クエン酸掃除で家中キレイ!効く汚れ・場所を徹底解説

クエン酸の写真

クエン酸は掃除に用いることのできる便利な掃除道具の一つともいえるでしょう。具体的にどんな方法でクエン酸を使って掃除ができるのでしょうか?また、どんな場所の掃除にクエン酸は有効なのでしょうか?お掃除に使う際には、どんなクエン酸を購入する必要があるのでしょうか?クエン酸を使った具体的な掃除方法から、注意点に至るまで詳しく調べてみましょう。

クエン酸とは?

クエン酸は簡単に言うと、食事に含まれている酸味の元で、梅干しや、柑橘類のフルーツに含まれている酸性の成分です。最近だと、100円ショップや量販店で気軽に顆粒状のクエン酸を手に入れることができます。基本的には、クエン酸は無色無臭の安全な物質で、酸性のため、アルカリ性の汚れに効果的です。

クエン酸が効く汚れとは?

クエン酸を用いて掃除することのできる汚れの種類はたくさんあります。

まずは、トイレの黄ばみです。また、それに伴うアンモニアの匂いも軽減させることに役立ちます。

水垢にもクエン酸は効果的です。水道水には、カルシウムやミネラルが含まれています。それらの物質が固まると落とすことは難しいですが、クエン酸を使うと落とすことができます。

さらに、タバコを吸う時に気づかない間に出来てしまう、ヤ二の汚れなどを掃除することもできてしまう。

クエン酸の酸性は弱酸性のため、落とせる汚れには限界があります。酷い汚れなどを落とす時は強酸性の洗剤が必要となりますが、取り扱いが危険なため、クリーニングはプロにおまかせすると良いでしょう。

クエン酸スプレーの作り方

スプレーの写真

クエン酸を使ったスプレーを作るためには、スプレーボトルを用意する必要があります。それ以外に必要なものは特にありません。もちろん、基本的なクエン酸や水を用意するのは言うまでもありませんが、スプレーボトルを準備することができたら、後は混ぜ合わせるだけです。

  1. 目安としては、500mlの水を準備します。
  2. そこに、大体小さじ二杯分のクエン酸を入れます。後はかき混ぜます。
  3. スプレーに入れれば完成。

お風呂掃除

クエン酸を使ってお風呂場を掃除することもできます。水垢汚れに、クエン酸スプレーを汚れに吹きかけて、スポンジでこするだけです。さらに、床以外の部分の細かい部分の水垢などを落としたい場合は、布や紙にクエン酸を含ませて汚れをこすることで、掃除できます。特にシャワーヘッドを洗う時はこの方法がおすすめです。また、鏡の水垢汚れにもクエン酸は効きます。

キッチン掃除

キッチンの水垢汚れにもクエン酸を使ってお掃除することができます。スプレーでクエン酸を吹きかけて、後はスポンジでこするだけです。

トイレ掃除

お風呂の写真

トイレ独特の匂いのアンモニア臭もクエン酸を使うことによって軽減させることができます。また便器の周りについた黄色がかった汚れも、クエン酸のスプレーをふりかけて、その上からトイレ用のたわしや布などで汚れを拭き取ることで掃除できます。

リビング掃除

リビングにはカーテンやクッション、ソファなど布製品が多くあります。小まめに洗濯できれば良いのですが、カーテンやソファカバーを洗濯するたびに外すのも一苦労です。
汚れてしまった部分は洗濯をする他ありませんが、染みついた匂いにはクエン酸が活躍します。

カーテンやソファカバー等の布製品

クエン酸スプレーを吹きかけて嫌な臭いを取りましょう。クエン酸には消臭効果があり、生活しているうちに知らずについてしまう臭いを中和してくれます。

フローリングの床

まず、クエン酸スプレーを床に吹きかけます。その後、かたく絞った雑巾でクエン酸スプレーを拭きとると、簡単に除菌ができます。素足で歩いたり、食事時に食べカスが落ちてしまったり、知らずに増えている雑菌を抑えましょう。

電気ケトルの汚れ落とし

電気ケトルの中も、ずっと使い続けていると水垢や注ぎ口にお湯を注いだ際の飛び跳ね汚れが付着していることがあります。この汚れを落とすためには、クエン酸をそのまま使用するのが効果的です。

掃除方法

  1. クエン酸大さじ2杯を電気ケトルに入れます。
  2. お湯を沸かすことのできる目盛りまで水を入れます。
  3. クエン酸が溶けるように水をかき混ぜたら、お湯を沸かします。
  4. 沸騰したら2時間そのまま時間を置きます。
  5. お湯を捨てます。この時、汚れがまだ残っていたら、スポンジ等で擦り落とします。
  6. 再度水を入れて通常通りスイッチを入れ沸騰させます。(すすぎのため)
  7. クエン酸が残らないようよく水ですすいだら終了です。
    ※クエン酸の量は、電気ケトルの満水量に合わせて調整してください。

