ジャンパーは洗濯機で洗って平気? 洗濯方法から干し方まで

冬に活躍するアウターとして定番のジャンパー。暖かくなってタンスにしまう前に、冬の間についた汚れやにおいを落としておくと、来年も気持ちよく着られます。クリーニングに出してもいいのですが、実はもっとお手軽に洗濯機でも洗えるんです。でも具体的にはどう洗ったらいいのかわからないという方のために、ジャンパーを洗濯する時に気を付けるべきポイントを解説します。

ジャンパーを洗う前に確認すること

洗濯表示の確認

ジャンパーを洗濯機で洗おうとする時、まず始めに行わなければならないことがあります。それは、洗濯表示の確認です。ジャンパーの左内側についています。このタグには、洗濯機で洗えるのか、あるいは手洗いするべきなのか、またどのような洗剤を使うべきなのかなど、具体的な洗濯方法の指示が書かれています。この洗濯表示通りに洗濯すれば、縮んだり、傷んだりすることなく、きれいに汚れを落とすことが出来ます。水を通さないナイロンのジャンパーであっても、水洗い不可の表示がなければ洗うことが出来ますので、まずは確認してください。

使う洗剤の確認

また、使う洗剤にも注意が必要です。洗剤には一般的に、アルカリ性のものと中性のものがあります。アルカリ性の洗剤は洗浄力が強いのですが、衣服によっては生地を傷めてしまうことがあります。ジャンパーを洗う時には、中性洗剤を使うようにしてください。他に、漂白成分が入った洗剤もありますが、そういったものはジャンパーの色を白っぽく変色させてしまう可能性があるので、使わないようにしましょう。ジャンパーの生地を傷めず洗濯するためには、漂白成分の入っていない中性洗剤を使用することが大切です。

洗濯機で洗う方法

洗濯機で洗濯できる場合、気をつけるべきなのが型崩れです。それを防ぐために、ジャンパーをきちんと折りたたみ、洗濯ネットに入れてから洗うようにしてください。さらに、弱めのコースで洗うとジャンパーへの負担が軽減され、型崩れを防ぐことが出来ます。洗濯機のコースを変更出来ない場合は、時間を短めにすると効果的です。また、脱水時間も、長時間だと生地を傷めてしまうので、短めに設定してください。

手洗いの方法

そして、手洗いで洗う場合ですが、洗濯機と違って型崩れを心配する必要がないので、普通の服と同じように、たらいなどにお湯と洗剤を入れて洗うことが出来ます。この時、全体を優しくもみ洗いするよう心がけてください。あまり強く押してしまうと生地を傷めてしまいます。また、手洗いで重要なのがすすぎです。洗剤成分が残っていると変色することがあるので、洗剤がジャンパーに残らないようにしっかりすすいでください。

洗い終わったら絞らず、脱水機にかける事も大切です。手でジャンパーを絞ってしまうと、生地を傷めたり、型崩れしたりすることがあります。ダウンジャンパーの場合は、中の羽毛が偏ってしまう原因にもなります。次からもきれいに着るために、脱水機を使ってください。この時もネットに入れ、短めの時間に設定しましょう。

干し方

洗濯表示の指示を確認

洗濯が終わった後の干し方ですが、基本的にジャンパーについている洗濯表示の指示通りに干すのが一番です。干す時にも、確認してみてください。一般的には、直射日光のあたらない風通しのいい場所で干すと、変色することなくきれいに乾かすことが出来ます。

ダウンの場合は短時間乾燥

また、ダウンジャンパーの場合、生地がペタンコになってしまうのが気になりますが、それを防ぐためには短時間で乾燥させることが必要になります。冬はなかなか洗濯物が乾きにくい季節なので、エアコンの近くやヒーターの近くで乾かすと早く乾きます。浴室に乾燥機がついている場合は、それを利用する方のも良い方法です。短時間で乾かしても中の羽毛がよれてしまった場合は、羽毛の位置を調整しながらほぐしていくとふわふわ感が復活します。

また、干すときに形を整えることで、型崩れもなくなり、次回からもきれいに着られるようになります。アイロンに関しては、かけられるものとかけられないものがあるので、こちらも洗濯表示を確認してください。

染みがついた時の対処方法

ジャンパーを洗う時は、生地を傷めないように中性洗剤を使うことが大切だと、先ほど述べました。ですが、アルカリ性洗剤に比べると中性洗剤は洗浄力が弱めです。そのため、ジャンパーに染みがついてしまい、それを落としたい場合は、別の対処方法が必要です。

洗濯機で洗えるものの場合は、その時に使う中性洗剤の原液を染みに直接塗布し、なじませてから洗濯してください。手洗いで洗うジャンパーの場合も、洗剤を直接塗布してなじませてから洗うことが出来ますが、あまり強く手でもみ洗いすると生地を傷めてしまいます。この方法で落ちない場合は、固形石鹸を使う方法があります。最初にジャンパーを湿らせて染みに固形石鹸を塗り、水で薄めた中性洗剤をスポンジにつけて、それで全体を優しく擦ります。この方法なら生地を傷つけず染みを落とすことが出来ます。

最初にも述べたとおり、漂白剤は変色の原因になりますので、使わないでください。染みが出来てしまったら早めに落とすよう心がけ、擦って落とすのではなく、洗剤の力で落とすようなイメージで洗うようにしましょう。

カジタクの宅配クリーニングはコチラ!