石鹸カスの落とし方しつこい汚れもキレイに掃除しよう

浴室や洗面所を掃除している時に、白くこびりついた汚れや黒っぽい汚れが見つかることがあります。ちゃんと掃除をしているのにいつの間にかこのような汚れが出来ている場合、それは石鹸カスかもしれません。体を洗う為に必ず使用する石鹸がなぜ汚れになってしまうのか、石鹸カスを落とすにはどうしたらいいのかを紹介していきます。

そもそも石鹸カスとは何か

浴室でよく見かける石鹸カスですが、単に石鹸の溶け残りではなく、色々な種類があります。一番多く見られるのが金属石鹸と呼ばれるものです。金属石鹸は水道水などに含まれるミネラル成分と石鹸が反応してできた物です。

お風呂場で白い粉末状の汚れがあれば、それが金属石鹸です。金属石鹸と同様に良く見られる石鹸カスが酸性石鹸です。酸性石鹸は石鹸と皮脂汚れなどが結合してできた汚れです。黒または灰色っぽくべたべたしているものです。

代表的な石鹸カスは上記のものですが、他にも石鹸カスとなってしまう汚れがあります。粉せっけんを使用している際に起こりやすいのが溶け残りの石鹸カスです。十分な温度で溶かすことで予防することが出来ます。

台所で良く見られるのが、排水中の油成分と石鹸に含まれるアルカリ物質が反応してできた二次石鹸です。食器の油汚れに反応して出来やすいので、予め油汚れを落としておくことで発生を予防することが可能です。

石鹸カスを放っておくとどうなるか

石鹸カスは乾いていると白くなっているため気付きにくいのですが、石鹸カスを放置してしまうと地層のようにどんどん堆積していく特徴があります。そのため、ただでさえ落としにくい汚れが更に頑固な汚れとなり、落とすのが困難になってしまいます。石鹸カスに気づいたら早めに掃除をしたり、最初から発生させないための予防をすることが重要となります。

また、石鹸カスを放置しておくことは、見た目にも不衛生なイメージを植え付けてしまいます。毎日使用する場所だからこそ、見た目にも清潔にしておきたいですし、身体が触れる部分でもあるのできちんと掃除を心がけてください。

また、石鹸カスは雑菌などの温床になることもあるため、衛生面においても綺麗にしておく必要があります。

石鹸カスが落としにくい原因

一般的に石鹸カスは、水垢よりも落としにくい汚れと言われています。その理由は、石鹸成分と金属成分の含まれた複合的な汚れであるからです。通常の浴室用洗剤では金属成分を落とすことが難しいため、日々の掃除をしていても中々落ちにくいのです。

また、一度落としても毎日使用する場所のため、すぐに新しい石鹸カスが発生してしまいます。その都度落とさなくてはいけないため手間もかかり、ストレスにもなりやすいです。そのため、普段からなるべく石鹸カスが発生しないように予防することも重要です。

予防方法は簡単で、浴室の使用後に毎日お湯で洗い流すだけです。目に見えにくい石鹸残りを洗い流すことにより石鹸カスを防ぎます。毎日の少しの手間が石鹸カス予防に重要になるのです。

石鹸カスは中和することで落としやすくなる

石鹸カスは上記の通りいくつかの種類に分けられますが、金属石鹸は主にアルカリ性、酸性石鹸は酸性の汚れになります。これらの石鹸を落としやすくするためには、それぞれに中和をさせることが重要です。

例えば、金属石鹸のミネラル成分は主にアルカリ性のため、アルカリ性を中和させる酸性成分の洗剤などを使用することで溶けだし、汚れが落ちやすくなります。逆に酸性石鹸の場合は酸性の成分が主になっているので、アルカリ性の成分が使用されている洗剤を使用することで中和させ、汚れを落としやすくします。

このように石鹸カスの特徴を把握しておき、それぞれにあった対処法を行うことで落としにくい石鹸カスの汚れを簡単に落とすことが可能になります。

金属石鹸に効果的な方法

金属石鹸を落とす際にはアルカリ成分を中和させるために酸性成分の洗剤を使用します。酸性洗剤は一般的なドラッグストアで購入することができます。

使用方法としては、スプレータイプなら石鹸カスに吹き付けてしばらく放置します。液状のタイプなら洗剤を染み込ませたキッチンタオルなどを石鹸カスに押し付けてしばらく放置するだけです。すると、石鹸カスのアルカリ成分が中和されて汚れが溶けて落としやすくなります。

また、市販の洗剤には界面活性剤が使用されていることがあり、肌に触れると肌が荒れることもあるので、他の方法としてお酢やクエン酸を使用する方法もあります。お酢やクエン酸を水と同量ずつスプレーボトルに入れて混ぜます。完成したスプレーを石鹸カスに吹き付けるだけでも同じような効果を得ることが可能です。

酸性石鹸に効果的な方法

酸性石鹸はその名の通り酸性成分が主になるので、アルカリ性の洗剤を使用しましょう。アルカリ性洗剤を酸性石鹸に良く馴染ませたあとに、水を含ませたスポンジなどでこすります。その後水で流せば汚れが落ちます。酸性石鹸は金属石鹸よりも落としやすいので、見つけたら早めにこの方法で落としてしまいましょう。

他にも、アルカリ性洗剤を使用する方法以外に重曹を使用する方法もあります。重曹は食品などにも使用されることもあるため、肌にも優しい成分です。重曹を酸性石鹸に良く馴染ませ、その後スポンジでこすり水で流します。

これらの方法で石鹸カスを落とすことが出来ますが、掃除する際には酸性洗剤とアルカリ性洗剤を混ぜないように注意しましょう。これらの洗剤を混ぜてしまうと有毒な成分が発生してしまう危険性があります。とても危険なため掃除をする時は片方ずつ重点的に行ってください。

カジタクの浴室クリーニングはコチラ