肌トラブルに繋がる恐れも!コスメの使用期限を確認して正しく使おう

メイクボックスにある化粧品の中には、いつ買ったか思い出せないようなものがあるかもしれません。特に季節ごとに使い分けている化粧品やアイシャドウなどのポイントメイクの化粧品は、使いかけのまま残ってしまいがちです。こういった化粧品はいつまで使えるのでしょうか。この記事ではコスメ別の使用期限や正しい化粧品の保管方法について紹介します。

基礎化粧品やベースメイクの使用期限

化粧品の使用期限はアイテムだけでなく、リキッドやパウダーなどタイプによっても異なります。まずは化粧品やタイプ別の使用期限の目安をみてみましょう。

#基礎化粧品は1年が目安

化粧水、乳液などのスキンケア化粧品は使用期限が記載されているものが多く、長くても1年程が一般的です。開封後は空気に触れて変質しやすいので、6カ月を目安に使い切るといいでしょう。

基礎化粧品を夏用、冬用に分けている方は、次のシーズンまで持ち越して使わないように注意が必要です。日焼け止めも前の年のものは、劣化していることがあります。使用期限内であっても、変色、臭い、沈殿物が発生したり、肌にのせたときに刺激を感じたりする場合は使用するのをやめましょう。

#ファンデーションは6ヵ月から1年

パウダーファンデーションの使用期限は1年が目安です。表面に皮脂の塊がでてきたら劣化しているので使用を控えましょう。水分量が多いリキッドファンデーションはパウダーファンデーションより劣化が早く、開封後は6ヵ月を目安に使い切ることがすすめられています。分離や変な臭いがするようになったら、劣化しているので要注意です。下地やコンシーラーなども6ヵ月を目安にしましょう。

ポイントメイク別の使用期限

#アイシャドウ

パウダータイプのアイシャドウは1年から2年程使うことができます。ただし古いと発色が悪くなるので、きれいにメイクするためにも長く使うのはおすすめできません。表面が変色したり固まったりしたら使用を控えます。リキッドタイプのアイシャドウは劣化が早いので6ヵ月が目安です。

#アイライナー

リキッドタイプかペンシルタイプで使用期限が異なります。リキッドタイプは3ヵ月以内に使い切るのが理想的です。ペンシルタイプは水分量が少なく、表面は使うたびに削られるため清潔さが保ちやすくリキッドタイプより長持ちします。1年以内に使い切ればいいでしょう。

#マスカラ

マスカラは目元で使うものなので、特に気を付ける必要があります。3ヵ月以内が目安です。

#チーク

チークは頬に軽くのせる程度なので、肌へ触れることが少なく使用期限が長めなことが特徴です。2年を目安に使用できます。しかし直接手でとって塗るクリームタイプやリキッドタイプは、変質しやすいので注意しましょう。直接チークに触れる場合は6ヵ月以内で使用することをおすすめします。

#口紅・リップ

唇に直接塗る口紅やリップ類は雑菌が繁殖しやすいので、使用するのは3ヵ月から6か月以内にした方がいいでしょう。唇は荒れやすくデリケートな部分なので特に注意が必要です。塗った後に唇に刺激があるなら、すぐにオフして使用するのをやめましょう。

使用期限を過ぎた化粧品を使うとどうなる?

使用期限を過ぎた化粧品は酸化し、品質が変化してきます。使用済みのものであれば、直接触ったり、ブラシやチップが触れたりすることで、菌が入り込んで雑菌が繁殖する恐れがあるでしょう。

雑菌が繁殖して変質した化粧品を肌につければ、肌荒れ・ニキビなどの肌トラブルを招いてしまうかもしれません。またマスカラやアイライナーのように目元の化粧品は雑菌が目にはいってしまう危険もあります。使用期限が切れた化粧品を使い続けることはとても危険です。

化粧品には使用期限が記載されていないものも多くあります。薬事法で使用期限を記載するように義務付けられているのは、3年以内に品質が変わるおそれのあるものだけだからです。使用期限が書かれていない化粧品は、3年は品質が保たれるということになります。しかしいつまでも使い続けられるわけではありません。3年というのは未開封で、きちんと保管されていた場合です。一度使った化粧品は使用期限の目安を守りましょう。

化粧品の正しい保管方法

使用期限内であっても、化粧品が傷んで使えなくなってしまうことがあります。そうならないよう、化粧品は正しく保管しましょう。大切なのは、コスメの表面を清潔に保って雑菌を繁殖させないことです。

ブラシやチップを使用してなるべく直接ふれないようにします。スポンジやチップは定期的に洗うようにしてください。直接ふれなければいけないときは清潔な手でさわるようにします。

化粧品は空気に触れる時間が長いと酸化が進んでしまいます。使用後はフタやキャップをしっかりしめるよう意識することが大切です。メイク中も、開けっぱなしのまま置いておかないよう気を付けます。毎日の積み重ねで化粧品の保存状態が変わってくるでしょう。

使用期限を守って化粧品を使おう

高い化粧品やお気に入りのアイテムは、いつまでも使っていたくなるかもしれません。しかしどんな化粧品にも使用期限があり、使用期限を過ぎた化粧品は品質が落ちてきます。美のためのアイテムのはずの化粧品が、肌トラブルの原因になってしまうリスクがあるのです。コスメ別の使用期限をしっかり守り、きれいになるためのメイクを楽しみましょう。

カジタクの家事代行・整理収納はコチラ!