嫌な臭いが取れない!エアコンの嫌な臭いの原因と対処法とは

エアコンのアップ

梅雨の時期や暑いときなどエアコンを使う日が増えてきましたよね。しかし、久々にエアコンをつけてみたら嫌な臭いが出てきて部屋中に充満した・・なんて経験はありませんか?なぜそんな臭いがするのか、どうすればその臭いは無くなるのか分からないことだらけですよね。今回はその臭いの原因と対処法をご紹介します!

なぜ臭いが発生するのか

梅雨や暑い日によく使用する冷房は、室内の暖かい空気を吸い冷たい空気を吐き出すという仕組みになっています。空気を吸う際にホコリや湿気なども一緒に吸ってしまい、それがエアコン内部に溜まった汚れとなり、湿気と組み合わさってイヤな臭いが発生してしまうのです。

臭いの原因とは

生活している中でも臭いの元となる物はたくさんあります。

カビ

エアコン内部の汚れを見て驚く女性

イヤな臭いはエアコン内部に溜まったカビが原因だと言われています。エアコンの中は湿度が高くエサとなる汚れも多いのでカビにとって最適な環境なんです。

タバコ

タバコを持つ女性の手

喫煙者のいるご家庭ではタバコも臭いの原因だと言われています。エアコンがタバコの煙を吸い込み、ヤニなどが内部に付着し汚れとなりイヤな臭いとして排出されるのです。

人やペットのにおい

ペットと戯れる女性

人のかく汗のにおいや、ペットの独特なにおいなども空気と一緒にエアコンが吸ってしまい、吐き出すときにイヤな臭いとなって排出されるのです。

臭いを減らすには

エアコンを使うときに少し気を付けるだけで、臭いや汚れを減らすことが出来るんです!

送風モードを使う

冷房を使った後は、少しの間「送風モード」にしてエアコン」内部の湿気を無くすことが大事です。送風モードがないエアコンでも設定温度を一番高くして運転させれば送風モードと同じような効果があります。

エアコンつけ始めは窓を開ける

運転直後のエアコンはホコリやカビが最も吹き出しやすいと言われています。エアコンのつけ始めの換気は10分程度で大丈夫です。

フィルターのお掃除

一番、効果的なのはエアコンフィルターの掃除です。まずフィルターの表面についているホコリをある程度掃除機で吸ってから取り外し、次にフィルターの内側からシャワーなどの水圧を利用し洗い流します。しっかり乾かしてから元に戻すとイヤな臭いが改善されますよ。ただし内部にいるカビはとれないので注意です。

最後に

エアコンのイヤな臭いは日頃のちょっとしたお手入れで改善することが出来ます。フィルターだけならご家庭ですぐに出来ますが、実は内部に汚れがびっしり溜まっているかもしれません。エアコンを分解して内部をしっかりキレイにすることは中々難しいですよね。そんな時はプロのエアコンクリーニングを頼むのもオススメです♪

エアコン掃除を頼むならカジタク!

フィルターやカバー部分はもちろん、日ごろお掃除できないエアコンの内部パーツまで分解し専用洗剤で徹底洗浄エアコンメーカーと独自研修で高い技術力があるので、安心してお掃除をおまかせください!

エアコン掃除のビフォー・アフター

エアコン掃除をプロに頼むなら実績があるカジタクがオススメです

エアコンがキレイになると、電気代節約・臭いの解消・病気リスクの低減にもつながりますよ。ぜひ皆さんも一度プロに任せてきれいなお家で気持ちよく過ごしましょう!

カジタクのエアコン掃除はコチラ!