プラスチックの黄ばみ、原因は何?落とし方と予防方法をご紹介

古いプラスチック製品の黄ばみ。長年使ってきた製品が変色するケースもあれば、全然使っていなかった製品がいつの間にか黄色くなってしまっているケースもあります。大事に保存していた製品が黄ばんでしまったらショックですよね。
この記事では、プラスチック製品が黄ばんでしまう理由や、黄ばんでしまったものを元に戻す方法をご説明します。予防方法も合わせてお伝えしますので、ぜひ参考にしてくださいね。

黄ばみの原因

プラスチックが黄ばんでしまう原因のひとつは、タバコのニコチンや食べ物が付着したことによる外的要因です。

もうひとつはプラスチックの添加物の化学変化。暗い場所で長期保存していると、製品に含まれている酸化防止剤や難燃剤に化学変化が起こり、変色が発生します。こうした添加物の化学変化や外的要因の場合、黄ばみを落とす方法は存在します。

しかし、プラスチックの劣化による黄ばみだけは落とすことができません。プラスチック製品の多くに使用されているABS樹脂という素材には、ブジエタンという成分が含まれています。このブタジエンは、加工のしやすさや衝撃耐性に優れるのですが、劣化により黄色く変色してしまうのです。残念ながら、素材そのものの劣化は漂白することはできません。

メラミンスポンジで黄ばみを落とす

ドラッグストアなどで販売されているメラミンスポンジ。研磨力が高く、水だけでさまざまな汚れを落としてくれる便利なアイテムですが、プラスチックの黄ばみの除去にも役に立ちます。

特にニコチンや食べ物に由来した黄ばみに効果抜群です。入手が容易で、水を含ませるだけで使用できるので、黄ばみの原因がわからないという場合、まずはメラミンスポンジを試してみてはいかがでしょうか。使用の際には水をたっぷり含ませることが重要です。

なお、メラミンスポンジは削ることで汚れを落とします。つまり、スポンジではあるものの、ヤスリのように研磨する性質を持ちますので、キレイな見た目を保ちたいプラスチック製品に使用する時は注意しましょう。

漂白剤で黄ばみを落とす

酸素系漂白剤は、衣類や食器のシミ抜き、漂白に使用するのが一般的ですが、プラスチック製品の黄ばみ除去にも使用可能です。

まず、漂白剤に表記された使用方法に従い、洗面器やコップなどに漂白剤と水を溶かします。そこにプラスチック製品を浸したら、ラップで密閉しましょう。さらに、紫外線を与える必要があります。水分が蒸発しないように密閉したまま日光に当てれば、1週間ほどで黄ばみはとれるでしょう。

漬け置きしたら、酸素系漂白剤により表面に汚れが浮き上がってきているはずです。それを拭き取るようにメラミンスポンジで全体をこすってあげれば完了です。水分が付着していると不要な劣化などに繋がりますので、しっかりと水気を取って保存しましょう。

オキシドールで黄ばみを落とす

内部に電子部品が使用されているようなプラスチック製品の場合、酸素系漂白剤を使用できないものもあるかもしれません。その場合は、オキシドールという薬品を使用してみてください。オキシドールはもともと消毒薬ですが、プラスチックの漂白にも使えます。

使用方法は簡単で、布にオキシドールを含ませ、プラスチックの黄ばみを拭くだけです。落ちにくいようなら、オキシドールを染み込ませたキッチンペーパーを黄ばみに貼り付けてみましょう。あるいはオキシドールに漬け置きする方法もあります。時間をおいたら、乾いた布で吹きあげれば完了です。

オキシドールは、メラミンスポンジと同様、ドラッグストアなどで購入することができます。一緒に購入しておくと便利ですね。

除光液で黄ばみを落とす

マニキュアを落とすために使われる除光液ですが、これもプラスチックの漂白に使えます。除光液は溶剤の一種で、他の物質を溶かす性質を持っており、この性質を黄ばみの除去に利用します。

使い方はメラミンスポンジに含ませて磨くだけ。メラミンスポンジの研磨力と相まって、黄ばみがとれていくでしょう。ただし、除光液は非常に強い脱色力と溶解力を持ちます。あくまで本来は溶剤ですから、もともとの色を落としてしまったり、プラスチックの表面部分を濁らせてしまう可能性があるのです。色落ちしても良いものや、傷んでしまっても問題ないものに使用するようにしましょう。

一方で安全性は高く、人体への影響は基本的にはありません。安心して使用可能です。

黄ばみの防止方法は?

そもそも、黄ばみの原因のひとつは暗い場所に保存することで起こる暗所黄変です。実は暗所黄変のメカニズムは良くわかっていないのですが、「フェノール系黄変」という化学変化が正体だと言われています。

例えば、段ボールやベニヤ板の接着剤が含む物質が、プラスチック製品に含まれる酸化防止剤に影響し、黄色に変色してしまうようなことをフェノール系黄変と呼びます。こうした暗所黄変を予防するには、製品を定期的に取り出して日光に当てるのが良いでしょう。

ただし、日焼けでも変色が起こるため、直射日光に当てて保存してはいけません。また、化学変化で変色するので、ラップなどで密閉保存するのも有効です。同様に、車用のコーティング剤を使用することで、薄い樹脂の膜を張ることも可能。とにかく化学変化を防ぐことこそ、黄ばみの防止に有効です。

カジタクのハウスクリーニングはコチラ!