【放置は危険】エアコンカビの掃除方法・予防法完全マニュアル

エアコン掃除

久しぶりにエアコンを付けたらカビの臭いが、なんてことはありませんか。カビや汚れを通って出てきたエアコンの空気を吸っていると考えると、嫌な気持ちになりますよね。カビ臭くなくても、知らないうちにカビは発生しています。フィルター掃除を定期的に行っていても、見えにくい場所にたくさんカビが蓄積されていることも。カビを徹底的に除去してキレイなエアコンを取り戻す方法を解説します!

エアコン掃除は定期的にやらないと危険!

汚れたエアコンを使用すると、内部のカビやほこりがエアコンの風に乗って一緒に外に出てきます。エアコンの風が臭うようになってきたら、汚れが溜まっているサイン。

そのまま使い続けると、エアコンから吹き出される空気に多量のカビが含まれ、夏型過敏性肺炎などの原因になることもあります。

さらに、エアコン運転効率が下がるので電気代は増え、カビやほこりでエアコンが故障してしまう可能性もあります。体のためにもエアコンのためにも、エアコンは定期的に掃除をするようにしましょう。

エアコンカビはなんでできるの?

エアコンカビ

カビというと、お風呂場や水場など水気の多い場所にあるイメージがありませんか。何故エアコンにカビができやすいのか疑問に思うかもしれませんが、カビは案外どこにでも発生しやすいものです。キーポイントになるのは「湿度」「温度」「ホコリ・汚れ」です。

温度20〜35度

エアコン内部の温度は厳密には異なりますが、私たちが設定する快適な気温はカビにとっても繁殖しやすい条件です。特に25〜35度付近は最も繁殖しやすい温度になっています。

湿度80%以上

エアコンを運転をすると、熱い空気と冷たい空気が触れ合うため、結露水が発生します。冷たいグラスに水滴がつくのと同じ原理です。その水分は排水管を通って外に流れるのですが、一部がエアコン内部に残ってしまい、高い湿度の原因になります。風呂場に発生するカビと同様、エアコン内部に残った水分が繁殖のしやすさに繋がるのですね。そのため、夏場のエアコンはカビ菌にとって絶好の環境となってしまっています。

ホコリ・汚れ

カビが繁殖するためのエサとなるのが汚れです。エアコンを付けている時は、常に空気が通っていて、家の中のホコリ、キッチンの油汚れ、タバコの煙などたくさんの汚れが含まれています。カビは人の垢、食べカス、塗料など、なんでも養分にしてしまうため、エアコン内部は汚れが溜まりやすいのです。

エアコンカビはどこに発生している?

プレフィルター

エアコンの前面パネルを開けると「プレフィルター」と呼ばれる、目がそれほど細かくないフィルターが設置されてます。このフィルターを定期的に清掃されている方は多いかと思います。最新機種によく見られる「自動お掃除機能」は、このプレフィルターの汚れを取ってくれていますが、こちらにはカビは多く付着してません。

フィン写真

エアコンのカビは、このプレフィルターの奥にある、「フィン」に発生しています。
また、外からは見えない内部にも多く発生しています。特に発生すると取れにくく「熱交換機」「送風ファン」「ドレンパン」と言われる部分に多く発生します。

エアコンイラスト

熱交換機は空気を暖めたり冷やしたりする場所ですので、エアコンを運転すると風が必ず通過する場所です。

ドレンパンは、空気中の水分が液体から気体になった水を受ける皿です。水が溜まり・流れる場所ですので水気が多いため、カビも発生しやすいです。

送風ファンは、風を送る装置ですのでここも必ずエアコンより出てくる風が接触する場所となります。

熱交換機や送風ファンはエアコンから出てくる風が直接通過・接触する場所のため、ここにカビが発生していると部屋の空気中にカビが多く含まれた状態となってしまいます。

確認方法の詳しいやり方はこちら

カビを撃退する掃除方法

自分で掃除するか、業者のプロにお願いするかの2つの方法があります。

自分で掃除する方法はある…?

