そんなに危険なの?電池の液漏れしていたらどうすればいい?

子どものおもちゃの電池を替えようと思ったら電池が液漏れしていた、という経験はないでしょうか。電池の液漏れは危険だと言われていますが、そもそもなぜ液漏れが起きるのでしょう。さらに、液漏れを安全に掃除する方法や電池の処理方法についても悩みますよね。ここでは、電池の液漏れがなぜ起こるのか、液漏れしたおもちゃは捨ててしまった方がいいのか、液漏れ予防法についても紹介します。

春のカジタク祭り 人気サービスをまとめてお得に!カジタクのハウスクリーニングはコチラ!

電池の液漏れってどんなもの?

子どもが使っているおもちゃやリモコンの電池を交換する際、乾電池から液体が出ていた、という経験をしたことはないでしょうか。

「電池の液漏れ」、と呼ばれるこの現象は、頻繁に電池の交換をしない機器に現れることが多いようです。また、液体だけでなく、青白い粉状のものが乾電池についている場合も液漏れと言えます。液体がにじみ出ていたり白い結晶がついているだけでなく、電池が膨張していたり錆が生じている場合も、液漏れしている可能性が高いでしょう。

液漏れの原因としては長期間電池を入れっぱなしにしていたり、新しい電池と古い電池を混ぜて使用していたりする場合が考えられるでしょう。また未使用の電池の場合も、保管状況などにより液漏れする場合があります。

 

電池の液漏れって危険なの?

電池の液漏れは危険、と耳にしたことはないでしょうか。本当に危険なのか、危険なのであればどれくらい危険なのか、気になりますよね。そもそもこの電池の液漏れで出てくる液体は、発電した電気を通すために乾電池の中に蓄えられている電解液です。液体だけでなく粉末状になっている場合もありますが、これは液体が時間の経過とともに固形になったためです。

電解液は、電池の種類によって異なります。アルカリ電池の場合は「水酸化カリウム」で、強アルカリ性のため皮膚を溶かすほどの危険な液体です。誤って目に入ると失明する恐れもあります。

マンガン電池の場合は、「塩化亜鉛の水溶液」が入っています。塩化亜鉛は弱酸性で、水酸化カリウムより人体に有毒ではないとはいえ、目に入ると傷つく恐れがあるため注意が必要です。

人によっては電池の液漏れは日常茶飯事で気にせず素手で取り替える、という人もいるかもしれません。しかし液漏れは、人体に有毒な成分が含まれているため、素手では触らず、皮膚に直接触れないように注意しましょう。

カジタクのハウスクリーニングはコチラ!

液漏れを安全に掃除する方法

電池から出た電解水は人体に有害なもののため、液漏れに気付いたらすぐに処理しましょう。まず、素手で触れないようにゴムやビニール手袋などで手を覆います。目や口に入るのを防ぐために、保護メガネやマスクなどの着用もおすすめです。取り外した電池は電解水が飛び散らないよう、袋などに入れて密封します。

液漏れのため電池がくっついていたり、膨張していたりする場合があります。電池が外れにくい場合は、決して素手で取ろうとせず、マイナスドライバーなどを使って取るようにしましょう。

電解水は水に溶けるため、液漏れした部分には濡らしたティッシュや雑巾、汚れに応じて歯ブラシや綿棒なども使い、しっかり拭き取ります。続いて、乾いたティッシュや布などを使って乾拭きします。もし錆びている部分があるのであれば、紙やすりで磨いておくと良いでしょう。

春のカジタク祭り 人気サービスをまとめてお得に!

液漏れした電池やおもちゃの処理方法

液漏れした電池は触れたり目に電解水が入ったりすると人体に害を及ぼす恐れがあるため、取り外したらすぐに密封できる袋などに入れましょう。その後も、小さな子どもが誤って口にしたり触れたりすることのないよう保管します。

乾電池の処分方法は各自治体によって異なります。一般的には不燃ゴミや有害ゴミに区分されるため、ゴミとしての出し方も含めて自治体に問い合わせると良いでしょう。

子どもが触れるおもちゃは安全性にこだわる、という人も多いでしょう。液漏れした電池が入っていたおもちゃは安全面において大丈夫なのか気になるかもしれません。液漏れした電池の電解水は有害ですが、掃除して液漏れが取り除けるのであれば、おもちゃごと捨てる必要はないでしょう。しかし、液漏れが酷く錆びている場合や、掃除してキレイになってはいるけれど、子どもが口に入れないか心配という場合は、処分してもいいかもしれませんね。

電池の液漏れに触ってしまった場合は?服や家具についても大丈夫?

液漏れは肌に触れることで皮膚が溶けたり、場合によっては火傷のようにただれたりします。さらに口に入ると激しい頭痛や嘔吐の症状が出たり、目に入ると失明したりする恐れがあります。子どもがおもちゃで遊んでいる最中に液漏れした電池を外して触ってしまったら、さらに口に入れてしまったら、どうすれば良いでしょうか。

まず液漏れした電解水が手についてしまった場合は、すぐに流水で洗いましょう。時間が経つことで化学物質による火傷を負ってしまうかもしれません。また、目や口に入った場合も水で洗い流します。こすらずに洗い流すようにします。

ただし電池ごと飲み込んでしまった場合は、一刻も早く救急車を呼びましょう。胃や腸に穴が空く恐れがあり、すぐに適切な処理をしなければなりません。服や家具についた場合はその部分を水で洗い流したり、水で濡らした布で拭き取ったりします。電解水は水で溶ける物質のため、それほど神経質にならなくて良いでしょう。

 

電池の液漏れの予防法

液漏れが起こる原因としては、使い切った電池を放置していたり、種類の異なる電池を混ぜて使用していたり、新しい電池と古い電池を混ぜて使っていたりする場合が考えられます。電池には使用推奨期限があるため、まずはこの期限を守ることが重要です。未使用品の場合であっても長期に渡って保管していたり、高温多湿などの保管状況によっては液漏れすることがあります。期限内に使用することが液漏れの予防と言えるでしょう。

また、定期的に電池を交換することも重要です。おもちゃやリモコンなどは電池を入れっぱなしにしてそのまま、という人も少なくないでしょう。動くから電池は切れていないし、確認の必要はないと思うかもしれませんが、液漏れしている場合もあります。同時に、長期間使用しない場合は電池を抜いておくことも重要です。液漏れ補償がついている電池もあるため、液漏れしにくいと謳われている電池を選ぶのも良いでしょう。

春のカジタク祭り 人気サービスをまとめてお得に!カジタクのハウスクリーニングはコチラ!

 

人気のオススメ記事はコチラ