話題沸騰のオキシクリーンは使い道いろいろ!万能洗剤で家中ピカピカに♪

白い粉の洗剤と計量スプーン

コストコの大人気商品オキシクリーン。テレビや雑誌でも取り上げられることが多くなり注目を集めています。気になるけど大きいし使い方がよくわからない、買ってみたけどいまいち使いこなせない…なんて方も多いのでは?実は家中の掃除に使える万能アイテムです。その使い方を紹介しますので参考にしてみてください♪

オキシクリーンの正体とは?

オキシクリーンとは、酸素系漂白剤です。主な成分は過炭酸ナトリウム(酸素系)・界面活性剤(エトキシレート)・炭酸ナトリウム(洗剤補助剤)で、柔軟剤が入ったものもあります。

基本的な使い方

  • 40~60度のお湯で完全に溶かして使用する
    過炭酸ナトリウムの性質上お湯の温度が低すぎても高すぎても効果が発揮されません。
  • 漂白する場合には20分以上のつけ置きが必要です。

注意点

  • 作り置きができない
    水に溶かして6時間後には溶剤の効果がなくなる性質があります。
  • 使用不可の素材には使わない
    必ず説明書を読み、初めて使う場合は目立たない部分で試してから使いましょう。
  • 手荒れに注意する
    弱アルカリ性なので、ゴム手袋を着用してからの使用をオススメします。

いつものお洗濯に

真っ白な洗濯物を干している女性

お湯で溶かしたオキシクリーンを通常の洗剤と同じ要領で使用します。

  • 40ℓの水量に30~60gが目安です。汚れに応じて、オキシクリーンの量を調整してくださいね。
  • 皮脂や食べこぼしなどのシミには、1ℓの水に15gを目安にオキシクリーン液を作り、1時間程度つけ置きした後、通常洗濯します。

軽めのシミならつけ置きだけでも落ちますが、時間が経ってしまったものはなかなか落ちにくいですよね。
シミの程度によって「つけ置き時間を長くする」「つけ置き後ブラシでこする」などのプラスaを行ってください。

お掃除に大活躍!

家中の拭き掃除に

スポンジで掃除している

  • 4ℓの水量に15gを目安の溶液に浸した雑巾を固く絞り拭き掃除に使います。

窓、網戸、フローリングの順番に家中の拭き掃除ができます。フローリング掃除の際は濃度によってはワックスを剥がしかねないので注意が必要です。

キッチンの油汚れ・焦げつきに

  • 1ℓの水量に30gを目安に溶液を作り、油汚れや焦げ付きが気になるものを20分以上つけ置きします。

ステンレス鍋の焦げ付き、ガスコンロの五徳や換気扇・魚焼グリルの油汚れに効果を発揮します。※塗装を剥がしてしまう場合があるのでテフロン加工には使えません。

追い炊き機能で効果的に!浴槽掃除をする方法

オキシクリーンで浴槽を掃除するなら「オキシ漬け」が効果的です。必要なモノは、湯船の半分の残り湯と掃除用の歯ブラシ、手袋のみ。浴槽の半分、追い炊き口の上まで入った後のお湯を残しておいてください。そこにオキシクリーンを溶いていれ、よくかき混ぜます。

分量の目安

  1. 100Lの水に対してオキシクリーンを付属のスプーン10〜15杯を目安に混ぜていきます。そのまま放置しても効果はありますが、45度くらいまで追い炊きするとさらに汚れが落ちやすくなります。
  2. 追い炊き完了後、約2時間放置し、お湯をすべて抜きます。
  3. 水で全体を流した後、再度追い炊き口の上まで水をため、5分間追い炊きしてからお湯を抜き風呂釜全体をすすぎます。最後に、フィルターをはずし歯ブラシでこすって汚れを落とせば完了です。

注意点

この時、素手でオキシクリーンを触らないように気を付けてください。肌があれる原因になります。また、オキシクリーンは酸素系漂白剤なので、塩素系漂白剤との同時使用はできません。

泡立たせるのがポイント!オキシ漬けで洗面台掃除!

  1. まず、洗面台の排水溝にフタをします。そこにオキシクリーンを入れ、上の蛇口から60度のお湯をシャワーでかけ泡立ててください。シャワー機能がない場合もお湯を一気にかければ、ある程度泡立ちます。
  2. 全体によく溶けるようにかき混ぜ、2時間から一晩つけ置きした後流すとピカピカになっています。

必要なものと注意点

必要なものはオキシクリーンと手袋と混ぜ棒だけです。この方法は時間がかかるので夜寝る前か早朝に行うのがおすすめです。

また、オキシ漬けでも取れない汚れがある場合は柔らかいスポンジでこするととれます。
水回りは、汚れやすいので定期的に掃除が必要ですが、この方法ならオキシクリーンをいれて放置しておくだけで掃除が終わるのでとても簡単です。

オキシクリーンなら掃除機も丸洗い可能!

