ぞっとするほどカビが取れる!プロに聞く風呂掃除方法

01

毎日使って、水垢やカビなど気になる汚れも多いお風呂。ちゃんとに掃除をしようと思っても、なかなか取り組めていない方も多いのではないでしょうか。今回は、掃除のプロが行う風呂掃除をご紹介します。


風呂の主な汚れとは?

02

お風呂場は湿気が多く汚れが発生しやすい場所です。カビや水垢が気になっている人も多いかもしれませんが、意外と他にも様々な汚れが溜まっている場所なのです。

  • 水垢
  • カビ
  • 石鹸カス
  • 人の垢
  • 皮脂汚れ

体を洗う場所なので、人の垢や石鹸カス、皮脂汚れなどもかなり溜まっている場所なんですね。

汚れが溜まりやすい場所とは?

エプロン

03

風呂の浴槽の外側についているパネルである「エプロン」と呼ばれる場所と浴槽の外側は最もカビが繁殖しているところです。型によって異なりますが、基本的には手をかけて持ち上げ、手前に引くと取り外しができるようになっています。
カビ菌は湿気と20-35度程度の温度で繁殖しやすく、人の垢や汚れなどを栄養に増殖します。この部分はとても汚いので、プロに掃除をお願いするとクリーニングをしてもらえます。

04

あまり意識されている方はいませんが多くの家ではこのような状況になっているとのことです…。ブラシが届く範囲でカビを落としていきます。

洗い場

05

水垢、石鹸かすの汚れが特に酷いのが、浴室の洗い場です。ここは水が大量に流れる部分なので特に水垢が溜まりやすいんですね。水垢は、床や壁など腰までの高さの洗い場付近に溜まりやすいのが特徴です。特に、蛇口まわり、鏡、シャワーヘッドなどは水垢が溜まりやすい場所です。

掃除の方法

  • エプロン
  • 洗い場
  • 浴槽

と掃除する箇所がたくさんありますが、基本的には以下のような手順と方法で掃除をしていきます。

まずは、エプロンを取り外して洗っているところで詳しい掃除の手順と方法を見ていきましょう。

1. お湯で濡らす

06

まずは、暖かい温度のお湯で濡らしていきます。温かいお湯で濡らすことで、皮脂汚れを柔らかく洗剤で汚れが取りやすいようにしていきます。

2. 洗剤をかける

07

次に、中性洗剤かアルカリ洗剤をかけてこすり皮脂汚れなどの汚れ全般を落としていきます。

皮脂汚れを先に取らないと、塩素臭が増してしまったり殺菌効果が弱まったりするので、順番としては洗剤をかけてからの方が良いとのことです。

カビハイターなどのカビ取り用洗剤はカビの根まで除菌するもので、効能は除菌効果とアルカリ剤による汚れ落としが主になります。バスマジックリンなどの洗剤でも十分殺菌効果はありますが、壁に侵食しているようなカビは、カビハイターなどの強力なものを吹きかけて5-10分放置したあとにこすりとると良いそうです。

バスマジックリンは中性洗剤、キレート剤も含まれていて、軽度な、水垢、石鹸カスはこちらで取れます。

3. こすって落とす

08

汚れがひどくなければスポンジの柔らかい方でok。
それでもなかなか取れなければスポンジの固い方などでこすっていきます。
そのあとに柔らかい布で拭き取っていくようにするとよいです。

できれば柔らかいもの中心で拭いていくと良いですが、
必要に応じて固めブラシなどでゴシゴシ落としていく必要があるときもあります。

09

4. 酸性洗剤をかける

水垢、石鹸カス、には酸性洗剤をかけます。

ネットの記事ではクエン酸などの使用を推奨するものが多数ありますが、クエン酸は酸性が弱いので簡単なものは取れますがしつこい水垢はあまり取れません。
効果が高いのは酸性の洗剤になりますので、シンク、浴室、トイレなど水垢が発生しやすい水回りの掃除はこちらを利用した方が綺麗になります。

ゴム手袋などを使用しないと軽いやけどをしてしまう恐れがあります。
ゴム手袋で塗りつけて、暫くの間放置して水垢や石鹸カスを柔らかくします。
扱いが不安な方はプロに頼まれると良いでしょう。

5. 水で洗い流す

10

洗剤でこすり終わったら水で流します。

11

見違えるほど綺麗になりましたね!

