その捨て方正しい?灯油の正しい処分方法をご紹介!

灯油が余ったときに、どうやって処分したらよいのか知っていますか。間違った処分方法によって、火事や思わぬ事故につながることもあります。灯油を買いすぎてしまい使い切れなかったときは、次のシーズンまで保管することはできません。余った灯油の正しい処分方法を確認してみましょう。また、やってはいけない処分方法もご紹介します。

期間限定 エアコンクリーニング早得 2台以上のご注文で4,950円OFF!

タンクで保管した灯油は次のシーズンに使えるの?

灯油は少しずつ劣化します。シーズン中に使い切れる量だけを用意することが基本です。日本は湿度が高いため、変質しやすい環境にあります。また、夏の気温によって変質が進むでしょう。灯油が酸化すると不快なにおいが強くなります。

また、シーズンを超えて保管した灯油をヒーターで使用した場合、燃焼不良になることもあるでしょう。強いにおいが出たり、ヒーターが故障したりすることもあるため注意が必要です。灯油は保管せず、シーズン中に使い切るか処分するようにしましょう。

少量の灯油なら可燃ごみにできる自治体もある

ヒーターの灯油を入れる場所には、底に受け皿のようなものやフィルターなどがあります。その部分に残った量や、少量の残った灯油であれば、新聞紙や布にしみ込ませてから袋に入れて可燃ごみとして処分できることがほとんどです。

ただし、自治体によって違うこともあるため注意しましょう。地域によっては可燃ごみに出せず、販売店に引き取ってもらうようにルールが定められていることもあります。

また、クリーンセンターへの持ち込みはできないところのほうが多いため、必ず各自治体に確認してから処分するようにしましょう。可燃ごみとして出す場合は、燃えやすいため十分注意することが大切です。

ヒーターで使い切ることもかんたんでおすすめ

灯油ファンヒーターで、残った灯油を使い切ることも一つの方法です。洗濯物を部屋干ししているご家庭では、乾燥にも役立ちます。ヒーターが消えるまでつけっぱなしにするだけで灯油を使い切ることができる、かんたんな処分方法です。

給油のお知らせが出ても、消えるまで運転を続けましょう。一度消えても、数回オンにして運転します。オンにしても運転できなくなったら終了です。シーズンオフ前のお手入れとして、最後に残った灯油を使い切る方法が説明書に記載されているヒーターもあります。

換気をしながらヒーターをつけます。特に灯油がなくなる直前はにおいが出やすいため、こまめに換気をするように心掛けましょう。また、万が一、洗濯物が落ちたときを考え、ヒーターの近くには干さないようにすることも重要です。

大量に残ったときは灯油販売店や処分してもらえる業者に依頼

残りの灯油が多いときは、灯油を購入した販売店に相談してみましょう。利用した販売店以外でも、灯油を扱っているお店なら引き取ってもらえる可能性があります。

また、お店によって違いますがガソリンスタンドも持ち込み可能です。灯油販売店やガソリンスタンドは無料で持ち込みできるところもありますが、有料になるところもあるため確認しましょう。購入したときのレシートが必要になることも考えられるため、取っておくと良いです。

灯油販売店へ行く時間がない方や近くにない方、運ぶことに不安を感じる方は不用品回収業者に相談してみましょう。灯油を処分する専門業者に引き継いでもらえることもあります。必ず見積もりを確認してから依頼することが大切です。トラックに載せられる量など、家具などの不用品や粗大ごみと一緒に利用するための料金になっていることもあります。

また、拡声器で「不用品ありませんか」などと言いながら巡回している回収業者はおすすめしません。信頼できる業者かわからないところには依頼しないほうがよいでしょう。高額な費用を取られてトラブルになったケースもあります。

期間限定 エアコンクリーニング早得 2台以上のご注文で4,950円OFF!

灯油をこぼしたときはどうする?

灯油を処分するために作業していると、こぼしてしまうこともありますよね。灯油は気化しやすいため、少量ならそのままにしておきましょう。時間がたつと、灯油のにおいもなくなります。

ただし、近くで火の取り扱いをしないように注意しましょう。大量にこぼしてしまった場合は、清掃業者に相談することをおすすめします。業者がわからないときは自治体に相談しましょう。また、大量に流れてしまったときは、火の取り扱いに注意してもらうよう近所へ声をかけることも大切です。

灯油のやってはいけない処分方法とは

ポリタンクに入った灯油をゴミ集積所に出すことはできません。また、下水に流してしまうことも絶対にやめましょう。下水道の菅のなかで気化すると、引火して爆発を起こしてしまうこともあります。

下水管で爆発が起こるとマンホールが吹き飛び、大きな事故につながるかもしれません。下水管を壊してしまった場合は工事が必要になり、高額な損害賠償がかかります。下水処理場まで流れた場合も、灯油を浄化できないため処理場の機能が停止することもあるでしょう。

川に流すこともやってはいけません。水と混ざらないため除去作業に高額な費用が発生することもあります。また、自宅の庭だからといって、穴を掘って埋めることもやめましょう。土壌の汚染や生態系への被害も考えられます。

ゴミと一緒に燃やすことも、しないようにしましょう。火事になることも考えられるため大変危険です。流したり、埋めたりなどは、においによってご近所トラブルに発展するかもしれません。間違った処理方法は、懲役や罰金刑につながることもあるため注意しましょう。

余った灯油は正しい方法で処分しよう

少量の灯油であれば、新聞紙や布にしみ込ませて可燃ごみにできる地域もあります。かんたんに処分したい場合は、換気を心掛けながらファンヒーターで使い切ることもおすすめです。大量に残っているときは、灯油販売店などに相談しましょう。

下水や川に流したり、土に埋めたりすることは環境破壊や事故につながることもあります。灯油が余ったときは、正しい方法を選び適切に処分するようにしましょう。

期間限定 エアコンクリーニング早得 2台以上のご注文で4,950円OFF!カジタクの家事代行・整理収納はコチラ!

人気のオススメ記事はコチラ