浴槽エプロンはカビの天国!エプロンの取り外し方と徹底的な洗浄方法は?

浴室

浴槽のエプロンという部分を知っていますか?実はこのエプロンに汚れがかなり溜まっているのです。この記事では、どのようにエプロンを掃除するべきかを紹介します。

お風呂場は汚れがいっぱい

浴室の清潔管理には、日頃からのこまめなお手入れが欠かせません。特にカビ予防には、入浴後にきちんと水抜きし、こまめに掃除したうえでしっかりと乾燥させる必要があります。タイルは目地まで、パッキン部分も忘れず拭き取ることが肝心です。しかしそこまでしても、どこかカビ臭いにおいがする、すぐにカビが生えてくるということがあります。その場合は、浴槽のエプロン部分に原因が潜んでいることが多いのです。

banner_ 浴室クリーニング

エプロンとは

浴槽は人が入るバスタブ部分と、それを保護しているカバー部分で成り立っています。エプロンとは、そのカバー部分を指す言葉です。

浴室2

 

この状態からエプロンを外すと下のようになります。

 

エプロン

かなりカビが繁殖しているのがわかりますね。

入浴時にお湯が溢れたり、浴槽のすぐそばにシャワーが取り付けてあったりすると、エプロンと浴槽の隙間からお湯が入り込むことがあります。そのためエプロンの中は湿気がたまりやすい状態となっているのです。入り込んだお湯には、垢やせっけんなど、カビの栄養となるものが含まれています。そこへ浴槽の温かさが加わり、カビにとって住みやすい環境が整ってしまうため、見えないところで大繁殖となってしまうのです。

つまり浴室からカビを徹底追放するには、エプロン部分を取り外し、内部を掃除しなくてはいけません

エプロンを取り外しての掃除はかなりの大仕事になります。そのため年に1〜数回、季節の変わり目や半年ごと、または年末の大掃除の際に行うのが普通です。

banner_ 浴室クリーニング

掃除に必要なもの

エプロン内部の掃除方法は、洗浄とカビ取りになります。雑巾かティッシュ、浴室用洗剤、スポンジ、ブラシ、カビ取り用洗剤を用意してください。そのほか汚れと洗剤の害を避けるために、マスクと掃除用のゴム手袋があると便利です。掃除中は換気を忘れないようにしましょう。

掃除方法

エプロンを外す

準備ができたら、まずはエプロンを取り外します。エプロンの取り外し方や取り付け方はメーカーによって異なるので、あらかじめ取扱説明書で確認しておいてください。一般的には、エプロン下部に手掛かり部分があるので、そこに指を掛け、力を入れて手前に引くようにしながら持ち上げます。エプロンには重量があるため、動作は慌てずゆっくりと行い、腰などを傷めないよう気を付けましょう。

洗剤で洗う

エプロン洗剤

外したエプロンを浴室洗剤で洗います。カビが生えていた場合はカビ取り用洗剤で洗った後、水で十分にすすぎを行い、スポンジに浴室用洗剤を含ませて洗ってください。洗い終わったエプロンは床の上に寝かせるか、邪魔になるようならいったん浴室外に出します。エプロンを壁に立てかけると、壁や床を傷つけてしまうためです。

次はセキ(カバーが乗っていたフチ)とバスタブ部分を掃除します。まず、雑巾またはティッシュで、湯垢の汚れや髪の毛などのゴミ取りです。カビが繁殖していたらカビ取り用洗剤をかけ、そのまましばらく放置します。15分ほど待ってシャワーで洗い流してみてください。カビがしつこく残っていたら、もう一度カビ取りを行います。

その後しっかりと水ですすいだら、浴室用洗剤を使い、スポンジとブラシで洗浄して終了です。しかし忘れてはいけないことが一つあります。それはエプロンを外したときに、カビの胞子が飛び散ってしまっていることです。エプロンを取り付ける前に、燻煙剤などで浴室全体に防カビ対策を施しておきましょう。

