その蛇口には黒カビが! 蛇口の黒カビをキレイにする方法

家の中をきちんと掃除して、いつもキレイな状態を保っているつもりでいても、目に付きにくい場所が汚れたままになっていることは珍しくありません。そのような場所の代表例が蛇口の裏側で、知らないうちに黒カビが繁殖していることがよくあります。この記事では、蛇口に発生してしまった黒カビをキレイにする方法についてご紹介します。

蛇口にもカビが!

家族が口にする料理を作ったり、食事で使う食器を洗ったりするキッチンの流し台を始めとして、顔や手を洗うために使う手洗い場、体を洗うだけではなく疲れを癒すこともできるお風呂場など、家の中には水を使う場所がいくつもあります。

それらの場所には一般的に蛇口が付いていますが、普通に生活している中ではその裏側の水が出て来る部分を目にすることはあまりないでしょう。そのため、その部分に黒カビが発生していることを知らないまま長い時間が経ち、気付いた時には大変な状態になってしまっていることも珍しくありません。

蛇口の裏側に黒カビが繁殖していると、そこから流れる水の中にその黒カビが混ざってしまう恐れがあるため、キレイにすることが肝心です。

蛇口のカビ取りに必要なもの

蛇口の黒カビをキレイに取るためには、必要となるものがいくつかあります。水で洗うだけでは黒カビをしっかりと落とすことができないため、まずは洗剤を用意しましょう。

しつこい黒カビを取り除くためには、洗浄力の強い塩素系の漂白剤を使用するのが効果的です。蛇口の裏側をこすって掃除するための道具も必要です。いつも使っている台所用のスポンジでも良いですが、歯ブラシの方が蛇口の中の方にまで届きやすいので、使い古した歯ブラシを捨てる前に掃除に用いると良いでしょう。

また、塩素系の漂白剤のような強力な洗剤は肌に良くないので、手を守るためのゴム手袋も用意しておきます。さらに、掃除し終わった後の蛇口の水気を拭き取るためにタオルか布巾も必要です。

蛇口のカビと取り除く方法

蛇口の黒カビを取り除くには、まずは洗剤を歯ブラシやスポンジなどの道具に付けて、それで裏側をしっかりとこすって行きます。その時に時々目で見て確認しながら、落とし残しがないように気を付けるようにしましょう。

もしも蛇口の水が出る部分が分解できるようであれば、そのパーツを別々に洗うとよりきれいにできます。特に黒カビの発生がひどいパーツがあったら、洗剤を入れた容器の中にそれを入れてしばらく放置してから、歯ブラシなどでこすり落とすようにすると良いでしょう。

また、蛇口全体に白い水垢が目立っているようなら、それも洗剤を付けた歯ブラシなどでついでに洗い落としておくと、掃除した後の見た目がキレイになります。そのようにして汚れが目立たなくなったら、水を使用する際に洗剤の残りが混ざらないように、しっかりと水で洗い流すことが肝心です。

洗剤を洗い流した後には、新しい黒カビの発生や水垢の付着をできるだけ防ぐために、蛇口全体の水気をタオルなどできれいに拭き取っておきましょう。

洗剤を使わない方法も

塩素系の漂白剤などの洗剤を使用すると、黒カビをキレイに取り除きやすいのは確かですが、水の中に残った洗剤が混入するかも知れないと気になる人もいるでしょう。その場合、洗剤を使わないで掃除する方法もあります。

クエン酸と重曹を混ぜたものを洗剤の代わりに使用するのです。それらは料理の材料にも使えるものですから、水に混ざって人間の体内に入っても全く問題がなく安心です。

まず、最初に重曹100gとクエン酸小さじ1杯を混ぜておき、水で少しずつ溶いてペースト状にします。それを歯ブラシに付けて、蛇口の裏側の黒カビが発生しているところをしっかりとこすって行きます。クエン酸と重曹の働きで黒カビが浮かび上がりやすくなるので、洗剤を使わなくてもしっかりとキレイにすることが可能です。

また、クエン酸は酸性なので、アルカリ性の水垢をキレイに洗い落とすのにも役に立ちます。

どのくらいの頻度で掃除すればいい?

洗剤などを用いて蛇口の裏側に繁殖した黒カビをきれいに落としても、その後何もしないで水を使用し続けて行ったら、また黒カビが繁殖してしまうことは避けられません。蛇口の裏側のように水気が常に付着する場所には、どうしても黒カビが発生しやすくなるからです。

したがって、黒カビが中に混ざらないキレイな水を使うためには、定期的に掃除を行うことが必要となります。ここで気になるのは、どのくらいの頻度で掃除をすれば良いのかという点です。

黒カビの発生のしやすさは、個々の家庭の水道の使用状況や季節などの色々な要素によって異なりますが、基本的には1ヶ月に1度くらいの頻度で掃除をすれば十分だと言えます。

ただし、時々は蛇口の裏側を確認して、もし黒カビが目に付いたらすぐに掃除をするようにした方が良いでしょう。

いつでも安心して使える蛇口に

水は人間の生活には欠かせないもので、例えば食事の準備をしたり、手や顔を洗ったり、お風呂に入ったりなど生活の中の色々な場面で使用しています。

しかし、その水が出る蛇口には裏側に黒カビが繁殖しやすいという問題があります。その部分にいつの間にか黒カビが繁殖していたら、そこから出て来る水の中に黒カビが混入してしまう恐れがあるのです。そのような水が口から体の中に入ってしまったら、健康に良くない影響を及ぼしてしまうかも知れません。

また、水で洗うことで手や顔などをキレイにしているつもりでも、逆に黒カビを付着させてしまっていることもあり得ます。そのようなことにならないように、蛇口の裏側はキレイな状態にしておくことが大切です。

洗剤やクエン酸と重曹を混ぜたものなどを使って定期的に掃除を行えば、蛇口をいつでも安心して使えるようにすることができます。

カジタクのハウスクリーニングはコチラ!