主婦の強い味方、食器洗い機!正しい掃除方法で清潔に保つポイント

スライド式の食器洗い機

スイッチひとつで汚れた食器をきれいにしてくれる食器洗い機は忙しい主婦の味方。大切な家族の毎日の食事に関わるものだから清潔に保ちたいですよね。正しい掃除方法はご存知ですか?きちんと掃除しないとせっかくの便利な機械が台無しです。そこで今回は食器洗い機の掃除方法を紹介します。

汚れの正体

食器が入っている状態の食器洗い機

毎日食器を洗っているからキレイと思われがちな食器洗い機。
実は食器洗い機自体にも汚れがたまりやすいポイントがあります。
主な汚れの正体は、

  • 食器に残っていた残菜、油汚れ
  • 水垢
  • 洗剤の残り

これらが蓄積されると厄介な汚れになります。

日頃から気をつけること

食器洗い機の前に置かれた洗剤とスポンジ

食器をきれいにするための機械が汚れていては不衛生ですよね。
汚れの定着を防ぐために、毎回使用後には以下の2点を徹底しましょう。

  • 残菜フィルターを取り外して残菜を捨て、目詰まりをブラシ等できれいにする
    (残ったままにすると次回使用時に残菜が庫内をくるくる回ってしまいます。)
  • 食器洗い機の外側を固く絞ったぞうきんで拭く
    キッチン家電には調理中や片付けの際に思わぬ汚れが付着しがちです。
    (水垢にはクエン酸、油汚れには重曹が効果的です。)

定期的にしっかり掃除

汚れのない食器洗い機の内部

週1回の頻度で徹底掃除できるのが理想的です。
汚れや臭いが気になる前に行いましょう。

外側

スポンジに石鹸を泡立て、全体的に塗ります。
汚れが浮き上がってきたら重曹を振りかけ汚れをこすり落とします。
布で汚れをふき取り、クエン酸水をスプレーし別の乾いた布でふき取ります。

庫内

  1. 残菜フィルター、カトラリーラック、回転ノズルなど取り外せる部品は外して水洗いします。機種によって取り外し可能な部品や取り外し方が異なるので必ず説明書を参考にします。
    (部品の水洗いの際に台所用品洗剤を使う場合は徹底的に洗い流します。)
  2. 重曹を振りかけたスポンジで庫内の汚れをこすり落とします。細かい部分は綿棒を使うのがおすすめです。
  3. ドア周辺のゴムパッキンも同様に汚れをこすり落とします。洗浄液が回らない裏側や隙間が汚れやすいので重点的に。
  4. 洗剤投入口にクエン酸を入れ、通常モードで作動させます。
  5. 取り外した部品を元に戻します。

排水ホース

  1. 外側は、固く絞ったぞうきんで汚れをふき取ります。汚れが気になる場合は重曹でこすります。
  2. 内側は、古紙等で簡易的な漏斗を作り、ホース内部に行き渡るように重曹を振り入れます。
  3. クエン酸水を入れ2時間ほど置き、細いスポンジ状のもので汚れを落とします。

おすすめの洗浄剤

次に、食器洗い機で食器をキレイに洗うのに役立つオススメの洗浄剤についてご紹介します。食器洗い機専用の洗浄剤は色々なメーカーさんが出しているので迷うこともあると思いますが、オススメは地の塩社さんの「クリーン 食器洗い乾燥機専用洗浄剤」です!

含まれている活性酸素やケイ酸塩がどんな汚れもキレイに落としてくれますし、ニオイ残りも全くないのは嬉しいですね。しかもこの洗浄剤の場合、もともと自然界に存在している素材を活かして作っているので、環境にも配慮されて作られています。

今使っている洗剤に満足していないようなら、ぜひ一度使ってみることをオススメします!

おわりに

食器洗い機が汚れていては食器まで汚れてしまいます。予備洗いのひと手間ももちろん大切ですが、定期的に食器洗い機自体を掃除して清潔に保ちましょう。専用の洗剤がなくても重曹とクエン酸で幅広い汚れに対応できます。

食器洗い機内部を洗う際は台所用洗剤を使うのは避け、正しい方法でキレイな状態を保ちましょう。
カジタクのキッチンクリーニングを見る

キッチンクリーニングを頼むならカジタク!

コンロ五徳の浸け置き洗浄から排水口のぬめり取り、ステンレス類の磨き上げまで面倒な箇所をまとめてきれいに!
花王と共同で使用洗剤を厳選しているから、安心してお掃除をおまかせください!

キッチンクリーニングのビフォー・アフター

キッチンクリーニングをプロに頼むなら実績があるカジタクがオススメ

キッチンがキレイになると、毎日の料理が楽しくなりますよ。ぜひ皆さんも一度プロに任せてきれいなお家で気持ちよく過ごしましょう!

カジタクのキッチンクリーニングを見る