エプロンを取り付ける

防カビ対策が完了し、内部が乾燥しているのを確認したらエプロンの取り付けです。エプロンの向きをバスタブに合わせて手前に置き、外したときと同じように手掛かり部分に指を掛けます。やりにくいようなら、持つ部分をエプロンの中央部に変えてみてください。このとき両手は肩幅程度に開くようにすると、力がかかりやすく、作業が楽です。先にエプロンの上部を浴槽のふちにかけ、差し入れてはめ込みます。きちんとはめ込まれているのを確認したら、次は下部です。下部にクリップが付いている場合は、クリップを押さえながら、ゆっくりとセキに乗せていきます。エプロンとセキの間に指を挟まないよう、気を付けましょう。

banner_ 浴室クリーニング

自力でやるよりプロにおまかせするのがオススメ

エプロン内部の掃除は、かなり手間・時間のかかる面倒な作業です。また内部は狭く手が届きにくいため、長柄のブラシを使ってもカビが完全に取り除けないことがあります。さらに数年以上にわたって放置していた場合、手が付けられないような状態になっていることも珍しくありません。

そんなときはプロの手を借りるのが賢明です。業者に任せれば、汚れの種類や場所に合わせてプロが機材・洗剤を使い分け、カビや水垢等のしつこい汚れを徹底洗浄し、浴槽から壁・床・扉などをピカピカにします。ネット上で実施日時が予約できるため利便性が高く、仕上がりに満足いただけない場合はもう一度やり直しができる品質保証付きで、質の高さという点でも安心です。

エプロン掃除後

プロが掃除をするとこんなに綺麗になります。浴室からカビを徹底追放して、健康で快適なバスタイムを楽しみましょう。

banner_ 浴室クリーニング

汚れが溜まりやすい原因

お風呂場は何故、こんなに汚れが溜まりやすいのでしょうか?
それは、バスタブ以外はあまり洗わないことが原因だそうです。
洗い場や壁はあまり触れないので汚れが気にならずに汚れがたまってしまう方が多いようです。
洗い場はカビ、外からのホコリ、水垢、石鹸カス、皮脂汚れなど、あらゆる汚れが集まりやすい割に、洗う頻度が少ないため汚れが溜まりやすいんですね。

風呂の大掃除はどれくらいの頻度でやれば良い?

ここまでの大規模な掃除はなかなかできないですよね。プロによると、頻度は一年程度に一度くらいは綺麗にしたほうがよいとのこと。エプロンを外すことや酸性洗剤を使用するなど、素人には難しいところもあるので、大掃除はプロに頼むのが良いかもしれません。

カビの予防方法は?

カビが取り除けたら再び繁殖させないためにカビ予防を必ず行ってください。

石鹸カスを残さない

風呂カビの予防方法としては、まずカビの栄養となる石鹸カスなどの汚れを残さないようにします。風呂上がりに汚れが付着しやすい壁や床などをシャワーで洗い流す習慣をつけましょう。

高温の湯で洗い流す

週に一度程度は高温の湯で洗い流すとカビ予防に効果的です。カビは20℃から30℃程度の温度を好むので、ケアするためには50℃くらいの湯を使うと良いでしょう。

乾燥機を使う

湿度を落とすためには乾燥機などを使用して換気し、浴槽に湯がある場合はきちんと風呂フタをして湯気や蒸気が出ないようにしてください。ただし、換気をしても溜まった水は取り除けないため、風呂上がりにスクイージーやタオルでケアします。

天井も掃除する

天井のカビ予防には週に一度程度、防カビ剤やエタノールなどをつけたキッチンペーパーで拭き掃除をすると効果的です。床掃除用のワイパーなどを利用すれば簡単に高い部分でも拭けます。

基本的に、カビ対策を行いながら週に一回は洗剤を使用して通常の風呂掃除を行うのも予防には大切です。カビが発生しないように浴室乾燥機のカバーやフィルター掃除も併せて行いましょう。

浴室クリーニングを頼むならカジタク!

汚れの種類や場所に合わせてプロが機材・洗剤を使い分け、カビや水垢等のしつこい汚れを徹底洗浄し、浴槽から壁・床・扉などをピカピカに
花王と共同で使用洗剤を厳選しているから、安心してお掃除をおまかせください!

浴室クリーニングのビフォー・アフター

浴室クリーニングをプロに頼むなら実績があるカジタクがオススメ

浴室がキレイになると、毎日気持ちよくお風呂に入ることができますよ。ぜひ皆さんも一度プロに任せてきれいなお家で気持ちよく過ごしましょう!

浴室クリーニングならカジタク!

人気のオススメ記事はコチラ