洗濯物のシワ・干し時間の短縮。生乾きの臭いまで防げる干し方のポイントとは

洗濯物を広げる女性

いつも衣類のどこかにシワがある、外で干しているのに生乾きの臭いがする、時間がないのに全然乾かない、そういった経験はありませんか?それは、洗濯物の干し方に間違いがあるのかもしれません。シワを作らないひと手間を加える。衣類に合わせた干し方をする。生渇きの臭いと時間短縮になる工夫をするだけで、全部解消できますよ。

洗濯物を干す前のひと手間

外で洗濯物を干す女性

ひと手間を加えるだけで、シワが残らないようにするポイントをご紹介いたします。

大事なポイントは3つ

  • 衣類の端を掴んで勢いよくふりさばく
  • 両手で衣類を挟んで全体をパンパンと叩く
  • 細かなシワを伸ばすようなイメージで引っ張る

この3つのポイントが大事です。洗濯物は、汚れを落としても衣類の繊維や細かなホコリが付着しています。ですから、衣類をふりさばくことによって繊維やホコリを落とせます。また、叩いて引っ張ることにより、乾いた後のシワを防ぐことができるのです。

衣類に合わせた干し方

物干し竿のハンガーにシャツが干してある

基本の干し方

  • ハンガー干し
    パーカーやトップスなど袖があるものはハンガーにかけて干します。ハンガーのサイズは干す衣類のサイズに合わせましょう。また、肩の部分は縫い目に合わせるのがポイント。
  • 平干し
    平らなネット素材の平干しタイプもあります。型崩れを起こしやすいニット素材や、型が付きやすい柔らかい素材の衣類にオススメです。
  • 筒干し
    筒干しとは、衣類の空洞を作って干すことです。ピンチのたくさんついたハンガーを使い、筒状に干します。ズボンなどの型崩れしにくく、乾きにくいものが向いています。

干し方の工夫

物干し竿にタオルやシーツが干してある

干す時は、さまざまな工夫をすることで、生乾きの臭いや干す時間短縮に繋がりますよ。

干し方の工夫ポイント

  • タオルは1/3を折り目に干す
  • 衣類の空間を空けるようにする
  • 靴下などはつま先部分をピンチに留める
  • ハンガーは太めのものを使う

これらのポイントをすることによって、衣類と衣類との接触部分や間隔を広げるということになります。そのため、空気をより多く通すと早く乾き生乾きを防ぐ効果が期待できるのです。

最後に

大切な洋服にシワを付けないためには、干す前のひと手間が大切です。干し方は、衣類の種類や素材によって変えることが型崩れを防ぐポイントです。また、干し方を工夫することで干し時間の短縮と生乾きの臭い防止になります。ぜひ、参考にしてみてくださいね。
カジタクの宅配クリーニングはコチラ!