ダウンジャケットって家で洗濯できるの?洗濯方法を3つ紹介!

ダウンジャケットの写真

冬の寒さから、私たちの身体をしっかり守ってくれるダウンジャケット。ひと冬着てもさほど汚れは目立ちませんが、実は埃や排気ガス、汗や皮脂汚れでとても汚れているのです。みなさんはどうやってお手入れしていますか?今回は、ダウンジャケットを自宅で洗った場合とクリーニングに出した場合のメリット・デメリットを紹介したいと思います。

 

家で洗えるかをチェックする方法

洗濯マーク画像

一見すると、あまり汚れが目立たないダウンジャケットですが、よく見ると首元や袖周りが皮脂で汚れていることがあります。特に色の薄いダウンジャケットの場合などは、シーズン中に汚れが目立ってきてしまうこともあるでしょう。一度気づいてしまった汚れは、着るたびに気になってしまいお出かけも楽しくなくなってしまいます。

ダウンジャケットの自宅洗いにチャレンジしてみようと決めたとき、最初に確認しなければいけないのは洗濯表示です。洗濯機マークや手洗いマークがあるものは、自宅で洗うことができます。その際、水温の指定がある場合もあるので細かくチェックしましょう。

また、「中性」や「中性洗剤使用」と書いてある場合は、普通の洗濯洗剤は使えません。おしゃれ着用洗剤を使用してください。

 

手洗いの方法

自宅でダウンジャケットを洗う場合、手洗いと洗濯機洗いの2つの方法があります。まず、手洗いのやり方を見てみましょう。

前準備

前準備として、特に汚れている部分を綺麗にしておく必要があります。襟や袖口は、皮脂汚れや化粧汚れが特に付きやすいので、よく確認してください。汚れていたときには、薄めた洗剤液を柔らかいスポンジに浸けて軽くたたくと綺麗になります。

そして、ファスナーやボタンを閉めて、たたんで形を整えておきましょう。フードやフェザーの取り外しができる場合は、外しておくようにしてください。

前準備が終わったら、いよいよ手洗い開始です。

手順

  1. 洗濯桶や洗面ボールにぬるま湯か水を溜めて、表示通りに洗剤をとかします。男物でサイズが大きかったりする場合には、桶の代わりに洗濯槽を使用してください。
  2. 水を溜めたら、ダウンジャケットをそっと入れます。傷みを防ぐため、もみ洗いは禁止です。2・3回(洗濯槽で代用の場合は40回)そっと押し洗いをしましょう。
  3. 終わったら水を替えて、同じように押し洗いをします。これを繰り返し、汚れや泡が出てこなくなれば終了です。
  4. 脱水は、桶の中で水を押し出します。ある程度水抜きができたら、タオルで挟むようにしてタオルドライをしてください。タオルドライをせず最初からハンガーにかけて吊るしてしまうと、中のダウンが下に寄って固まってしまうことがあります。面倒でも、タオルドライの手間は惜しまない方が良いでしょう。
  5. 最後は乾燥です。ハンガーに形を整えて干し、風通しのよい陰干しか、室内干しをします。乾燥の途中で、手で叩いて中のダウンをほぐすようにしてあげると、ダウンの固まりや偏りを防ぐことができます。表面が乾いたと思っていても中に水分が残っていることがあるので、2、3日かけてしっかり乾燥することがポイントです。

 

洗濯機で洗う方法

洗濯機の写真

ダウンジャケットを自宅で洗う、もう一つの方法は洗濯機です。洗濯機に弱水流の手洗いコースやドライコースがあれば、洗濯機で洗濯することも可能です。

前準備までは手洗いの時とかわりません。

手順

  1. たたんで形を整えたら、洗濯ネットに入れてから洗濯機に入れましょう。
  2. ダウンジャケットは、洗濯機の中で水に浮いてしまいます。何回か押し入れるようにしてしっかり水に浸けることが大切です。バスタオルを重石代わりに乗せるのも、効果があります。
  3. すすぎまでは洗濯機にお任せで大丈夫ですが、脱水は自分で調整してください。長時間脱水を掛けると、中のダウンが固まってしまう可能性があるからです。それを防ぐために、脱水30秒のあと一度取り出しダウンをほぐします。これを3回繰り返してください。これでダウンの偏りもなく、脱水することができます。
  4. 乾燥も、手洗いの時と変わりません。ですが、陰干しを2日したところで、ドラム式洗濯機かコインランドリーの乾燥機を使ってみてください。低温で30分乾燥させただけで、空気がたっぷりと入るためふわふわの仕上がりになります!

自分で洗う時の注意点

ダウンジャケットのアップの写真

ダウンジャケットを自宅で洗う方法を紹介してきましたが、上手に洗濯をするためには気をつけなければならない点がいくつかあります。

素材をチェック!

まず1つめは、ダウンジャケットの表地の素材です。自宅洗いにチャレンジするのは、ナイロン生地のものだけにした方が良いでしょう。レザーやフェイクレザーは色移りや変色の原因になりますし、ウールやツイードは縮んだりします。表地のほとんどがナイロンで作られていても、袖口や裾だけ異素材で作られているものもあります。誤って洗ってしまわないよう、しっかり確認してください。

乾燥

2つ目は、乾燥についてです。ダウンジャケットは、乾燥にとても時間が掛かります。乾燥不足のままクローゼットに入れてしまうと大変!次の冬に着ようと思って出したら、臭いが酷くカビやシミが出てきて使えなくなってしまうということがあります。

また、乾燥を上手にやらないとダウンがぺったんこになってしまう恐れがあります。ダウンジャケットが温かいのは、羽毛の中に空気を含むことができるから。ぺったんこになってしまったダウンジャケットは保温効果が無くなってしまうので、結局使えなくなってしまいます。中までしっかりと乾くように、細心の注意を払って乾燥させたいですね。

クリーニングで洗えば安全!

ここまで自宅でダウンジャケットを洗う方法と注意点を紹介してきましたが、自宅での洗濯にチャレンジするダウンジャケットは、ダメになっても諦められる物にしておく方が安心かもしれません。それはやはり、いくら気をつけて洗っても失敗してしまう可能性がゼロではないためです。お気に入りのダウンジャケットが、自宅で洗ったことで傷んでしまったらとても残念です。

ダウンジャケットは値段が高いですが、きちんとメンテナンスをしていけば何年も着ることができるもの。せっかく手に入れたお気に入りのダウンジャケットの洗濯は、プロであるクリーニングにお任せして最後までしっかりと着てあげましょう!

宅配クリーニングサービスもある

最近は、宅配クリーニングというサービスも登場しています。クリーニング屋さんに自分でかさばるダウンジャケットを持っていくのは大変ですが、宅配クリーニングなら、ダウンを送るだけでクリーニングをして家まで届けてくれます。保管付きのサービスでは、次のシーズンでダウンを着用するまで預かってもらえるものもあります。かさばって収納する場所が無い方にはオススメです。

カジタクの宅配クリーニングはコチラ!