エアコン内部のカビを放置したら危険!赤ちゃんが喘息になる原因に

泣いている赤ちゃん

夏も冬も頻繁に使用するエアコン。でも年中使っているそのエアコン、もしかしたら赤ちゃんの身体に大きな悪影響を及ぼしているかも!?定期的にフィルター掃除をしているから大丈夫だと思っていても、エアコン内部にはカビが繁殖している可能性があります!では、赤ちゃんを守るために今すぐするべきことをご紹介しましょう。

エアコン内部にカビが!どうしてカビが発生するの?

エアコンはお部屋の空気を吸い込んで設定温度に調節して吐き出すことで、お部屋の温度を調整しています。その空気を吸い込むときにホコリなどの汚れも一緒に吸い込む為、エアコン内部にどんどんホコリが溜まっていきます。そのホコリをエサにカビは繁殖します。

また、温度が25~35度、湿度が80%以上はカビがとっても繁殖しやすい条件なので、夏場のエアコンは特にカビが発生しやすいのです。

エアコン内部のカビが赤ちゃんに与える影響って?

新生児とお母さん

部屋中に飛び回っているカビを含んだ空気を吸い込んでしまうことで、身体に大きな影響を受けるといわれています。大人でも健康被害があるといわれているのに、身体の弱い赤ちゃんはさらに大きなダメージを受けてしまう危険性があります。カビが発生しているエアコンを放置した状態が続くと赤ちゃんは、気管支・喘息・アトピーなどの皮膚の異常を起こすことも。赤ちゃんが病気にならない為にも、いますぐエアコンのカビ対策を行いましょう。

カビ対策、まずは何をすればいい?

綺麗になったエアコンフィルターを取り付けようとしている

自力でも比較的簡単に掃除できるのは、フィルター掃除です。フィルターはホコリが溜まりやすいので、週に1度掃除をするだけでも、カビ予防に繋がります。掃除をする際は、カビ胞子が部屋中に舞ってしまうため、赤ちゃんを別の部屋に移してから掃除しましょう!

フィルター掃除手順

  1. コンセントを抜いて、エアコンのフィルターを外します。
  2. 掃除機でホコリを吸い取ります。
  3. お風呂場などで水洗いをします。
  4. ブラシでこすります。この時、強くこすりすぎると網目が崩れてしまうこともあるので注意してください。
  5. 乾燥させます。

フィルター掃除だけでは内部のカビを取り除けない!

フィルター掃除はフィルターのホコリがとれるだけなので、内部のカビを取り除くには、エアコンを分解して内部の掃除をする必要があります。ただ、フィルター掃除は比較的簡単にできたものの、エアコン内部の掃除は素人にはなかなか難しく、慣れない作業も多いので、養生から始めると半日~1日ほど時間がかかってしまいます。しかも自力で掃除をして、間違って水を電子部品にかけてしまうとエアコンが故障してしまう可能性もあります。
エアコンの分解も難しく、専門知識と技術が必要なので、ここはすぐにプロのエアコンクリーニングを依頼することをおすすめします。
>>プロのエアコンクリーニングを依頼するならこちら

最もおすすめできるエアコンクリーニング業者は?

いざエアコンクリーニングを頼もうと思っていても、どこの業者に頼めばいいか迷ってしまいますよね。そこでおすすめしたいのがイオングループの「カジタク」!オススメな理由は主に3つ!

1. 実績があり、イオングループだから安心

カジタクは誰もが知るイオングループの会社で、利用実績は100万件を突破しています。さらに、満足できなかった場合に無料でやり直してくれる満足保証がついてるので、より安心して利用ができますね。

2. 面倒な見積り訪問は一切なし!どんな汚れでも、全国一律料金

カジタクのエアコンクリーニングは、他の業者と違って面倒な見積り訪問が一切なく、汚れ具合にかかわらず全国一律料金なのです。追加料金が発生しないので、安心です!

3. 利用者満足度97%と高い評価!

新品のようにキレイになり、また次も頼みたいという評価の高いクチコミが多く、利用者の満足度がとても高いです。スタッフさんの対応が良かったという口コミも多数でした!

カジタクの公式サイトを見る

赤ちゃんの健康を守るために!

赤ちゃんが喘息などの病気にならないためにも、定期的にエアコンクリーニングをしてください。安心のイオングループのカジタクなら、無料でやり直しが可能な満足保証が付いてくるので、品質に自信があり、安心してまかせられます。リピーターも多く、時期によっては人気すぎて予約がいっぱいになるため、できるだけ早くエアコンを掃除してもらうように、今すぐ予約することをおすすめします!
カジタクのエアコンクリーニングを申し込む