水垢のついた鏡の掃除

洗面台やお風呂の鏡には水垢汚れがついてしまうことがよくあります。水垢の主成分は主に石灰なので、成分的に不衛生はないのですが、見た目は気持ちの良いものではありません。
頑固な水垢汚れを簡単・綺麗に落とすには、クエン酸が有効です。水垢の主成分、石灰は酸に溶ける性質があるため、クエン酸は水垢汚れを簡単に落としてくれます。

掃除方法

  1. クエン酸スプレーを鏡の水垢汚れに吹きかけます。
  2. すぐにキッチンペーパーやティッシュで鏡を覆うように貼り付け、クエン酸スプレーを密着させます。
  3. 更にその上からクエン酸スプレーを吹きかけ、蒸発しないようにラップを被せましょう。
    このまま1時間以上時間を置きます。
    ※この時、長時間放置してしまうとネジなどの金具が錆びてしまう恐れがあるので、2時間を限度としてください。
  4. ラップとキッチンペーパーを取り除き、水垢があった部分をスポンジや布で擦って落とした後、水ですすぎます。

長期間放置してしまった水垢をすぐに落とすことは難しいかもしれませんが、気が付いた時にクエン酸スプレーを使って鏡を綺麗にしてみてはいかかでしょうか。

クエン酸パックでの掃除方法

クエン酸とレモンの写真

基本的には鏡の水垢汚れで説明した方法がクエン酸パックでの掃除方法になります。
クエン酸パックの基本は、クエン酸スプレーを蒸発させないように汚れに密着させることです。汚れをクエン酸で溶かすためには、スプレーを吹きかけただけでは充分ではありません。しっかり汚れにクエン酸をなじませることが、汚れを落とすカギになります。

なじませた後、スポンジや布では落ちにくい頑固な汚れには、アクリルたわしや使わなくなったボディタオルを使用してみてください。スポンジ等よりも汚れが落ちやすいです。

クエン酸パックの方法を覚えてしまえば、水道の蛇口やお風呂のふち、シンクの汚れも簡単に落とすことができるでしょう。

頑固な汚れに効くクエン酸ペーストを使った掃除方法

「クエン酸スプレーを使ってみたけど、頑固な汚れは落ちない……」
そんな時、試してほしいのがクエン酸ペーストです。クエン酸ペーストはクエン酸水や粉末のままよりも汚れに密着し、クエン酸スプレーで落ちなかった頑固な汚れにもよく効きます。
クエン酸スプレーを作る時は水500mlに小さじ2杯分のクエン酸を入れました。しかし、ペーストにする際は、下記の分量のクエン酸を水で溶かしていき

ます。

クエン酸ペーストの分量

  • クエン酸…大さじ3杯
  • 水…小さじ1杯

目安の硬さはペーストをすくい上げて落とした時、ドロッとするくらいです。汚れに乗せた時、するっと落ちてしまっては効果が半減してしまうので注意してください。

これで特に綺麗になるのがトイレの黄ばみです。臭いのもとになり、見た目も良くないトイレの黄ばみはクエン酸ペーストですっきり綺麗にしましょう。掃除方法は、クエン酸ペーストを汚れに塗った後30分程時間を置き、ペースト部分をブラシで擦ります。トイレの水を流せば、除菌・殺菌され黄ばみも落ちているでしょう。
ただし、クエン酸ペーストが流れ切らず残ってしまうと、錆びや傷みの原因になってしまうので、掃除した後はしっかり水でクエン酸ペーストを流してください。

頑固すぎる汚れには効かない!

クエン酸はたくさんの汚れに効果的ですが、かなり頑固な汚れは落とすことができません。クエン酸は酸性を活かして汚れを落としていますので、クエン酸でも効かなかった場合は、さらに強力な酸性洗剤を使って汚れを落とす必要があります。

酸性洗剤は、市販だとトイレ用洗剤などとして販売されていますが、使用する際はビニール手袋を使用しないと火傷をする可能性があり取扱が難しいです。酸性洗剤が必要になる掃除はクリーニングのプロにおまかせした方が良いでしょう。

カジタクのハウスクリーニングはコチラ!

クエン酸で綺麗にならない汚れの種類

洗剤にも酸性やアルカリ性が表記されているように、実は汚れにも、酸性やアルカリ性があるって知っていましたか?