同じ手順で他の場所も掃除

このように、

    • お湯をかける
    • 洗剤で汚れをこすり落とす
    • 水で流す

という手順で他の場所も掃除していきます。

12

普段掃除しない人が多い壁もしっかりと掃除します。浴槽は洗っているけど、壁は掃除しないという人も多いのではないでしょうか?
しかし、実はお風呂場の壁はシャンプーの泡がとんだり、水滴がついたりと、意外と皮脂汚れやほこりが付いている場所なんです。

浴槽

13

壁を掃除した後は、その汚れも落ちてきているので、浴槽もシャワーで流した後に、洗剤をつけてこすり汚れを落とします。

洗い場

14

先程、汚れが溜まりやすい場所として紹介された洗い場も、同じ手順で掃除します

15

ここで見落としがちなのがシャワーです。シャワーを掃除することはなかなか無いですが、ここももちろん水が溜まりやすく、汚れが溜まっています。こちらにも洗剤をつけて洗います。

ドア

16

このドアで気になる部分といえばパッキン部分のカビ汚れ。こちらは先程紹介したように、カビハイターなどカビ専用の洗剤を使って汚れを落とします。

排水溝

17

排水溝はホコリなどが溜まりやすくカビも発生しやすい場所です。ぬめりが中心なのでカビハイターなどのカビ洗浄用の洗剤かバスマジックリンなどを使うと良いです。
封水筒などの排水溝のパーツはカビ洗浄用の洗剤を吹きかけてカビの殺菌を行います。

18

時間を置いたらブラシで汚れを直接こすって落とします。

19

つけおきしてから水で洗い流すと、ぬめりもスッキリしています!

お風呂の蓋の掃除は重曹を使うと簡単!

お風呂掃除で見落とされがちですが、蓋は汚れが溜まりやすいポイントです。お風呂に張った水からの湿気によるカビの発生や身体を洗った時に飛び散る水滴や石けんなどが汚れの原因です。
洗剤を使って洗う方法もありますが、より手軽に蓋を掃除できるのが重曹を使った方法です。具体的な手順を説明します。
まずは浴槽に入浴後の残り湯を用意します。そこに重曹を1カップ(200ml)程入れます。重曹が溶けたらそこにお風呂の蓋をつけ置きします。夜の入浴後にこの作業を行い、一晩つけておいたら取り出して軽くシャワーで洗い流し、湿気をタオルなどで拭けば終了です。汚れが強いようであれば、重曹に加え漂白剤を混ぜておくのも効果的です。
この方法で蓋を掃除するなら、蓋は折り畳みが可能なタイプの方が簡単です。自宅にあるのが板状の折り畳みができない蓋であるなら、掃除がしやすい蓋に買い替えるのがおすすめです。

お風呂の天井の掃除にはクイックルワイパーが便利!

掃除をするのが難しいお風呂の天井部分はなかなか手につかないポイントであり汚れが溜まりがちです。長期間放置するとカビが深く根を張ってしまうのでなるべく早いうちに掃除を始めましょう。
お風呂の天井掃除で活躍するのが主に床掃除で利用されることが多い「クイックルワイパー」などの柄がついたタイプの掃除道具です。これを天井掃除に代用しましょう。
天井はカビが生えやすい場所なので市販のカビ取り剤を使用します。クイックルワイパーの先端のシートにカビ取り剤を吹きつけたらシート全体になじませ天井を吹きます。カビ取り剤は塩素の強い洗剤なので身体に直接付着すると危険です。必ずゴム手袋と、ゴーグルを装着したうえで掃除しましょう。自分が立っている場所から少し離れた部分を常に拭くようにするとより安全に天井部分を掃除することができます。カビ取り剤を浸透させるために全体を拭いた後に30分ほど時間を置き、水拭き乾拭きを同じように行ったら終了です。

