ガンコな尿石の落とし方 クサイ臭いともこれでおさらば!

いつの間にかトイレの便器にできている黄色い汚れは、尿石(にょうせき)かもしれません。この汚れは時間が経つと落ちにくくなる上に、トイレにクサい臭いも充満させる厄介な存在です。スッキリとキレイに落とせる方法があったら嬉しいですよね。そこで、今回はトイレにこびりつく尿石を落とすのにおすすめの方法をご紹介します。

尿石ってなに?

尿石の原因となるのは、尿に含まれるカルシウムなどの成分です。空気に触れることで炭酸ガスと反応し、固まって便器にこびりつきます。更にここへ雑菌や汚れが付着することで、なかなか落ちないガンコな汚れになってしまうのです。

しかも、尿石にはアンモニアも含まれています。アンモニアは尿の臭いのもとになる成分です。尿石が付着しているとトイレがクサくなってしまうのはこのためです。

また、尿石は便器の汚れや臭いの原因になるだけでなく、配管の壁にたくさん付着すると詰まりの原因になることもあります。もし便器が黄色くなってきたら、それは早めに掃除をした方が良いサインです。配管にまで尿石が溜まると「掃除をしているのにトイレがいつまでもクサい!」ということになってしまいます。

尿石を落とすのに必要な道具

尿石はアルカリ性の汚れなので、まずは酸性の洗剤を用意します。アルカリが酸と反応することで中和され、汚れが分解されて落としやすくなります。付着してさほど時間が経っていなければ、これと便座ブラシがあればほとんど落とせるはずです。

それでも取れないガンコな汚れには、尿石専用の洗剤が便利です。汚れを落とす効果がより高く、また配管内にも届いて尿石を落としてくれます。これらの洗剤でも落ちないほどの汚れであれば、物理的に削り落としてしまいましょう。

便器の尿石落としには、ホームセンターなどで販売されている耐水性のサンドペーパーや陶器用の研磨パッドが適しています。サンドペーパーを使う場合は、便器を傷つけないようになるべく目の細かいものを選ぶようにしましょう。

尿石をキレイに落とす方法

便器の水たまり部分がひどく汚れているようなら、まずはそこの水を抜きます。ポンプや紙コップなどを使い、できるだけ残さず抜くのがポイントです。

続いて汚れに洗剤をかけてしばらく放置し、その後ブラシを使って落とします。汚れが落ちづらそうな時はトイレットペーパーを使うのが有効です。汚れた部分をトイレットペーパーで覆ってから洗剤をかけることで、洗剤が汚れに留まってじっくり分解してくれます。

しばらくしたら水を流してみて、残った汚れはブラシで落とします。サンドペーパーなどを使うのであれば、洗剤で汚れをふやかした後がおすすめです。便器を傷つけるとそこに雑菌が繁殖して更なる汚れの原因になってしまいます。あまり強い力でこすらないように気を付けましょう。

注意点

よく洗剤に「混ぜるな危険!」と書いてあるのを見かけるのではないでしょうか。あれは絶対に従うべき注意書きです。

例えば、トイレであれば、塩素系のカビ取り剤を使った後に酸性洗剤で尿石を掃除するのは非常に危険です。カビ取り剤がまだ便器に残っていた場合、酸性洗剤と反応して有毒なガスが発生してしまいます。トイレのような狭い空間はすぐにガスが充満し、最悪の場合呼吸困難で命にも関わります。こうしたリスクを避けるため、カビの掃除と尿石の掃除は違う日に行うことをおすすめします。

また、酸性洗剤単体でも皮膚が弱い人などは触れると炎症を起こすことがあります。気化した成分を吸い込んで体調を崩す可能性もあるため、掃除の際はマスクとゴム手袋、そして換気扇を回すことが必須です。

尿石を予防する方法

尿石は時間が経つほどこびりついて落ちにくくなってしまいます。尿石を予防するにはやはりこまめな掃除が大切です。便器が少しでも黄色くなったと思ったら、すぐに洗剤とブラシで磨くことを習慣にしましょう。

また、尿がしっかり流されていないこともしつこい尿石によくある原因です。節水のため流すのは何回かに1回としていたり、時々流し忘れることがあったりする場合には尿石ができやすくなってしまいます。予防のためには一回ごとにきちんと流しましょう。市販の尿石除去剤を置いておくのも有効です。小便器ならその中に直接、大便器ならタンクの手洗い蛇口の下に設置します。

水を流すたびに洗浄剤が便器をキレイにするので、尿石の付着そのものを防いでくれます。掃除に使う時間と水を節約できる分、節水にはこちらの方がおすすめです。ぜひ試してみてください!

どうしても落ちない尿石は

上記の方法で落ちないような尿石は、もはや素人の手には負えません。配管内に溜まった尿石も家庭用の掃除用具で完璧に落とすのは難しい汚れです。

その場合はプロに掃除をお願いした方が若干の費用は掛かりますが、短時間でずっとキレイにしてもらえます。また、壁や床に飛び散った細かい尿の飛沫がクサい臭いの原因になっていることもあります。便器に立って排尿する男性が多い家庭は特にそうです。こうしたトラブルも便器の尿石と併せてクリーニング業者などに解決をお願いしてみましょう。

ちなみに、トイレクリーニングの費用相場は4,000~10,000円ほどです。便器が汚れにくくなるコーティングを施してくれる業者も多いので、依頼するとその後の掃除がグッと楽になります。ガンコな汚れはプロの手を借りて取り除き、キレイなトイレで快適な生活を送りましょう!

カジタクのトイレクリーニングはコチラ!

人気のオススメ記事はコチラ