浴室に潜む嫌なカビを徹底除去!浴室のカビ対策とお掃除方法とは

綺麗で清潔感のある浴室

毎日お掃除をしているのに、気付けば浴室内にカビが!?という経験をしたことのあるご家庭は多いと思います。全身を綺麗に洗い流す場なのに、カビが生えていたら気持ちよく入浴できないですよね?そんなご家庭の為に、浴室に潜むカビ対策とお掃除方法をご紹介していきますね!

お掃除方法

酢や重曹などお掃除に使う道具

カビ取り用洗浄剤

  1. カビ取り用洗浄剤20mlに対して水80mlを混ぜ合わせます。
  2. 入浴後、浴室内前面に1をスプレーします。
  3. 一晩そのまま放置しましょう。
  4. 翌朝、水で洗い流して乾燥させれば終了です。
    ※洗い流した後は必ず換気し、浴室内を乾燥させましょう!

  1. スプレーボトルに、酢と水を1:4の割合で入れ混ぜます。
  2. カビが発生した箇所に、1をスプレーします。
  3. そのまま数時間放置します。
  4. 数時間経ってから、使い古しの歯ブラシで丁寧にカビを擦り落とします。
    ※力を入れすぎるとパッキンを痛めることがあるので、擦り過ぎに注意しましょう!
  5. 水で洗い流して乾燥させれば終了です。

頑固なカビには

浴室の壁に洗剤をスプレーしている

酸素系漂白剤と洗濯用洗剤

  1. 市販の酸素系漂白剤と洗濯用洗剤を、同じ分量で混ぜ合わせます。
  2. 1で作ったペーストを、カビの気になる箇所に擦り込み、1時間ほど時間を置きます。
  3. 時間が経ったら、使い古しの歯ブラシでカビを優しく擦ります。
  4. 綺麗に洗い流して、乾燥させれば終了です。

酢と重曹

  1. スプレーボトルに、酢と水を1:4の割合で入れ混ぜます。
  2. カビの上から、重曹を振りかけます。
  3. 酢と重曹が反応し、二酸化炭素が発生します。
    ※ここで発生した炭酸ガスは、人体に影響はないので安心して下さい!
  4. この上から1をスプレーします。
  5. 1時間ほど時間を置いて、使い古しの歯ブラシでカビを擦り落とします。
  6. 水で洗い流して、乾燥させれば終了です。

カビ対策

木の入れ物に入浴セットが入っている

  • まずは、普段からこまめにお掃除することが大事です。
  • 入浴後にはシャワーで、壁や床・洗面器、椅子など浴室内にあるもの全てに水をかけて、飛び散っている汚れを流し落としましょう!
  • 入浴後には最低3時間は窓を開けて通気させるか、翌朝まで換気扇を回し続けて浴室を乾燥させましょう!
  • シャンプーなどのボトル・化粧品・ボディスポンジなどは、カビの住みかとなりやすいのです。なので、できるだけ浴室には物を置かないようにしましょう。入浴する時に持ち込む“入浴セット”を用意することで、浴室に置きっぱなしにならず、カビの住みかを少なくすることができますよ!

最後に

  • 浴室は、防カビしていてもカビが生えやすい場所なので、定期的な除カビでカビの繁殖を防ぎましょう。
  • 浴室を乾燥させる前に、壁や窓をスクレーパーなどで水切りしておくとスムーズに乾燥し終わりますよ。
  • 浴室内を擦り洗いする時は、パッキンなどを傷めることがあるので、力を入れず優しく擦りましょう!
  • どうしても取り除けない浴室のカビは、プロのクリーニングにお任せ下さい!

カジタクの家事代行・整理収納はコチラ!