日々の除菌ならお任せ!パストリーゼの使い方から注意点まで

最近掃除で活躍すると話題のパストリーゼ。ですが、実際どのような商品なのか分からないとなかなか使う勇気が出ないものです。そこで、この記事ではパストリーゼとはどのような商品なのか、どのような場面で使うことができるのかをご紹介していきます。また、安心して使うためには注意点を知ることも大切です。パストリーゼの特徴をしっかりと把握し、日頃の掃除に役立てましょう。

最近よく聞くパストリーゼって?

日本唯一の製菓向け洋酒メーカーであるドーバー。このメーカーでは数多くのリキュールやブランデーを製造しています。この酒造技術を活かし、酒造用醸造アルコールと純水から作られたアルコール製剤がパストリーゼです。

この商品の最大の特徴として挙げられるのが、高いアルコール度数です。パストリーゼのアルコール度数は約77%と比較的高いため、除菌の即効性が期待できます。また、パストリーゼにはアルコール・純水の他にカテキンが含まれています。緑茶由来のカテキンにも抗菌作用があります。アルコールは非常に蒸発しやすい成分ですが、アルコールが蒸発した後もカテキンの抗菌作用は残り続けます。そのため、除菌作用が長い期間期待できるのです。

そして、パストリーゼに使われている原材料はどれも非常に安全性が高いものです。口に入れても問題ないものが多いため、食品添加物に分類されています。

キッチンにも

主にアルコール・純水・カテキンからできているパストリーゼは、キッチンで非常に役立ちます。まな板や包丁などキッチンには食品に直接触れる道具が多いです。これらの道具にパストリーゼをシュッと吹きかけることで、除菌と洗浄を同時に行うことができます。

また、シンク周りは水分が付着することで細菌が発生し、カビやヌメリが生じやすいです。パストリーゼをシンクに吹きかけてからタオルで拭くと、アルコールと一緒に水分も蒸発します。この時にシンク内を除菌することもできるため、カビ・ヌメリを防ぐことも可能です。

そして、パストリーゼはガスコンロなど水洗いがしにくい部分に対しても使うことができます。アルコールは水分に比べて非常に蒸発しやすいからです。アルコールには油分を分解する働きもあるため、頑固な脂汚れも効率よく落とせます。

トイレにも

便器は肌に直接触れる部分なので、あまり強い洗剤で掃除してしまうと触れた部分から炎症が起きてしまう恐れがあります。洗剤に含まれている成分によっては、便器自体に負担を与えてしまうことも考えられます。

しかし、パストリーゼは非常に安全性が高く、食品添加物に分類されています。そのため、パストリーゼで便器を掃除しても、肌や便器に強い負担を与える可能性はとても低いです。また、アルコールやカテキンには消臭効果もあるため、嫌な臭いも防ぐことができます。

さらに、パストリーゼは便器内にできる黒ずみに対しても効果を発揮します。そもそも、便器内にできる黒ずみは細菌やカビの繁殖によってできたものです。パストリーゼで除菌することで黒ずみを防ぐことも可能です。トイレの後にパストリーゼを吹きかけておけば、日々のトイレ掃除も非常に楽になるでしょう。

食品にも

OXOサラダスピナーを食卓に

果物やパンなど、長時間保存したままだとカビが気になる食品にも直接吹きかけることでカビを予防し、発生を防ぐことができます。
食品に直接噴射するのは少し抵抗感があるかもしれませんが、先に述べたようにパストリーゼは非常に安全性が高く、食品の味を損なうことなくカビの予防をすることができます。

また、夏場のお弁当やお刺身等の生鮮食品にも吹きかけることで安全に保存することができます。時間が経ってしまうと匂いが気になってくる保存食品の鮮度を、ひとふきで維持することができますので、ぜひ試してみてください。

パストリーゼを使用する上での注意点

アルコール度数77%と高い安全性を誇るパストリーゼですが、使う際は何点か注意しなければならないことがあります。

まず気をつけたいのが、火気近くでの使用です。アルコールは非常に燃えやすい成分のため、もしコンロ周りで使用する際は必ずガス栓の元を閉めてから吹き付けるようにしましょう。そして、コンロを使う際は必ずパストリーゼが完全に蒸発したことを確認してから使います。

また、パストリーゼに含まれるアルコールやカテキンは、吹きつける素材によっては変色・溶解・劣化などの原因になることがあります。例えば、ワックス・ゴム・革等はアルコールやカテキンの影響を受けやすいです。これらのものを拭くときは、少しでも1か所に負担がかからないようにすることが重要です。

フローリングへの使用は避けたほうが無難

特に注意したいのがフローリングの掃除です。パストリーゼを使ってフローリングを掃除しようとすると、アルコールによってワックスが剥がれるのではなく、反応して白濁することがあります。

フローリングの材質によっては、噴射してさっと拭き上げることで特に何の問題もなく綺麗にすることが出来た、という意見もありますが、強いアルコール分を含むパストリーゼをフローリングに使用することは、基本的に避けたほうが無難なようです。

「パストリーゼ77」で毎日清潔に

日本唯一の製菓用洋酒の製造メーカー、ドーバーが作るアルコール製剤であるパストリーゼ77。この会社独自の酒造技術から作られたこの製品はアルコール度数が高く、水性・油性どちらの汚れに対しても効果を発揮します。

抗菌効果も期待できるため、細菌やカビによる汚れを事前に防ぐことも可能です。さらに細菌・カビの繁殖を事前に防ぐことができれば、悪臭に悩まされることも少なくなります。

何よりパストリーゼは口に入れても問題ない成分からできており、食品添加物にも分類されています。トイレの便器やドアノブといった肌に直接触れる部分やシンク、キッチン用具など食品を取り扱う場所にも安心して使うことができます。

パストリーゼ1本あれば、キッチン・トイレ・リビングと様々な場所の掃除に役立ちます。パストリーゼを効率よく使い、毎日清潔に過ごしましょう。

ドーパー  パストリーゼ77はこちらから!