家でも出先でもどこでもできる!コーヒーの染み抜き方法

ついうっかりシャツにコーヒーをこぼしてしまった!そんなピンチの状況を経験した方も多いのではないでしょうか?特に出先の場合、すぐに洗濯できないので不安ですよね。しばらく時間が経過してしまった染みはどう落とせばいいのでしょうか。今回はそんな出先でもできる染み抜きの方法について解説します。この記事で染みも不安もきれいさっぱり落としてしまいましょう!

コーヒーの染みの成分とは?

実際に染み抜きをするときには、まずその染みがどんな成分であるか知らなくてはいけません。そのため、まずはコーヒーの染みがどのような成分なのかについて説明していきます。

コーヒーの染みは水溶性

そもそも染みの成分としては、いくつか種類が存在し、代表的なものとしては、水溶性や油性などがあります。水溶性は水に溶けるため、すぐ対応できれば水と洗剤で大半の染みを落とすことができます。実はコーヒーの染みは水溶性なので、もしこぼしてしまっても素早い対応ができればキレイに落とすことが可能です。

素早い対応がカギ

しかし、もしコーヒーの染みを長時間放置してしまうと、色素がシャツに沈着してしまい染みを落としにくくなってしまいます。そのため、できるだけ放置しないよう注意しましょう。

染み抜きをする前の確認事項

コーヒーの染み抜きを行う前に確認しておかなければならないことがあります。それが色落ちのテストです。もし染み抜きの段階でシャツの色が落ちてしまったら、結局着ることができなくなってしまいますよね。そんな結果にならないためにも、必ず色落ちテストを忘れないようにしましょう。

色落ちテストのやり方

色落ちテストのやり方としては、まず白いタオルを用意して洗浄液を付けます。その後、シャツの目立たない部分をタオルで軽く叩いてみて、色がつくかどうかを確認します。これで色落ちテストは終わりです。とても簡単ですよね。

もしこれで変色してしまったり、色褪せてしまった場合には、自分で染み抜きをすることは難しくなります。そのため、クリーニング店にお願いした方が安心です。

コーヒーの染み抜き(応急措置編)

もし出先でコーヒーをシャツにこぼしてしまった場合、できるだけ早く応急処置を行うようにしましょう。ここでは、出先でも簡単に行うことができる方法について紹介します。

たたいて拭き取る

まず手持ちのハンカチやティッシュなどで、コーヒーの染みをポンポンと軽くたたいて拭き取ります。この時、染みをこれ以上広げないためにもできるだけこすらないようにしましょう。その後染みの部分の裏にハンカチなどを敷き、水を含んだティッシュで服の上から叩きましょう。これによって下に敷いたハンカチに汚れを移すことができます。

放置せず、すぐにやろう

以上の方法を実践することで、かなり染みを薄くすることができます。また、そのまま放置しておくよりも後の処置が楽になるので、ぜひ応急処置を忘れないでくださいね。また、応急処置の場合は色落ちテストの必要もないため、その点は安心してください。

コーヒーの染み抜き(自宅編)

ここでは中性洗剤を用いた染み抜きについて紹介していきます。もし出先でも洗剤があるなら実践できるので、参考にしてください。

用意するものと染み抜きの方法

まず用意しなければいけないものが、中性洗剤とハンカチ(タオル)の2点です。まず最初に色落ちテストをしましょう。先ほど述べた方法を参考に、色落ちの心配がないか確認してください。

そして、染みの部分に中性洗剤を直接つけて揉みほぐしましょう。もし汚れがひどいような場合には、洗剤をつけた後しばらく放置すると染みが落としやすくなりますよ。染みが十分に落ちたと感じたら、水またはぬるま湯ですすぎましょう。

もし染みを完全に抜くことができたら、タオルで水分を拭き取り洗濯機で洗いましょう。まだ染みが気になる場合には、上記の方法を繰り返すことでキレイになります。

コーヒーの染み抜き(頑固な汚れ編)

コーヒーをこぼした後そのまま放置してしまった場合、キレイにできるか心配ですよね。こんな場合に効果的な方法について紹介します。もし先ほど述べたように、中性洗剤を使用しても落ちない時は漂白剤を使います。

漂白剤は必ず酸素系のものを

ここで絶対に酸素系の漂白剤を使わなければならないことに注意してくださいね。なぜなら他の漂白剤では漂白力が強いため、色落ちや変形の恐れがあるためです。

用意するものと染み抜きの方法

用意するものとしては、酸素系漂白剤、綿棒、お湯の3点です。まずは必ず色落ちテストを行いましょう。確認して大丈夫な場合、お湯で漂白剤を薄めます。

次に、染みの裏に白いハンカチなどを敷きます。その後、綿棒に薄めた漂白剤をつけ、叩いて染みを落としていきます。これで頑固な汚れも次第に消えていくので、あとは水ですすいで陰干しなどで乾かしましょう。

まとめ

ここまでコーヒーの染み抜き方法をご紹介してきましたが、いかかですか?普段からよくコーヒーを飲むという方は覚えておいて損はないですし、今後もしシャツにこぼして染みになってしまった場合にも、ぜひこの記事を活用してください。

繰り返しになりますが、コーヒーの染み抜きの鉄則は早めに対応することです。早めに対応することで後の処置も楽になりますし、シャツをキレイな状態に近づけやすくなります。

また、家などでこぼしてしまった場合には、中性洗剤や酸素系漂白剤を使用することでほぼ元通りの状態にすることができるので、諦めないでくださいね。最後になりますが、もしコーヒーにミルクが入っていた場合にはミルクのタンパク質を分解するためにお湯を用いるのがおすすめです。

自分だけではコーヒーの染みを落とすことができなかった場合には、クリーニングをお願いするのも忘れないでくださいね。

カジタクの宅配クリーニングはコチラ!