黒カビや水垢が気になる!浴室のタイルを綺麗にお掃除する方法とは

浴室のタイルやスポンジでこすっている

家事に育児に毎日の仕事。バタバタと過ぎる毎日の疲れを癒すのは「お風呂」という方も多いのではないでしょうか?そんなリラックスタイムにふと目線に入ったタイルが汚れていたら、イヤな気分になりますよね。そこで今回は浴室のタイルをキレイにする掃除方法をいくつかご紹介していきたいと思います。

浴室のカビ対策

シャワーの水が出ている

浴室は高温・多湿でカビにとっては最適な場所なんです。タイルの目地によく出来ている黒ずみは「黒カビ」というカビの一種なのです。

冷水シャワー

入浴後の浴室が温まっている状態のときが、汚れを落とすチャンスです。浴室内に残っている湿気がタイルにくっついて、水垢や黒ずみとなるのです。そのためには、浴室の温度と湿度を下げる必要があります。冷水シャワーをタイルにかけると擦らなくても汚れが流れ落ちるので一石二鳥ですね。

タイルに出来た黒ずみ

重曹・レモン・歯ブラシのアップ

いくらカビ対策をして掃除をこまめにしていても、タイルの目地に黒ずみが出来てしまう場合もあります。

クエン酸スプレーを作る

水200mlに対してクエン酸を小さじ1溶かします。これを散布しやすいように、スプレーボトルや霧吹きにいれておくといつでも使えて便利です。クエン酸が無い場合は、ご家庭にあるお酢でも代用できますよ。

重曹で発泡

クエン酸スプレーをタイルの目地に噴きかけて時間を置いたら使い古した歯ブラシで擦ってみてください。出来てそんなに経っていない黒ずみなら、クエン酸スプレーだけでも取れます。しかし、汚れが目地に根付いてしまい取れにくくなっている場合はその上から重曹を振りかけてください。すると、シュワシュワと泡が出てくるので汚れが浮き上がるまで泡のまま待ちます。あとは先ほどと同じように、歯ブラシで擦ればOKです。

タイルの水垢には

タイルをスポンジでこすっている

目地の黒ずみより、タイルについてなかなか取れない水垢を落としたい場合もクエン酸スプレーが役立ちます。

アルカリ性の汚れは酸性で落とす

拭いても拭いても取れないタイルの水垢。よく売られているカビ取り剤や重曹はアルカリ性なので、同じアルカリ性の水垢にはあまり効果がありません。こんな時にも酸性のクエン酸!クエン酸水を、キッチンペーパーに含ませて、汚れに湿布します。そのままだと乾燥してしまうので、上からラップで覆いしばらく時間を置いてから拭き掃除するとキレイに摂れますよ。

最後に

浴室のタイルの掃除は見落としがちですが、クエン酸スプレーを作っておくだけで意外と簡単にキレイに出来るんです。水垢や黒ずみは放置すると、とても落としにくくなってしまうので、そうなる前に定期的に汚れを落とすことをオススメします。どうしても取れないタイルの汚れがあった場合は、プロの浴室クリーニングを頼むのも一つの手ですね。清潔な浴室で快適なリラックスタイムを過ごしましょう!
カジタクの浴室クリーニングを見る

浴室クリーニングを頼むならカジタク!

汚れの種類や場所に合わせてプロが機材・洗剤を使い分け、カビや水垢等のしつこい汚れを徹底洗浄し、浴槽から壁・床・扉などをピカピカに
花王と共同で使用洗剤を厳選しているから、安心してお掃除をおまかせください!

浴室クリーニングのビフォー・アフター

浴室クリーニングをプロに頼むなら実績があるカジタクがオススメ

浴室がキレイになると、毎日気持ちよくお風呂に入ることができますよ。ぜひ皆さんも一度プロに任せてきれいなお家で気持ちよく過ごしましょう!

カジタクの浴室クリーニングを見る