ドライコースって何?クリーニング不要?洗濯機の便利な機能の使い方!

清潔感のある洗濯機

洗濯機のドライコース正しく使えていますか?大切な衣類のための便利な機能ですが、衣類を入れてボタンを押すだけでは機能を活かしきれていないかもしれません。準備はもちろん洗い終わってからの干し方までが大切なポイントです♪そこで今回はドライコースとはなにか、クリーニングとの違いやおすすめの使い方についてご紹介します。

ドライコースってなに?

洗濯機を操作している

ドライコースって何が違うの?

標準・手洗い(ドライ・ソフト)・スピード・毛布…と家庭用の洗濯機にもたくさんのコースがありますよね。その中でもドライコースとは、デリケートな衣類を洗うのに適したコースです。
ドライコースの特徴は押し洗いと浸透洗いです。ドライというものの、通常コースと同様に水を使って洗います。
ドライなのに水洗い?と思う方もいると思いますが、お家でドライクリーニングのように洗えるおしゃれ着用の洗剤などに合わせて、ドライコースという名称になったのだと言われています。コースの名前は各メーカーが自由に決めているので、確実な定義があるわけではありません。
通常コースでは、ドラム式では叩き洗い(衣類を上に持ちあげて下に叩き落す)、縦型洗濯機ではもみ洗い(洗濯槽をグルグル動かす)しています。
ドライモードでは、洗濯槽の遠心力を利用して、弱めの水流を使って洗剤液を浸透させて洗い、脱水時間も短めに設定されているため衣類への負荷が軽減されているのが特徴です。

ドライクリーニングとの違いは?

ドライクリーニングとは、水を使わず、ドライ溶剤と呼ばれる石油系の溶剤を使って汚れを落としているため全く性質が異なります。汗などの水溶性の汚れには弱く、皮脂などの油性の汚れに強いという特徴があります。クリーニング独特のにおいはドライ溶剤によるものなんですね。
衣類の洗濯マークにドライクリーニングマークがついているものは、ドライクリーニングしかできないという意味ではなく、ドライクリーニングしても大丈夫という意味です。

ドライコースで洗うのに向いているのはこんな素材!

ハンガーにかかった衣類

ドライコースに向いているのは、クリーニングに出すほどではないけど、伸び縮みがないよう大切に洗いたいものです。失敗したくないセーターやカットソー、スカート、ブラウス、ワンピースなどを丁寧に洗いたい時におすすめです。
通常のドライクリーニングでは不得意な汗などの汚れを落とすことができるのもドライコースの魅力です。
洗濯マークの手洗い表示=ドライコースと思われている方もいるかもしれませんが、手洗いマークの定義は「液温は、40℃を限度とし、手洗いによる洗濯処理ができる。」となっているため、洗濯機にかけることは想定されていないので注意が必要です。手洗いマークのものを洗濯機のドライコースで洗う場合はあくまでも自己責任ということになります。
ドライコースだけではありませんが、洗濯の際には洗濯マークをよく見て洗いましょう。水洗い不可・ドライクリーニングのマークがついていても自宅で洗えるものもあります。(2016年12月から洗濯マークが変わっています。)
レーヨン・シルク・カシミア・革などの素材は取り扱いが非常に難しいため、クリーニング屋さんにおまかせするのが無難です。

ドライコースの洗い方

衣類の洗濯マーク

  1. 洗濯マークを見て、洗濯できるかを確認する
  2. シミや襟袖の汚れがある場合には中性洗剤の原液をなじませる
  3. きちんと畳んでネットに入れる
    型崩れを防ぎ、繊維の傷みや縮を防いでくれます。できるだけ目の細かいものを選びましょう。ネットの中で衣類が動いてしまわないように衣類の大きさに合わせてネットを選びましょう。洗濯バサミなどでネットの大きさを固定するのもおすすめです。
  4. 30度以下の水を使う
    水温が高いと衣類の縮みの原因となるので注意が必要です。
  5. 洗剤はおしゃれ着洗い専用の液体洗剤を使う
    通常の洗剤と比べて洗浄力が低めで衣類へのダメージが少ないように作られています。色あせや縮み、型崩れを防ぐ成分が入っています。洗いあがりも柔らかな仕上がりです。
  6. 洗い終わったら放置せず早めに干す
    厚手の素材やニットなどもう少し脱水したいかな?と思う場合はタオルに挟んで水分を吸収させます。放置してしまうとシワがついてしまうし、雑菌の発生の原因にもなってしまいます。色褪せや縮みを防ぐために陰干ししましょう。伸びやすいものは平干しが望ましいです。

衣類や洗剤を入れるタイミングは洗濯機によって異なる場合があるので、説明書をよく読んでからお使いください。

最後に

ドライコースについてご紹介しました。クリーニングに出すほどではないけど、大切に洗いたい衣類って案外たくさんありますよね。手洗い表示のあるものはあくまでも自己責任です。迷う場合や不安な場合はクリーニング屋さんにお任せください。宅配クリーニングサービスで自宅まで品物を取りに伺います!時間も労力もない、そんなときに試してみてはいかがでしょうか♪
カジタクの宅配クリーニングはコチラ!