【プロ直伝】壁紙にできたカビを徹底掃除!誰でもできる予防法も紹介

梅雨時や冬場の結露など気づくと自宅の壁がカビだらけ、そんな経験はありませんか。ご自宅の壁紙に生えたカビを、簡単に安全に取り除く方法をご紹介します。すぐに掃除に取り組める身近な道具で、カビの掃除や予防法を実践しましょう。また、壁紙にカビが生えてしまう原因や放置するとどうなるかなどのお役立ち情報を詳しく解説します。

期間限定 エアコンクリーニング早得 2台以上のご注文で4,950円OFF!カジタクのハウスクリーニングはコチラ!

壁にカビが生えてしまった…

雨が続いて部屋の換気ができず気づいたら壁紙にカビが生えていた、引き出しやタンスの裏側を掃除しようと覗いてみると壁紙が一面カビだらけでゾッとしたなど、少し掃除を怠ったり換気を忘れてしまうだけで、壁紙は水分を取り込み大量にカビを発生してしまうことがあります。

換気をしていてもカビが生える場合も

掃除や換気をきちんとしていたとしても、日当たりの悪い立地の家や、機密性の高い建物で生活しているだけで家じゅうの壁にカビが発生することもあり、環境によってもカビの発生しやすさは異なります。触りたくなくて長い間放置していると、あっという間に広がってしまうだけでなく、深く根づいてしまう可能性も考えられます。部屋に生えてしまったカビは非常に厄介なものなのです。

壁紙にカビが生える原因

  • 壁紙にカビが生える原因はさまざまですが、換気不足は一つの大きな原因といえます。

人が生活する室内は何かと湿気がこもりがちで、換気をしないと湿度が上がってしまいます。入浴時や料理、食事の際などは特に湿度が上昇しやすいです。何もしなくても、人間の体温で湿度が上がることもあります。また、キッチン周辺や壁の中を走る水道管、洗濯機などから水漏れが発生した場合にも、壁紙にカビが生える原因となります。

水回り以外でも

メンテナンスが行われていない屋根から雨漏りをしてしまうこともカビの原因になります。壁紙が水分を吸収してしまい、大量のカビが発生してしまうのです。その他にも、冬は室内と室外で温度差が大きく結露が発生した場合にもカビが発生しやすくなります。

  • 壁が湿気を取り込んでしまい、カビの温床になるケースも存在します。

カビを放置するとどうなる?

カビが生えたまま壁紙を放置しておくのは危険です。さまざまな病気の原因につながる恐れのある有害なものだからです。カビの胞子はカビアレルギーの原因になります。すぐには症状が現れなくても、ご自身やご家族が長期間そのような環境で生活していると、アレルギーを発症してしまう危険性も考えられるのです。

ダニが発生する

それに、カビをそのまま放置しておくということは、ダニも大量に発生させてしまいかねません。ダニが部屋に大量に発生した場合ダニのフンや死骸が室内に増加し、体内に入り込めばハウスダストアレルギーの原因になってしまいます。それにカビが生えている壁紙は、目にするだけで不快なものです。そのまま放置せずできるだけ早く対策しましょう。

期間限定 エアコンクリーニング早得 2台以上のご注文で4,950円OFF!カジタクのハウスクリーニングはコチラ!

壁紙に生えたカビの取り方

安全で効果的な壁紙のカビ除去法をご紹介します。お酢重層消毒用エタノールを使用してください。まずお酢を適量、スプレーボトルに入れてお酢の2倍程度の水で薄め、カビを除去したい部分にスプレーします。壁に張り付いたカビをお酢が取りやすい状態にしてくれます。

下準備が終わったら

  1. 次にスプレーボトルに重曹を小さじ1と水100mlを混ぜ合わせ、気になる部分にスプレーしましょう。重曹はアルカリ性のため、カビの栄養源となる手垢などの汚れを分解します。
  2. 約5分放置して雑巾を使って拭き取ります。この時、歯ブラシを使って壁をしっかり擦るのも効果的です。最後は消毒用エタノールを壁に吹きかけて十分に殺菌し、掃除した部屋を十分に換気し全体を乾かします。

注意点

  • 紙でできている壁紙の場合、力を入れすぎると破けたり水気が多すぎるとふやけたりしますので壁紙の材質にも注意を払いましょう。

カビ取りの作業中に体内にカビが入り込んでしまうことを避けるため、掃除前にメガネやマスクを着用して準備します。カビの胞子は大変小さく、気づかないうちに掃除中にたくさん吸い込んで健康に悪影響を与えることもあるのです。壁紙に生えたカビを取り除く時は素手で触ったり、叩いたり、息を吹きかけたりしないように気をつけましょう。掃除中は部屋の換気も行います。掃除中には消毒用エタノールなど刺激の強い液体を使用するため、できれば長袖と手袋を着用し皮膚を保護する必要があります。

壁も保護しよう

また、歯ブラシで壁をこする時は、柔らかいタイプのものを使用すれば壁が傷つきにくいでしょう。歯ブラシで落としたカビを掃除機で吸引すると、取り除いたカビが飛散しません。

壁紙にカビを生やさないための予防策

壁紙に生えたしまったカビは落とせますが、カビを生やさない予防方法も知っておくと便利です。

  • カビはお部屋の中の湿度に気を配るだけで、簡単に予防可能です。

お部屋の中の隙間に湿気はたまりやすく、カビが生えやすいといわれています。テレビや大きなタンス、引き出しなど家具と壁の間に距離を保ちます。すると湿気がたまりにくいだけでなく、ほこりや汚れもたまりにくくなります。ほこりもカビの原因となります。引き出しやタンスなどは5cm~10cm程度、冷蔵庫などの家電は10cmから15cmほど壁から離しておきましょう。

ポイントは除湿

そして、こまめにお部屋の換気を心がけることが重要です。晴れた日には空気の入れ替えをしましょう。サーキュレーターや換気扇を使って換気するのも効果的です。雨の日は外の湿度が高く換気をしてしまうと、湿度が上がる可能性もあるため控えた方が良いでしょう。

  • その他にも、除湿機を活用するのも良い方法といえます。梅雨の時期に除湿機があれば随分湿気を軽減できます。室内干しをしなければいけない日も除湿機を活用すれば、湿度はそこまで上がらずカビを予防できます。

常に除湿しているのが理想ですが、できない場合は梅雨の時期は必ず除湿機を活用しましょう。

期間限定 エアコンクリーニング早得 2台以上のご注文で4,950円OFF!カジタクのハウスクリーニングはコチラ!

人気のオススメ記事はコチラ