気になる靴の臭いは〇〇と〇〇で解決!誰でも簡単にできる臭いの取り方

並べられた4色の革靴

靴の臭いの取り方を知りたい方必見です。靴の臭いは誰しも経験のある悩みですよね。1日陰干しして休ませても、消臭スプレーを使っても解消しない場合も。住居の布製品用の除菌効果のある消臭スプレーをお使いの方もいるかもしれません。でも実は誰でも持ってるあるもので靴の臭いが簡単かつ効果的に取れてしまいます。

 

靴の臭いの原因

女性が靴を片手に鼻を押さえている

臭いの原因は、雑菌。
毎日お風呂できれいに洗っていても、雑菌による臭いは防ぎきれません。
足は汗をかきやすいと耳にしたことがあると思います。足は汗腺が集中しているので多汗は事実ですが、実は汗自体は無臭なのです。
靴下や靴に付着した雑菌が、足で繫殖し臭いの原因となります。
雑菌が繁殖しやすい条件が、高温・多湿・エサ(人間の汗や皮脂)が豊富。
靴の中は全ての条件を満たす雑菌にとっての好環境ですよね。
通気性の悪い革靴、女性であれば冬場のブーツなど。蒸れやすい靴はもれなく雑菌が繫殖しやすい靴です。

靴の臭い取り方法5選

靴の中に白い入れ物の中身を振りかけている

消臭スプレー

消臭スプレーは靴の臭いを取る方法として、手軽で続けやすいことからも広まっています。
履いたばかりの靴の中に数回プッシュするので即効性はありますが、効果は短時間しか持たず長期的な対策にはなりえません。

重曹

家中の掃除に使える重曹は、靴の臭い取りにも有効です。
重曹には消臭作用と吸湿作用があるので、すでに発生した臭いを除去し、雑菌が繫殖しにくい環境を作ってくれます。
使い方は簡単で、不要になった靴下やストッキングなど通気性の良い袋状のものに重曹を100gほど入れ、こぼれないように結び、履いた靴の中にいれます。
靴の消臭に使わない時は靴箱に入れておけば、靴箱や玄関の消臭効果も期待できます。
2~3カ月が取り換えの目安です。

10円玉

更に簡単なのが10円玉を使う方法です。履いた靴に10円玉を入れるだけ(片方に2枚が目安です)。10円玉から発生する銅イオンには殺菌効果があるので、雑菌の繁殖を抑えてくれます。たくさん入れれば入れるほど効果がアップします。銅イオンは永続的に発生しますが、10円玉に臭いが移るので、適宜取り換えが必要です。

ミョウバン

次に有効なのがミョウバンです。ミョウバンは雑菌の繁殖を抑える働きを持っていることから、靴などの臭い取りに最適なのです。まずはミョウバン水を作ります。あらかじめ用意したペットボトル容器などに、水150ccに対して5グラムのミョウバンを溶かし、かき混ぜます。6時間程度放置して溶け切ったのを確認したら完成です。使用する時にはこの原液を10倍程度に薄めたものを、霧吹きやスプレー容器に入れ代えましょう。靴の中だけでなく足に直接スプレーしてもにおいを消せます。しかもこのミョウバン水は靴の臭い取り以外にも、洗濯物や毛布、お部屋などさまざまな物や場所のにおい消しに有効なので、一つ作っておくと便利なグッズです。

コーヒーの残りカス

意外なところでは、コーヒーの残りカスが役立ちます。飲んだ後に残ったカスをレンジで温めて水分を飛ばすことで、活性炭と似た効果を生じさせることができるのです。靴の中に入れておくだけで表面に空いた多くの穴が臭いを吸着してくれますし、なんといっても捨てるはずのものを活用するのでエコですよ。

 

臭いの防止方法

白い靴箱に入ったカラフルな靴

靴の臭いを防止するためにはいくつかの方法があります。最も重要と言っても過言ではないのが、同じ靴を続けて履かないことです。汗の渇ききらないうちにまた汗が溜まってしまうので、臭いを取ることも限界が生じてきてしまいます。また同じ靴を履き続けることは靴にとっても良いこととは言えません。大切な靴を長持ちさせるためにも、そして強烈な臭いを防ぐためにも、1日履いたら2日は休ませてやるなど、なるべく間隔をあけて履くようにしましょう。
下駄箱の換気も時折行うと良いです。靴同士の臭いが移ることや雑菌のみならずカビの繁殖が発生してしまうことを予防することができます。定期的な換気を忘れずに行うのが靴に余計な臭いをつけない対策にもなるのです。

  • 通気性のよい靴を選ぶ(素材、デザイン、サイズ感)
  • 靴をよく乾燥させる(2~3足を履き回し、陰干し)
  • 靴箱の換気(湿気がこもりやすいので、靴をすべて出して空気の入れ替えをする)
  • 靴下の除菌(除菌効果のある洗剤、重曹につけおき)
  • 足のケア(制汗グッズの使用、爪を短く切るなど)

靴の臭いが気になる方はできる限り実践してみましょう。

悩みは根本から断つ!足の臭いを消す方法

洗う

足の臭いを取る方法として真っ先に考えつくのは洗う、という選択です。シンプルでありきたりながらもやはり効果はてきめんです。
臭いの原因となるのは雑菌なので、使用している石鹸やボディーソープを殺菌成分の入ったものに変えるだけでも断然効果は高まります。足を洗う際には、洗い漏れしがちで雑菌の残りやすい指の間を特に丁寧に洗うようにしましょう。
この時に少し付け加えてできる臭い取り方法が重曹を使ったものです。靴の臭い取りとして紹介した重曹は、実は足の臭いを取るにも適しているのです。お掃除グッズとして知名度が高まってきた重曹ですが、温泉の成分という一面も併せ持っています。洗面器にお湯を張り、大さじ1の重曹を入れて10分ほどつけたら、そこに足を入れましょう。仕上がりにタオルで拭けば、汚れを取り除けてすべすべになっているのがわかるはずです。まるで温泉の足湯と同じような効果を手軽に体感することができますよ。

クリームを使う

また、足の臭いを抑えるクリームなどを使うのも一つの手です。こちらもやはり殺菌成分を含んだ薬用のものを選ぶとよいでしょう。消臭スプレーと併用することでより大きな効果が期待できます。
足の臭いを取ること、抑えることは、靴に臭いをつけない、またそれを予防するのと同じ位大切と言えることです。日頃から足のケアを欠かさず行い、様々な靴の臭い取り方法と合わせて実践することで、悩みをなくしましょう。

 

最後に

気になる靴の臭いの原因と取り方、防止方法をご紹介しました。靴の臭いを取ることは、靴を長持ちさせることにも繋がります。気になる靴の臭いを解消して快適な生活を送りましょう♪

カジタクの家事代行・整理収納はコチラ!