アイロンがけ不要?アイロンがけしてもいい?形状記憶シャツを徹底解明

シワになりにくく、アイロンの手間も必要ないと評判の形状記憶シャツはビジネスマンに人気のアイテムです。しかし、アイロンがけの必要は本当にないのでしょうか。もしアイロンがけをしたいと感じた場合、アイロンをかけても大丈夫なのでしょうか。そこで今回は形状記憶シャツとアイロンについて詳しく説明し、シワなく仕上がる洗濯の方法もあわせて紹介します。

ノーアイロンシャツってどんなもの?

ノーアイロンシャツというのは形状記憶シャツとも呼ばれ、洗濯をしてもシワができにくくアイロンの必要がないシャツのことです。一般的に綿素材のシャツというのは乾燥している状態であれば多少揉まれても元に戻ることができますが、洗濯などで水を吸収してしまうと元に戻る力を失ってしまいます。水を吸収した状態で脱水し、そのまま乾燥させると綿は元の状態に戻れずシワになってしまうのです。シワになってしまったシャツはアイロンがけが非常に面倒であるため、アイロンがけを任される多くの主婦を悩ませてきました。

そんな悩みを受けて登場したのがシワになりにくい形状記憶シャツです。形状記憶シャツが登場した当時にはほとんどの形状記憶シャツはポリエステル素材のものでした。

ただ、ポリエステルは汗を吸収しにくいといった理由から、最近では綿100%の形状記憶シャツも登場しています。この綿100%の形状記憶シャツはシャツの生地に特別な加工を施しシワになりにくいようにしてあるものです。言い換えれば綿をポリエステル風に加工し、シワになりにくいシャツを作り上げています。形状記憶シャツに施されている特殊加工にはSSP加工とVP加工などが代表的です。SSP加工では生地を液体アンモニアと樹脂で加工してから縫製し高温で熱処理したものであり、VP加工では縫製後にホルマリンガスを吹き付けます。

その他にもポリエステルを混紡下した綿やレーヨンに樹脂加工をしたものや、それらに熱処理を加えたものなど様々な種類があります。

本当にアイロンがけは必要ない?

アイロンがけの必要がないと言われている形状記憶シャツですが、本当にアイロンをかけなくてもいいとは言い切れません。というのも形状記憶シャツというのはシワになりにくい製品であるため、全くシワにならないとは言えないのです。そのため実際に形状記憶シャツを着ている人の多くは、仕上げに少しはアイロンをかけたほうがパリッとすると感じています。

ただ、シワが気になるかどうかというのはあくまでも個人の好みであるため、よりパリッとさせたい場合には軽くアイロンをかけるといった人が多く見られます。また、形状記憶加工は永久に保たれるわけではありません。着用と洗濯の頻度によって形状記憶効果は薄れてしまいますので、頻繁に洗濯する場合にはアイロンがけをする必要も出てきます。それでも一般的な綿のシャツに比べてアイロンがけにかかる手間は少ないといえるでしょう。

アイロンを使う際は注意

アイロンを使用する際には襟や袖、前立てなどの厚手になっている部分や生地が重なり合っているところは気をつけないといけません。というのも、そういった部分は洗濯によって「ぶくつかない」ように樹脂接着がされています。もしそのような部分に高温のアイロンを変えてしまうとせっかく接着してある部分が剥がれてしまう原因にもなりますので注意しましょう。アイロンの温度は取り扱い絵表示を確認し、指定された温度で仕上げることも大切です。なるべく中温を心がけ、気になる部分にさっとアイロンをかける程度でパリッとしたシャツに仕上がります。

シワにならない洗濯方法と干し方のコツ

形状記憶シャツは洗濯方法によってもシワになりにくさに違いが出ます。まずは洗濯表示を確認し生地に合った温度と洗剤を選びましょう。

洗濯機に入れる前に

洗濯機に入れる前に汚れが付きやすい襟や袖の汚れを落としておくことも大切です。その後、洗濯ネットに入れますが、ネットは中でシャツが動きにくい大きさのものを選びます。というのも形状記憶シャツはシワの形状も記憶してしまいますので、ネットの中でシャツが動いくとシワの形状を覚え、シワができやすいシャツになってしまいます。

また、シャツの前ボタンを3カ所ほど留めておくと、シャツが動いてしまうのをさらに止めることも可能です。後は洗濯機で他の洗濯物と一緒に洗いましょう

濡れ干しする

洗いあがった形状記憶シャツは脱水をせず「濡れ干し」を行います。雫がたれるほど濡れている状態で干し、水分の重みでシワを伸ばすのが正しい方法です。もし雫がたれるのが気になるという場合には30秒程度脱水をかけてもいいでしょう。

干す際にはハンガーにかけ、上下左右に引っ張りシワを伸ばしながら干します。パンパンと叩いてシワを伸ばすのも効果的であると言えるでしょう。ハンガーは針金ハンガーなどの小さく細いものではなく、シャツの肩幅くらいの幅がある大きいサイズを選びます。袖や本体の重みが効率よくシャツ全体にかかるように少し厚みがあるハンガーもシワを伸ばすのに効果的です。

そういったハンガーを利用することで水の重みを利用してシワを伸ばす形状記憶シャツの性質を最大限に発揮できます。また、干す場所は洗濯表示に従いますが、ほとんどの製品で陰干しが推奨されていますので確認しておきましょう。

宅配クリーニングに任せる方法もある

洗濯をする時間がない、面倒くさい、という方には宅配クリーニングがオススメです。自宅に専用回収袋が届くので、そこに洋服を詰めて送るだけで、クリーニングされた洋服が返ってきます。
カジタクの宅配クリーニングはコチラ!