お風呂の鏡の曇り止め|掃除方法や便利グッズをご紹介

お風呂の鏡が水滴などによって白く汚れてしまい、擦っても汚れがなかなか取れなかったり、湿度さによってすぐに曇ってしまうなどの曇りに悩んでいる主婦の方は多いのではないでしょうか。今回はその悩みを解決する掃除方法や便利グッズの紹介と日頃からできる対処方法などを紹介していきます。すぐに実践することができますので試してみてください。

鏡が曇ってしまう原因とは

水滴は放置すると水垢に

お風呂場の鏡が曇ってしまう原因は、お風呂内の温度が上昇することで、鏡との温度差によって水蒸気が鏡に付着してしまうことと言われています。

一番イメージしやすいのは、暖かい場所に冷たいドリンクを入れたグラスを置いておくと、グラスの周りに水滴が付着します。これと同じで、この水滴が光の加減によって曇っているように見える為、お風呂場の鏡が曇っているように感じるのです。

そして、その水滴はそのまま放置しておくと水垢として残り続けます。これが常に鏡が曇って見える原因と言えるのです。

ふき取りや換気で対策しよう

毎日使用するお風呂場だからこそ、水垢はどんどん付着し続けていきます。そして、それは簡単に擦るだけでは取れなくなってしまうのです。まずは、水垢を付着させないことが鏡の曇り止め対策には必要であり、常日頃から拭き取りなどを行うことで予防することができます。

毎日のお風呂を使用した後、鏡や周辺を使用したバスタオルなどを利用して拭き取ることで、面倒な掃除の手間を一つ減らすことができますので試してみてください。また、常に換気しておくというのもポイントです。

鏡の水垢を取る為の便利グッズ

鏡に付着した水垢は、スポンジなどで擦ってもなかなか落ちないことが多いのです。掃除直後はキレイに見えても、時間の経過と共に白く残った水垢が目立つことがあります。

ダイヤモンド研磨剤で擦る

そこで便利なのが、水垢を落としてくれる便利グッズです。100円ショップなどでも購入することができる、ダイヤモンド研磨剤です。簡単に言えば、研磨剤を使用して水垢汚れを一掃することができる便利なグッズとなっています。小さいスポンジサイズで販売されていることが多いので、細かい部分も擦ることが可能で、隅々まで水垢汚れを落とします。

ダイヤモンドは鉱物の中で一番固いものと言われています。人工とはいえ、ダイヤモンドが配合しているのであれば汚れは簡単に落ちるのではないでしょうか。

アルミスポンジやメラミンスポンジはNG

下手なサウンドペーパーやアルミスポンジなどを使用すると鏡を傷つけてしまうことがありますので、そのようなものは使用せず専用のものを使用するのがポイントです。

また、メラミンスポンジなどで擦っても鏡に付着した水垢はなかなか落ちませんし、細かい傷が付いてしまう為、おすすめできません。

このようなグッズは100円ショップだけではなく、ホームセンターなどでも販売されていますので、一度試してみてください。強く擦る必要はありませんし、気になった時に何度も使用することができるので一つは持っておきたいお掃除アイテムです。

曇り止めを活用することで汚れを弾く

ガラスコーティング剤を塗る

お風呂場の鏡を常に見える状態にしておきたい、曇らないようにしたいという人は、曇り止めを使用することをおすすめします。

これはガラスコーティング剤と言われるもので、撥水作用があるものが多く、水滴が付着しても弾いてくれるので汚れになりにくくなります。メガネなどにも使用することができる曇り止めと同じ成分で作られていることが多くで、鏡に塗っておくことで汚れを予防することが可能です。

こちらはホームセンターなどで手に入れることができますので、定期的に塗り直せば汚れる心配がありません。

曇り止めフィルムを貼る

また、最近ではフィルムタイプのものも販売しています。鏡の汚れをキレイにした後、しっかりと水分を拭き取り、フィルムを貼るだけといった手軽なものです。フィルムを貼った部分は水蒸気すら付着しませんので鏡が曇ることがありません。

このフィルムを貼りさえすれば、お風呂中に鏡を見たくても見えないなんてことが起こりませんし、汚れたら取り替えて新しいものに貼りかえるだけで済むので面倒な掃除も必要ないのです。

しかも、こちらの商品も100円ショップで手軽に手に入れることができますので一度試してみてはいかがでしょうか。

一時的な鏡の曇りならボディソープが有効

お風呂中に鏡が曇って不便という一時的な曇りが気になるという人は、簡単に対処することができます。ボディソープやシャンプー、石鹸などを鏡に塗るだけでその部分に油膜ができる為、撥水効果を発揮してくれます。

この方法なら気になる時にすぐにできますし、鏡を見ながらの処理などで不便さを感じることもなくなるでしょう。曇ってくる度にシャワーで洗い流してというのを繰り返すイライラも無くなります。

ただし、この方法で曇り止めをした後はしっかりと水で洗い流してください。そうしないと鏡に石鹸カスが付着してしまい、汚れやカビの原因になりますので注意が必要です。

お風呂の鏡の曇りは日頃から予防することが大切

お風呂の鏡の曇り止めに必要なのは定期的な掃除ではなく、日頃からの予防です。曇り止めを塗っておくことやフィルムを貼り付けておくだけで、面倒な掃除を軽減することができるでしょう。

すでに鏡が曇っているという場合は、ダイヤモンド研磨剤が配合されたスポンジがおすすめです。軽く擦るだけでキレイにすることができるので試してみてください。

カジタクの浴室クリーニングはコチラ

人気のオススメ記事はコチラ