッチンクリーニングのビフォー・アフター

キッチンクリーニングをプロに頼むなら実績があるカジタクがオススメ

キッチンがキレイになると、毎日の料理が楽しくなりますよ。ぜひ皆さんも一度プロに任せてきれいなお家で気持ちよく過ごしましょう!

カジタクのキッチンクリーニングを見る