汚れの酸性とアルカリ性

主な酸性の汚れとしては、油汚れや食べこぼし、手垢や湯垢のような皮脂など。アルカリ性の汚れは、トイレの黄ばみなどの尿汚れや、水垢、石鹸カスなどの汚れがあります。そして汚れというものは、それ自体の性質と反対の性質を持つ洗剤で中和してお掃除してあげると綺麗に落としやすいのです!洗剤代わりに使っているクエン酸は弱酸性ですから、アルカリ性の汚れなら綺麗に落とすことができます。

酸性の汚れは落ちない

もちろん、黄ばみなどの目に見える汚れだけでなく、トイレのアンモニア臭などの臭いにも効きます。しかし一方で、酸性の汚れは、酸性であるクエン酸では落とすことができないのです。

クエン酸の代わりになるモノ

先ほど、クエン酸は酸性なので、酸性の汚れは落としにくいと述べました。では、酸性の汚れはどのようにして落とせばよいのでしょうか?その答えはズバリ、アルカリ性のものでお掃除すればよいのです!

アルカリ性のお掃除グッズ「重曹」

クエン酸と同じようにエコで優しいお掃除グッズとして知られる重曹は、弱アルカリ性の性質を持っています。ですから、クエン酸では落としきれない酸性の汚れや、生ごみ臭などの臭いを取るのにぴったりなのです。

重曹の使い方

クエン酸と同じで、こちらも使い方は簡単。適量の重曹を水に溶かしてよく混ぜるだけです。ただし重曹は水に溶けにくいので、クエン酸と違ってスプレーにして使うには使いづらいでしょう。その代わり、粒子が細かいため擦るとクレンザーの役割を果たしてくれたり、発泡性があるので汚れを泡で浮かせて落とすことができます。

重曹を使ったお掃除方法

 

では実際に、クエン酸で綺麗にならなかった汚れを落とす方法をご紹介していきます。

電子レンジにこびり付いた油汚れの場合

まずは、電子レンジにこびり付いた油汚れ。こちらは、水500mlに重曹小さじ1を混ぜて耐熱容器に入れ、600Wで三分加熱しましょう。そのあと、10分ほど扉を開けずに蒸らします。重曹を含んだ蒸気の力で、しつこい汚れを浮かせましょう。10分経ったら扉を開け、蒸気で浮いた汚れを布巾で拭き取ります。熱いので火傷をしないよう気をつけてください。それでも落ちない頑固な汚れは、歯ブラシの先に粉の重曹を付けてこすり落としましょう。最後に、濡れ布巾で仕上げ拭きをしたら、完了です。

湯船の湯垢取りの場合

次に、湯船の湯垢取り。こちらは簡単、残り湯に重曹1カップを溶かして一晩置き、翌日水で洗い流すだけです。ついでに洗面器やお風呂の椅子なども湯船に入れておけば、一緒に綺麗になりますよ。重曹は肌に触れても危険はありませんが、肌の弱い方は念入りに濯いでくださいね。

重曹とクエン酸を使った応用編

クエン酸は単体で使用しても汚れを落とすのに十分ですが、さらに重曹を加えると、排水口まで綺麗にすることができます。

排水口の汚れ

お風呂やキッチンの排水口は、ぬるっとして掃除をする時触れるのも嫌になります。掃除をサボっていると、悪臭もしてくることがあります。しかし、クエン酸に重曹を合わせることによって、排水口に触れることなく綺麗に汚れと匂いを落とすことができます。

掃除方法

    1. 重曹:クエン酸を1:2の割合で混ぜます。
    2. 排水口のふちから中までまんべんなくふりかけます。
    3. コップ1杯分のぬるま湯を注ぎます。
    4. 発砲するので、5分程そのまま置きます。
    5. 汚れが残っている時は、歯ブラシ等で磨きます。
    6. お湯で十分に流して終了です。
      ※重曹とクエン酸の分量は目安です。

重曹は油汚れ等の酸性の汚れに、クエン酸は水垢などのアルカリ性の汚れに効きます。両方を合わせることによって発生する二酸化炭素の泡が汚れを落としてくれます。
是非、重曹とクエン酸を合わせて掃除をしてみてください。

クエン酸掃除の注意点

また、クエン酸を使用する時には注意が必要です。他の物質とクエン酸が混ざると、有毒ガスが発生する可能性があります。例えば塩化系漂白剤とクエン酸を混ぜる事によってその現象が生じます。間違ってもこの二つの成分を一緒に使うことのないようにしましょう。

また、クエン酸を使う場所によっては掃除した部分を傷めてしまう可能性もあります。特に、大理石を掃除する場合には、大理石の表面を溶かしてしまう可能性があるため、クエン酸の使用を注意しなければなりません。