鍋の焦げの落とし方!長年の焦げもこれですっきり

調理をしていてうっかり鍋を焦がしてしまったことはありませんか?慌ててたわしでゴシゴシ洗うのは大きな間違いです。鍋底を傷つけて取り返しのつかないことになってしまう可能性があります。放置しがちな頑固な鍋の焦げは実は簡単に落とすことができるんです。鍋によってはそれぞれ落とし方が異なりますので鍋ごとにおすすめの焦げの落とし方を紹介していきます。

すべての鍋に効果的な天日干し

鍋の焦げを落とす方法は重層を使ったり、お酢を使ったり様々です。しかし鍋によって使ってはいけない成分があるので注意しなければなりません。そこですべての鍋に効果的な焦げの落とし方を紹介します。

それは自然の力を使った天日干しです。天日干しの方法は日の当たる場所に水気を切った鍋を置き、鍋にこびりついた焦げをカラカラに干します。乾いたら木べらや箸で擦るだけなのでコストや労力もかかりません。

天気が良ければ2日間くらい干せば大丈夫ですが、曇っていたり、日照時間が短い時期だと少し足りないかもしれません。心配な方は一週間くらい干しておきましょう。ただし、長時間干す場合は雨に濡れないように気を付けてください。

焦げをカラカラに干すという点で空焚きでもいいんじゃないの?と疑問に思うかもしれませんが、鍋の素材によっては一気に熱を加えてしまうと逆に焦げを悪化させてしまう可能性があるので天日干しでじっくり乾かすのが有効です。

鉄製鍋の焦げの落とし方

鉄製の鍋はステンレス製やアルミ製の鍋と違い長く使えて、煮込み料理はしっかり味をつけられるので家庭にひとつあると手の込んだ料理ができますよね。しかし鉄製の鍋こそ焦げつきやすいんです。

鉄製鍋の焦げの落とし方は空焚きがおすすめです。一番焦げつきやすい鍋ですが、実はお手入れも一番簡単なんです。水洗いした鉄鍋を火にかけるだけです。カラカラになった焦げをヘラで落として完了です。

もしも外側の焦げが気になるようでしたら、重層を使うのがおすすめです。焦げを落としたい鍋より大きめの鍋に水をたっぷり入れます。コップ一杯の水に対し大さじ一杯という割合で重層を入れていきます。そして焦げ付いた鍋を入れて中火にかけます。沸騰後20~30分煮続けて火を止めて半日放置します。

最後に水で洗えば頑固な外側の焦げ付きはすっきり落ちます。

ステンレス製鍋の焦げの落とし方

ステンレス製の鍋には重層がおすすめです。今回はつけ置きより、もっと効果的に焦げを落とす方法を紹介します。

まずは焦げが気になるステンレス製鍋に水と重層を入れます。焦げた部分がかぶるくらいの水の量が良いです。重層はコップ一杯に対し、大さじ一杯の割合です。そしてそのままつけ置きではなく火にかけます。強火で一気に加熱するとモコモコと泡が立ってきます。

加熱し続けると今度は泡に黒々とした汚れが混じってきます。そうです、これが鍋にこびりついた焦げです。そして15分くらい経つとだんだんと泡が収まってくるので、ここで火を止め水で洗い流します。

初めはスポンジで優しく洗い、残った焦げは金属たわしでごっそり落とします。力を入れなくてもスルスル落ちていくので簡単です。

アルミ製鍋の焦げの落とし方

アルミ製鍋の焦げは一番厄介です。なぜならアルミ製の鍋は変色しやすく、焦げを落とした後でも黒ずみが残ってしまうからです。ここでは焦げだけではなく、残った黒ずみの落とし方も合わせて紹介していきます。

アルミ製鍋の焦げにはお酢を使ったお手入れがおすすめです。お酢ならどの家庭にもある調味料なので材料を買いに行く必要がなく便利ですよね。落とし方は焦げがつかるくらいまで鍋に水を入れます。そこに大さじ二杯のお酢を入れ火にかけて沸騰させます。鍋底の焦げが柔らかくなるまでぐつぐつ煮ていきます。あとは木べらで擦れば簡単に焦げがとれます。

そしてアルミ製鍋の黒ずみにはクエン酸が効果的です。鍋の底に水をはり、小さじ二杯のクエン酸を入れます。そして中火で15分ほど煮込めば綺麗に黒ずみが落ちます。クエン酸がなければ食品で代用することも出来ます。クエン酸が多く含まれる代表的な食品はレモンや梅干しです。お酢と同様にどの家庭にもある食品なのでぜひ試してみてください。

長年放置した焦げは落とせるの?

ここまで種類別の焦げの落とし方を紹介してきました。さっそく実践してみようと意気込む方も多いでしょう。しかし、長年放置してしまった鍋の焦げ付きは落とせるの?と心配になりますよね。長年の頑固な汚れでも紹介した方法できれいに落とせるので安心してください。

長年の頑固な焦げ付きを落とすには紹介した方法にひと手間加えてあげると綺麗に落ちます。それは放置してしまった分、重層やお酢を火にかける時間を長めにしてじっくり焦げを浮かせることです。

もうワンポイントとして火を止めて1~2時間つけ置きしてから水洗いすると焦げがとれやすくなりますよ。長年の積み重なった焦げには時間をかけて落とすことが大切です。時間が経っているからもう無理だろうと諦めて新しい鍋を購入する前にまずは試してみてください。

こまめなお手入れを心がけましょう

焦げを気にすると調理中神経質になってしまったり、どうしても調理の幅が狭まってしまいますよね。しかし焦げの落とし方を知っておくと安心して調理ができます。どの家庭にもある調味料や食品で落とすことができるので慌てる必要もありません。焦げが気になっていたけど諦めていた方はすぐに実践できるのでぜひ試してみてください。

ただし鉄製、ステンレス製、アルミ製によって落とし方や使うものも違いますのでお持ちの鍋にぴったりな方法で落としてくださいね。

もちろんこまめにお手入れしてあげることによって衛生的にも良いですし、鍋のもちも変わってきます。焦げ付いた鍋よりピカピカの鍋で調理した方が気分も上がりますよね。天日干しやつけ置きなど放置しておくだけでいい方法もありますので、いつものお掃除の合間に鍋のお手入れをすることもおすすめします。

カジタクのキッチンクリーニングはコチラ!