お風呂に汚れを溜めない方法

普段からお風呂になるべく汚れを溜めない環境を作っておくと、お風呂掃除を少ない頻度でかつ短時間で済ませることができます。また、清潔な状態のお風呂を利用するためにも普段からお風呂に汚れを溜めない工夫は必要不可欠です。
お風呂は利用後、そのままにしておくとカビが溜まってしまいます。カビをなるべく溜めないようにするにはお風呂から上がる前に、熱湯を浴室の壁や床にかけるのが効果的です。カビは熱に弱いので熱湯をかけることで繁殖を始める前に死滅させることができます。また同時に壁などに付着した石けんを洗い流す効果もあります。それでも完全にカビを取り除くことはできないので、利用後は必ず水気を拭き取ってから換気扇を回し、湿気を溜めないようにしましょう。換気扇は利用直後の短時間だけでなくできるだけ長い時間回しておくとよりカビの繁殖を抑える効果が増します。

日頃からやっておきたい簡単なお風呂掃除

お風呂を清潔にするには、ある程度の時間をかけてお風呂掃除をする日を設けることが必要です。しかし、その日以外は何もしないでいると掃除の日の時間的な負担が増えてしまいます。なかなか時間が取れない方は特に日頃からできる簡単な掃除を習慣にすることが重要です。
簡単なお風呂掃除は入浴中、または入浴後の一手間ですることができます。まず、浴室の中にブラシとスポンジを常備しておきましょう。棚などに置くのではなく、フックなどに吊るしておきます。シャワーで身体を洗い終わったら、使用したボディーソープを使って、ついでに床や壁など気になるところを軽く掃除します。特に排水口など長時間、放置しておくと掃除が大変になる部分はこまめに行います。入浴はほぼ毎日習慣的に行われることなので、この時間中に簡単な掃除を済ませてしまうと無駄な時間を取られません。
そもそも汚れを溜めなければ一度にたくさんの部分を掃除する必要がなくなります。毎日場所を変えて簡単な掃除を繰り返していく方が効率が良いと言えます。

汚れが溜まりやすい原因

お風呂場は何故、こんなに汚れが溜まりやすいのでしょうか?
それは、バスタブ以外はあまり洗わないことが原因だそうです。
洗い場や壁はあまり触れないので汚れが気にならずに汚れがたまってしまう方が多いようです。
洗い場はカビ、外からのホコリ、水垢、石鹸カス、皮脂汚れなど、あらゆる汚れが集まりやすい割に、洗う頻度が少ないため汚れが溜まりやすいんですね。

風呂の大掃除はどれくらいの頻度でやれば良い?

ここまでの大規模な掃除はなかなかできないですよね。プロによると、頻度は一年程度に一度くらいは綺麗にしたほうがよいとのこと。エプロンを外すことや酸性洗剤を使用するなど、素人には難しいところもあるので、大掃除はプロに頼むのが良いかもしれません。

プロに頼んでみる

ご自宅で実践可能なお掃除方法をご紹介しましたが、仕事や家事で忙しい一人暮らしや共働きだと、お風呂場の隅々まで掃除する時間を確保するのが難しいこともあります。そんな方には、プロの業者に掃除を委託することをおすすめします。
汚れの種類や場所に合わせてプロが機材・洗剤を使い分け、カビや水垢等のしつこい汚れを徹底洗浄し、浴槽から壁・床・扉などをピカピカにします。ふだん手の回らない天井、扉、シャワーヘッド等すみずみまでお掃除します。ネット上で実施日時が予約できるため利便性が高く、仕上がりに満足いただけない場合はもう一度やり直しができる品質保証付きで、質の高さという点でも安心です。

お風呂の掃除をプロに頼むなら「カジタク」

今回はプロであるカジタクのお掃除テクニックをご紹介しました。カジタクでは浴室クリーニングサービスを行っています。カジタクの浴室クリーニングのポイントは以下の通りです。

  • 日本全国どこでも実施可能
  • 安心のイオングループ
  • 一律料金12,000円!面倒な事前の見積もり訪問・追加料金はありません。
  • 花王と共同で厳選した洗剤を使用
  • 面倒な電話はなし!ネットで購入から予約まで完結!

カジタクの浴室クリーニングはコチラ!