オキシ漬けを行うことで掃除機のパーツも丸洗いすることができます。掃除をする際に欠かせない掃除機ですが、掃除機を掃除する機会はなかなかありませんよね。気づけば、フィルターは真っ黒で本体もホースもほこりだらけなんてことありませんか。

たまに外側を除菌シートや乾拭きで拭く人はいるかもしれませんが、解体してパーツを1つずつ洗うのは時間と手間がかかりますよね。

掃除機にもオキシ漬け

しかし、プラスチックでできたパーツならオキシ漬けで簡単にきれいにすることができます。

  1. 方法は、前述した浴槽や洗面台をオキシ漬けしている時に洗いたいパーツを沈めておくだけです。
  2. つけ置き後は、しっかりと洗い流し、乾かしてから組み立てましょう。

掃除機を定期的に掃除することでゴミを吸い取る力も長持ちするのでぜひ試してみてください。

漬けるだけで綺麗な靴に!

急な雨で泥だらけになってしまったり、子供の学校で使う上靴はすぐに真っ黒になってしまったりと、靴は本当に良く汚れます。そんな靴ですが、オキシクリーンを使えば簡単に綺麗にする事が出来ます。

  1. 50度程のお湯をバケツに約5リットルためます。そこに、付属のスプーン2杯分のオキシクリーンを入れ、完全に粉が溶けるまででよく混ぜます。ブクブクと泡立つぐらいまで溶かして下さい。
  2. そこに、汚れた靴を入れ2〜6時間放置します。その後、ブラシを使ってこすり、綺麗に洗い流します。
  3. その後風通しの良い場所で乾かせば完了です。汚かった靴がとても綺麗になります。

ただし、どんな靴でもこの方法で綺麗にすることができるわけではありません。革、合皮、エナメル素材でできた靴や、ドライクリーニング表示のある靴には使えません。オキシクリーンで、綺麗にする前に一度洗える靴なのか確認することを注意して下さい。

綺麗、スッキリ!簡単にポット洗浄!

  1. ポットの掃除方法ですが、約4リットルのお湯に対してオキシクリーンを約30g溶かします。お湯の温度は約50度に設定して下さい。
  2. そのまま、6時間程度つけ置きしておきます。汚れがひどい場合などは、こすってみてください。
  3. そして、時間がたてばあとは綺麗に洗い流すだけとなります。オキシ液が残らないように、しつかりと、綺麗に洗うようにして下さい。

界面活性剤や柔軟剤が添加されています。その為、小さな子供が居るご家庭や、気になる方は食器系での使用は避けると良いと思います。

目に見えない汚れも落とし、ぴかぴかに!

綺麗に見えても、実は汚れがいっぱいの壁や床。これらも、オキシクリーンを使って綺麗に掃除することが出来ます。

  • 約40度程度のお湯4リットルに対し、オキシクリーン大さじ1杯をバケツに溶かします。それを、霧吹きなどの入れ物にいれます。それを、壁に吹きかけ雑巾などで拭くととても綺麗になります。
  • また、霧吹きなどにはいれず、オキシクリーンを混ぜたお湯に雑巾をつけます。そして、しっかりと雑巾を絞って床を拭きます。油汚れなどや、目に見えない汚れまでもしっかりと綺麗に落としてくれます。

何度か繰り返すと、バケツの中の湯は真っ黒になり、汚れがしっかりととれていることを確認する事ができます。

ピカピカのシンクで料理も楽しく!

いろいろなものを流したり、洗ったり、汚れがたまるシンク。オキシクリーンを使って綺麗にすることが出来ます。

  1. まずはじめに、軽くシンクの中をあらいます。
  2. そして、約40度〜60度程度のお湯をシンクにためます。この時大さじ2杯程度のオキシクリーンをシンクにばらまいておき、蛇口からお湯を出す時、シャワーにしてシンクにお湯を貯めると泡立ちがよくなります。そして、そのまま2時間程おいておきます。
  3. 2時間たてば、貯めておいた水をぬきます。とても綺麗になり、驚かれること間違いないでしょう。

衣類などの汚れ落としにも抜群な効果を発揮してくれ、驚かせてくれるオキシクリーンですが、シルクとウールには使用が出来ないので、注意しておかなければいけません。

オキシクリーンの活用方法ってどんなのがあるの?

白い粉状の洗剤

オキシクリーンは、そのほかにもエアコンや空気清浄機などのフィルター掃除にも使うことができます。フィルター掃除も、オキシクリーン液に、漬け込んでおくだけと簡単に出来ます。
オキシクリーンは、掃除に使うイメージが強い方が結構おられるのですが、実はそれだけではありません。掃除以外の方法として、洗濯の洗剤として使うことができます。

  • 約40~50リットルのお湯にオキシクリーンを約30g溶かします。それを洗濯機の中に投入します。洗剤の役目をしてくれます。そして、オキシクリーンには漂白効果もあるので、衣類がとても綺麗になります。

泥汚れや血液、時間が経った食べ残しのシミなど、頑固な汚れも、洗濯する前に、オキシクリーンで作った液で、もみ洗いすればしっかりと汚れを落とすことができます。

最後に

いかがでしたか?オキシクリーンについて紹介しました。漂白剤と聞くと洗濯やキッチン小物のイメージが強いですよね。しかしオキシクリーンは家中に使える万能洗剤。塩素系漂白剤と違い独特の香りがないのもメリットです。大掃除のお供にされてみてはいかがですか?
カジタクのハウスクリーニングはコチラ!

人気のオススメ記事はコチラ