優先すべきは母体の休養と育児。産後の家事を乗り切る方法とは

新生児とお母さん

短いようで長く感じる妊娠期間も終わり、ようやく赤ちゃんに会えて喜びいっぱい♪可愛い我が子の誕生を喜びたいところですが、大変だと思うことも増えてきます。慣れない赤ちゃんのお世話が始まるだけでも大変なのに、さらに家のことまで!でも、産後の身体は思うようにいかないですよね。そんな時、家事はどのように行えばいいのでしょうか?

動くのが辛い産褥期

赤ちゃんを抱っこしている女性のお腹

産後の身体の状態を産褥期と呼びます。妊娠や分娩によって変化した身体(とくに子宮)が、妊娠前の状態に戻るまでの期間のことです。この期間は通常6~8週間くらいと言われています。妊娠で大きくなった子宮は、徐々に小さくなり約6週間で元に戻ります。この産褥期には悪露という分泌物が出たり、赤ちゃんに母乳をあげるために乳房が張ったり、痛みを感じたりします。この産褥期をどう過ごすかで、ママの身体の回復スピードが大きく変わってくると言っても過言ではありません。

産後うつ

落ち込んでいる女性

産後、数週間~数か月、待ちに待った赤ちゃんに会えたはずなのに、わけもなく涙がポロポロ出ることもあります。それは、出産によって体の中のホルモンバランスが大きく変化するからです。「育児に自信が持てない」「育児をする気力がない」心のSOS。不安な気持ちになるだけじゃなく、食欲不振や不眠になってしまうこともあります。このように産後は、自分の意志だけではどうにもならない極限状態になってしまうことも多々あるのです。

床上げ

布団で寝ている女性

出産後、徐々に元の生活に戻り家事などをし始めることを床上げと呼びます。昔は床上げまで、今よりもだいぶ厳しかったようです。産後一カ月は水を触らない、重たいものは持たない、本やテレビなど目を使うものは見ない。産後、持っていい重さは赤ちゃんまでと、言われています。そして、今じゃとても考えられないのは、一カ月は洗髪しない、です。そこまでしなきゃいけないほど、産後の身体は弱っているということです。でも、今は核家族も増え、すぐに元の生活に戻らなければならない状況も多いですよね。そこで、今は産後2週間~体調に問題がないとき、じょじょに家事を再開していくことも多く、負担のない動きは子宮の戻りを早くしてくれる効果にもつながります。ですが、「決して無理のない範囲で」が絶対条件です。

産後の家事

洗濯機の前に置かれた洗濯カゴ

家事を再開と言っても、普通の人と同じようにできるようになるのはまだ先の話です。今の時期は、簡単な動作で負担の少ない家事をします。

  • 洗濯物を畳む
  • お皿や箸を拭く
  • モップで軽く掃除する
  • 短時間でできるご飯支度

くらいの、もしかしたらお子さんでもできるかなという軽めの家事です。今の時期は、赤ちゃんのお世話が優先なので、心や体力に 余裕があるときにだけやるようにします。旦那さまや、お母さんに任せっきりで申し訳ないと思っても、まずは身体を元の状態に戻すことが一番の仕事です。

産後の家事はとことん手抜きでOK

栄養バランスの良いお弁当のアップ

長くとも8週間もすれば、普通の生活に戻れる人が多いと言われています。旦那さまのために早く普通の生活に戻りたい、気分転換に買い物に行きたいなど、いろいろな思いがあると思います。ですが、昔から言われることには、やはりそれなりの理由があり、できる限り守りたいものです。今無理をしてしまっては、後々自分の身体にはね返ってきます。そうならないために、今だけは手抜き家事でもいいのではないでしょうか。

食事

まずは、短時間でできる汁物やおかずから始めます。あまり手をかけずにできる鍋や煮物は、野菜もたくさん摂ることができるのでオススメです。足りないものは、お惣菜やお弁当で補うことも良いですね。今はコンビニ弁当でも栄養バランスが良く作られているものが多いので不足しがちな栄養も摂ることができますよ。

掃除

掃除機や軽く負担のないモップ、フローリングワイパーなどがオススメです。気になったときに、サッと一拭き。身体に大きな負担もなく出来ますね。水はまだ触らない方が良いので、水を使う掃除はお休みの日などに旦那さまにやってもらいましょう。

洗濯

濡れた洗濯物を運ぶのは、この時期は避けましょう。冷たい洗濯物を触り、干すこともなるべくなら控えたほうが良いです。畳む作業は座ってでもできるので進んでやりましょう。乾燥機つきの洗濯機なら、一人でも全部できそうですね!

家事代行サービス

掃除機をかける女性

産後のお母さんに必要なこと、優先順位をつけるなら、お母さんの休養、回復と赤ちゃんの世話が第一です。家事などは、二の次として考えます。本来なら、休養と育児だけに専念できる環境が一番ですが、そうもいかない場合も多いです。そんなとき、おすすめしたいのが「家事代行サービス」です。産後の身体と相談しながら、定期的に来てもらってはどうでしょうか?家中の掃除やご飯支度、買い物まで気になっていることが何でも頼むことが可能です。いつも旦那さまにばかり負担かけて申し訳ないというときにも、家事代行なら気軽に頼むことができますね。産後の家事代行サービスは、妊娠、出産を経験している方が多いので、育児の相談や、相談相手にも一役かってくれそうです。家事は「できるときだけやる」くらいの気持ちでいてください。

最後に

産後の身体。本当にもろく弱っている状態です。これくらい大丈夫と、軽く考えては後々自分の身体にガタがきてしまいます。出産に耐えた自分の身体をぜひ労わってください。そして自分のペースをつかむまでは、無理のないように。赤ちゃんとともに、元気に過ごせるのが家族にとってもお子様にとっても一番大切なことですよ。

カジタクの家事代行・整理収納はこちら!