より安く!簡単に!いらなくなった布団を処分する方法

布団

布団を長持ちさせる方法同様、知っておくといざという時に役立つのが布団の処分方法です。布団は1点でもかなりのボリュームがありますので、捨て方にも少し工夫が求められてきます。労力やコストをできるだけ抑えて布団を処分する方法を、ここではお伝えしていきます。

布団の処分方法

布団2

粗大ゴミ

布団などの大きなものを捨てる時に多くの方が利用しているのが、粗大ゴミの回収サービスです。自分でゴミ捨て場まで持っていくのが大変ではありますが、一番オーソドックスな捨て方でしょう。こういった処分の仕方をする時に確認しておきたいのが、各自治体のルール。粗大ゴミの扱いは自治体によって大分異なりますので、担当の部署に問い合わせるなどの方法でしっかりとルールをチェックしましょう。粗大ゴミを捨てる時に使用する有料のチケットなどを配布している自治体もあり、住んでいる地域ごとに処分に必要になる費用も若干変わってくるでしょう。ただ、粗大ゴミとして捨てる場合、集積場が家から離れている方などは車や台車を使わないと持ち運びが難しいことも。粗大ゴミに関しては、センターへ直接持ち込みができる自治体もありますので、住んでいる地域のルールを確認することがまずは必要になるでしょう。

リサイクル業者

一部のリサイクル業者では、家具や家電と一緒に布団の処分も行っています。このような処分方法はある程度お金がかかりますが、とにかく急いで処分をしたい!という時や布団の量が多い時には考えてみる価値があるでしょう。料金などを確認して、一番安い業者を選んで引き取りを依頼するのが良い方法です。評判の良い業者選べば、トラブルに巻き込まれる心配もないでしょう。家具や家電と一緒に引き取りを依頼すると料金が割引になることもあるため、料金システムなどを確認しておくと役立ちます。

自力で捨てる

できるだけ費用をかけたくない時には、自力で布団を捨てることになるでしょう。完全に無料で布団を処分したい場合は、指定のゴミ袋に入れて出すという方法があります。

布団を切る

夏掛けなどの薄い布団はゴミ袋にも比較的詰めやすいですが、羽毛布団などのボリュームのある布団については何らかの方法を考える必要がでてきます。例えば、布団をハサミなどで細かく切ってすべてゴミ袋に入れてしまう方法などが挙げられるでしょう。ただ、このような作業をするに当たっては相応の準備が求められてきます。切れ味のよいハサミや、大きな布団を扱える作業スペースが必要になりますので、すぐに取り掛かるのが難しい場合もあるかもしれません。1枚の布団であっても作業にはかなりの時間がかかると予想されるため、多忙な方には余り向かない方法とも言えます。

ボリュームを抑える

布団を切らずにゴミ袋に入れることも、場合によっては不可能ではありません。例えば、ひもなどを使って布団を縛れば、ある程度ボリュームを抑えることが可能になります。数か所をきつく縛れば、ゴミ袋に入れられるくらいの大きさにサイズダウンができる場合も。1人で難しい時には家族の応援を求めるという手もあります。縦横にひもをかけて布団をできるだけコンパクトにするのが、このような方法をとる時のポイントです。

箱を活用する

また、ゴミ袋にすっぽりとおさまる箱を活用するのも1つのアイデア。箱の中に布団をぎゅうっと詰め込み、ボリュームを抑えます。布団は空気の層が大きいため、圧縮すると思いのほか小さくなります。処分しても構わない衣装箱などがあれば、中に入れて箱ごと捨ててしまいましょう。段ボールでも間に合うことがありますので、ゴミ袋の大きさを考えながら箱を選んでみましょう。

圧縮袋に入れる

布団を収納する時に用いる圧縮袋も、布団を処分する時には大いに役立ってくれます。この手のアイテムは、元々布団のボリュームを抑えるために開発されています。押入れなどに入れやすいよう、布団を実物よりも小さくしてくれるのが布団圧縮袋の優れている点です。

ゴミとして布団を処分する時にもぜひ活用したいのが、こういったお役立ちアイテム。袋に入れた後に掃除機などを使って空気を抜けば、ゴミ袋にも楽に入れられる大きさになるでしょう。布団圧縮袋の代金が少しかかるのが難点ですが、スピーディーに処分したい方にはおすすめできる方法です。日ごろから布団圧縮袋をストックをしている家庭であれば、すぐにでもトライができるでしょう。

ベストな捨て方は?

ゴミ袋

どのような捨て方がベストかは、布団の枚数やボリューム、作業をする方の体力などによって変わります。各自治体のルールを確認しておくことも、1つの注意点になるでしょう。コストと労力的な負担のバランスが、方法を選択する時の決め手になってきます。また、作業に要する時間も考えておく必要があるでしょう。1度に処分するのが難しい量の時には1点ずつ捨てていくという方法もありますので、無理をせずにトライしやすい方法で処分を進めてみてはいかがでしょうか。

布団クリーニングならカジタクがオススメ!

カジタクでは布団クリーニングを行っています。カジタクのオススメポイント!

  • 安心のイオングループが運営。満足度97%と大好評!
  • ダニ死亡率99% アレルゲン除去率98%
  • 持ち運ぶ必要なし!家まで預かりにお伺い!
  • たった1,000 円で最長9ヶ月保管!家の収納スペースがスッキリ!
  • 干すだけで除去できない汗や皮脂汚れまで除菌・消臭

※公的衛生研究所の調査結果より

ぜひ皆さんも利用して、きれいな布団で過ごしましょう!
カジタクの布団クリーニングはコチラ!

人気のオススメ記事はコチラ