「フィン」の部分は専用のエアコンクリーナースプレーを使うと掃除ができます。

必要なもの

  • フィンクリーナー
  • ゴム手袋
  • 掃除機
  • 歯ブラシ、綿棒

手順

  1. カバーを外して、プレフィルターを外します。
  2. フィンの部分に掃除機をあてて、ホコリを吸い取ります。
  3. 掃除機で吸い取りきれないホコリを歯ブラシ、綿棒などでこすってとります。繊細な部品なので、力は入れずに慎重に掃除してください。
  4. フィンクリーナースプレーを吹きかけます。スプレーの詳しい使い方は、スプレーの説明書を読んでください。
  5. スプレーが乾燥したら、フィルターとカバーを取り付けます。乾燥のための時間は、スプレーによって違いますのでスプレーの説明書を確認してください。

フィンとファンの掃除

エアコン内部のフィンとファンの掃除は手の届く範囲で行うようにしましょう。かなり難易度の高い作業が必要になりますので不安な方や、故障が心配な方は無理をせずに、プロにクリーニングをお願いするようにしましょう。

    1. コンセントを抜きます。エアコン内部に触れることになるので必ず電源を落としましょう。
    2. 吹き出し口の部分をタオルで拭きます。タオルには中性洗剤を染み込ませて、タオルを細くして拭きましょう。洗剤を使ったタオルで拭いた後は、水で絞ったタオルで拭きます。

このように自力では、掃除できる範囲に限界があります。分解を素人が行うのはかなり難易度が高く、スプレーでの掃除も内部までは行えないためオススメできません。内部までの掃除はプロにおまかせした方が良いでしょう。

内部の掃除は可能?

エアコン内部の熱交換機や送風ファンの掃除を行うためには、エアコン清掃用の缶スプレーなどのクリーナーを使います。ドラッグストアなどでも販売されています。缶スプレータイプでも表面に近い部分の掃除は出来るのですが奥まった場所の掃除はなかなか出来ません。

奥の奥まで掃除をするには、エアコンの分解が必要になります。感電をしないようにコンセントを抜いて、全面パネルを外して、送風ファンを外して…と専門知識や工具が必要となるので、自分でお掃除をするのはかなり大変です。
さらに、内部の電子部品にクリーナーがかかると故障してしまいます。そのため、水が掛からないように養生を行う必要があります。ドレンホースという部分が詰まってしまうと、エアコンから水漏れしてしまうことにもなるため、注意が必要です。

内部の汚れが取れないと、結局その汚れが栄養となります。そのため、カビの温床になってしまうためオススメはできません。

エアコンクリーニングのプロに学ぶ!エアコン掃除の流れを徹底解説

カビ掃除をプロに任せるメリット エアコン掃除をしている実際のプロの写真

故障の心配がほぼ無い

自力で掃除をして、間違って水を電子部品にかけてしまうとエアコンが壊れてしまう可能性があります。プロに任せれば故障の心配は無く、掃除してもらうことができます。

自力でやるより綺麗

自力でやるのには、掃除道具やクリーナーなどを揃えるのにも限界があります。プロにお願いすれば、自分でやるより確実に綺麗にしてくれます。1度しっかりとお掃除すれば、次回お掃除の間隔を伸ばすこともできるのもメリットの1つです。抗菌剤散布をお願いすれば、さらにカビ発生を予防する事も可能です。

カジタクのエアコンクリーニングはコチラ!

カビの予防方法

フィルター掃除をしている人の写真

カビを洗浄しても、放っておけばまたカビは発生してしまいます。しかし、カビを予防できる方法もあるので、日頃から対策を行うことがオススメです。

フィルター掃除は定期的に

定期的なエアコン洗浄を行えばカビの発生を抑えられます。内部が綺麗になっても、フィルターが汚ければ埃・汚れでまたカビを発生しやすくしてしまいます。1ヶ月に1回程度はお掃除をするようにしましょう。

送風運転をする

カビは水気を好むのでエアコン内部を乾燥させる必要があります。梅雨時の除湿運転や夏場の冷蔵運転は使うたびに水気が発生しているため、冷房や除湿機能を使った後は、冷房内部の湿度を下げるために送風運転をしてから、電源を切ります。30分〜1時間程度送風運転をするのがオススメです。

部屋全体の湿度を下げる

エアコンだけでなく、家全体としてカビが発生しづらい環境を作るのも効果的です。窓をこまめに開けて空気を入れ替える、除湿機を設置する、などの対策ができます。

エアコンクリーニングを頼むならカジタク!

フィルターやカバー部分はもちろん、日ごろお掃除できないエアコンの内部パーツまで分解し専用洗剤で徹底洗浄エアコンメーカーと独自研修で高い技術力があるので、安心してお掃除をおまかせください!

エアコンクリーニングのビフォー・アフター

エアコンクリーニングをプロに頼むなら実績があるカジタクがオススメ

カジタクのメリット

エアコンがキレイになると、電気代節約・臭いの解消・病気リスクの低減にもつながりますよ。ぜひ皆さんも一度プロに任せてきれいなお家で気持ちよく過ごしましょう!

カジタクのエアコンクリーニングはコチラ!