エアコンの送風がカビ臭い!エアコンクリーニングで改善出来る?!

エアコンのアップ

梅雨や蒸し暑い日が続くとエアコンの冷房・ドライ機能や除湿を多く使用しますよね。そんな時、久々にエアコンをつけてみたらカビの嫌な臭いが部屋に充満したという経験はありませんか?そこで、なぜカビの臭いが発生するのか、エアコンクリーニングで改善できないのか?などを詳しくご説明していきます♪

なぜエアコンから臭いがするのか

エアコンのリモコンを操作する

エアコンは室内の空気を吸い込み、内部に取り込んだ空気を設定された温度に調節して排出するという仕組みです。しかし空気を吸い込むときにホコリや湿気も一緒に吸い込んでしまい内部に蓄積し、カビや汚れとなり最終的には嫌な臭いとなって排出されてしまうのです。

臭いの原因は?

鼻をつまむ女性

嫌な臭いの主な原因はカビの胞子だと言われています。エアコンの内部は温度が一定に保たれており、湿度も高いためカビが繁殖するには最適な場所なのです!冷房をつけたときなどに、エアコンの内部に溜まったカビが空気と一緒に排出され臭いと感じる原因になっています。

カビ

写真のカビは吹き出し口の奥の方に発生しているものですが、カビはエアコン内部全体に発生しています。なぜエアコンにカビが発生するのでしょうか。

カビは湿気が大好物です。エアコンの内部は暖かい空気と冷たい空気が接するので、フィンで結露が起きます。ちょうど冷たいグラスに水滴がつくように。もちろん排水する機能もありますが、一部残り湿気の原因になります。カビ菌は湿気と20-35度程度の温度で繁殖しやすく、ホコリを栄養にしてどんどん発生してしまいます。まさに、夏場のエアコンはカビ菌にとって絶好の環境なのです。

カビ菌が繁殖するとエアコンから吹き出される空気に多量のカビ菌が含まれ、夏型過敏性肺炎などの原因にもなります。
咳っぽいということでエアコンクリーニングを頼む方も多いらしく、特にお子さんがいる家庭では注意したいですよね。

羽の部分にもカビがついているようであれば、かなり内部の繁殖が進行しているサインです。ぜひチェックしてみてください。

ホコリ

エアコンの汚れのもう1つは内部のホコリです。
エアコン稼働時は常に空気が通っているので、家の中のホコリがたまっていきますが、
ホコリだけではなく、外気やキッチンの油汚れ、タバコを吸う場合はヤニなども含まれます。

フィルターなど目に見える表面部分はご家庭でも掃除が容易にできますが、送風ファンのホコリを取るのは難しく分解が必須になります。

家庭で出来る予防法は?

きれいなエアコンフィルター

臭いの原因となるホコリやカビを溜めないことが一番の対処法になります。

掃除機で埃を取る!

エアコンフィルターを自分で掃除するなら、自宅にある掃除機を使うのがお手軽です。

  1. エアコンの前面カバーを外して、左右2枚のフィルターを外します。外したフィルターは床に新聞紙などを敷いて、フィルターの表側を上にする形で置きましょう。
  2. 掃除機で優しく網の目の部分から詰まった汚れを吸い取ります。なぜ表側から汚れを吸い取るのかというと、裏側から吸うとフィルターの表側から吐き出されようとしていた汚れを無理に裏側に引っ張り戻すことになるからです。
  3. お風呂場でたわしやブラシを使ってこびりついた汚れを落とします。フィルターの裏側から表側に汚れを吐き出させる形でシャワーを当てるのも効果的です。頑固な汚れが落ちない時は中性洗剤も併用するとフィルターはピカピカになります。
  4. フィルターを洗い終えたら、あとはきちんと水を切ってからしばらく陰干しにします。濡れたままエアコンに装着すると水が垂れてきたり、下手すると故障してしまうこともあるからです。

しかし汚れは尽きない!

一般家庭では出来るエアコンクリーニングには限界があります。簡単に取り外しの出来るフィルターでこんなに汚れているとなれば内部はさらに汚れているに違いありません!しかし分解するのも怖いし内部の構造は全く分からない・・。

エアコンクリーナーはオススメできない

エアコンを掃除するためにスプレー式のエアコンクリーナーもありますが、オススメできません。スプレーで噴射した液体が内部に残って、さらにカビや汚れの原因となってしまうためです。

エアコンクリーニングのプロに頼むのが一番!

エアコン内部を掃除する

一般家庭ではエアコンカバーとフィルターのお掃除が主だと思いますが、プロのエアコンクリーニングはエアコンを分解して目には見えないカビ汚れや細菌まで除去してくれるんです。それぞれの汚れに合った専用の洗剤を使用して隅々までキレイにしてくれます。エアコンとしての効率も向上しますし正常に運転するようになると電気代の節約にも繋がります。ぜひ一度、試してみてはいかがでしょうか♪

エアコン内部の掃除はプロしかできない!

臭いの原因となる、カビですがフィルターだけではなく、エアコン内部のファンやフィンにも多く発生しています。しかし、内部の掃除を素人が行うことは難しく故障の危険もあります。びっしりカビが生えていることも多くありますので、プロにクリーニングをおまかせするのがおすすめです。

詳しい内容や手順、どれだけカビがとれるのかは、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

エアコンクリーニングのプロに学ぶ!エアコン掃除の流れを徹底解説

エアコンクリーニングならカジタクがオススメ!

カジタクではエアコンクリーニングサービスを行っています。カジタクのオススメポイント!

  • 安心のイオングループ日本全国どこでもサービスいたします!
  • ユーザーが選ぶハウスクリーニングのコスパランキング1位!※1
  • 簡単web予約!面倒な事前の見積もり訪問・追加料金はありません!※2
  • ダイキンと独自研修を開発!高い技術力で最新機種にも対応!
  • クオリティに自信あり!満足出来ない場合は無料でやり直します!※3

ぜひ皆さんも一度プロに任せてきれいなエアコンで気持ちよく過ごしましょう!

サービス概要はこちらをチェック!

カジタクのエアコンクリーニングはコチラ!

※1 2018年度オリコン顧客満足度調査「ハウスクリーニング コストパフォーマンス」
※2 エアコンの通常タイプからお掃除付タイプへの変更は差額料金が発生します。
※3 本サービスの利用規約、補償規定に従ってのご対応となります。