ワイシャツのアイロンがけマニュアル! 自宅でクリーニングの仕上がりを

シャツ

毎日着ているワイシャツ、お洗濯はどうしていますか?
クリーニングに持って行くと、時間も費用もかかります。自宅で洗濯をしている人も多いのではないでしょうか。
ワイシャツを自宅で洗濯したとき、クリーニングの仕上がりと一番差が出るのは、アイロンがけです。つまり、上手なアイロンがけをマスターすれば、自宅でもクリーニングと同じようにワイシャツを仕上げることができるのです!
今回は、ワイシャツをクリーニング仕上げにする、アイロンのかけ方を紹介します。
ぜひチャレンジしてみてください!

 

ワイシャツのアイロンがけ手順

アイロンとシャツ

アイロンを掛け始める前に、ワイシャツの状態をチェックします。
細かいしわがあれば、手で生地全体を押さえて伸ばします。生乾きであればそのままで構いませんが、完全に乾いたワイシャツの場合は霧吹きで全体に水を吹きかけて湿らせましょう。
取扱い表示でアイロンの温度と当て布の有無を確認したら、アイロンスタートです。

①襟

襟は、ワイシャツを着たときに一番目につく場所です。丁寧にかけていきましょう。
しわが入ってしまっても目立たないよう、裏側からかけ始めます。
右手でアイロンを持ち、襟の右端から中央に向かってかけます。左手は襟の左端を引っ張り、しわが伸びるようにしましょう。同じ要領で、右端を引っ張りながら左端から中央に向かってアイロンをかけます。終わったらひっくり返して、表側からも同じようにアイロンをかけましょう。アイロン初心者で、襟の表側にしわが寄るのが心配な時は裏からのみでも大丈夫です。

②肩

襟を立て、アイロン台の角に広げて左右順番にアイロンをかけます。肩と襟の境目など細かいところはしわになりやすいので、アイロンの先端を使って丁寧に作業しましょう。

③袖口

裏側から先にアイロンを掛けます。袖口を広げ、襟と同じ要領で端から中央に向かってかけましょう。裏が終わったら表からもかけます。最後にタックを整えて、上から押さえてしっかり折り目を付けます。

④袖

ボタン側を上にして、袖口から肩に向かって掛けます。まず、縫い目からかけましょう。ボタンやタックの周辺は、アイロンの先で細かく丁寧に仕上げます。

⑤右前身ごろ(ボタン側)

右前身ごろのみアイロンをかけられるよう、アイロン台の角を利用して広げます。アイロン全体を使って、きれいにしわを伸ばしましょう。ボタンとボタンの間も忘れずにかけてください。

⑥後ろ身ごろ

アイロン台に広げ、左右半分ずつアイロンをかけます。背中にタックがあるワイシャツは、手で形を整えて上から押さえて折り目を付けましょう。

⑦左前身ごろ(ボタンホール側)

左前身ごろのみアイロンをかけられるよう、アイロン台の角を利用して広げます。アイロン全体を使ってきれいにかけましょう。ポケットも形に気を付けてアイロンがけをします。

⑧整え

ボタンを閉めて形を整え、最後に肩の部分を上から押さえて折り目を付けたら完成です。

 

仕上げるコツ・ポイント

アイロンとシャツ2

アイロンは片手で持つには重さもあり、思わぬところにしわが入ってしまったりします。アイロン初心者でも上手にアイロンをかけるコツを見てみましょう。

  • アイロンをかけるときは、アイロンの後ろ側に重心を乗せまっすぐに動かすと、スムーズに動かせます。
  • アイロンを持っていない方の手で生地を引っ張り、しわを伸ばしながらアイロンがけをすると、ピンときれいに仕上がります。
  • 細かいところから広いところ、という順番でアイロンがけをすると、効率よく作業を進められます。

畳み方の注意点

アイロンをかけたばかりのワイシャツは、余熱でしわが付きやすい状態です。30分以上はハンガーに掛けて熱を取り、冷めてからたたんでください。

まず、全てのボタンを留めてから、裏返して広げます。
左側の肩幅の真ん中で、後ろ身ごろを折り返します。袖の付け根から、シャツの中心と平行になるように袖を折り曲げます。右側も同じように、折り曲げましょう。縦長の長方形になります。
最後に裾を袖口と一緒に折り、残りを二つ折りにして完成です。

保管方法

シャツ2

たたみ収納の良いところは、余計なしわが付かないこととほこりからワイシャツを守れるところです。たたんだワイシャツを重ねてしまうと、手持ちのワイシャツの種類が分からず選ぶのに時間がかかってしまいます。重ねずに収納するようにしましょう。

たたんだワイシャツを一枚ずつしまうためには、浅型の引き出しが便利です。百円ショップで売っている、書類整理BOXを活用しても良いですね。

クリーニングのような仕上りにするには

ワイシャツのアイロンがけは、面倒臭くなってついついササッと終わらせてしまうこともあるでしょう。しかし、クリーニングのような仕上がりにするには、ほんのひと手間がとても大切です。

例えば、霧吹きで湿らせたり、引っ張りながらアイロンをかけたり、たたむ前に冷まし時間を入れたり。毎日の仕事を陰ながら支えてくれるワイシャツへの感謝をこめて作業し、クリーニングでの仕上がりを手に入れましょう!

カジタクの宅配クリーニングはコチラ!