クローゼットの湿気や臭いが気になる!すぐ出来る掃除方法とは

衣服や寝具が収納されているクローゼット

衣服や来客用の寝具などを収納しておくクローゼット。衣替えもそろそろというご家庭も多いのではないでしょうか?いざクローゼットを開けてみるとカビ臭かったり湿気がこもっていたり…。そんな時にどんな対処をすればいいのか、どのように掃除をしたら良いのかをご紹介していきたいと思います。

クローゼットの汚れの原因

クローゼットの扉を開けようとしている

クローゼットの汚れや臭いはなぜ起きてしまうのでしょう?それにはいくつかの原因がありました。

換気をしていない

クローゼットの扉は常に閉め切っているというご家庭も多いと思います。そのため、クローゼットの中は湿気が多くこもった状態になりますよね。この湿気を好むのがカビです!カビが繁殖し、イヤな臭いに繋がることがあります。

着脱した衣服をそのまま収納

帰宅して脱いだ衣服を、そのままハンガーにかけて収納しているという方いませんか?一日中着ていた衣服には想像を絶するほどの汗や湿気、菌が溜まっているのです。そのまま湿気の多いクローゼットにしまうと、菌が繁殖しカビが生えてしまうことも。

物を詰め込みすぎている

収納スペースいっぱいに衣服や寝具をギュウギュウに詰め込むのはNGです。通気性が悪くなってしまい、これもカビが生える原因となるのです。

掃除方法

スプレーボトルと布巾

クローゼットの掃除方法はあまり知られていません。クローゼットの掃除はカビを重点的に除去していきます。意外と簡単に出来るのでぜひ試してみてくださいね。

クエン酸を使用

  1. まずはクローゼットの中の物を全て取り出しましょう。
  2. 水200mlに対してクエン酸を小さじ1混ぜたものを、スプレーボトルに入れて「クエン酸スプレー」を作ります。
  3. クローゼットの中にクエン酸スプレーを噴きかけ雑巾で拭いていきます。クエン酸には除菌効果もあるので全体的に拭き掃除をしましょう。
  4. カビが落ちない所には、カビ取り漂白剤をスポンジに含ませて擦っていきます。色が落ちてしまう恐れもあるため、台所用を使うのがオススメ。
  5. 水拭き・乾拭きをしますがここからがポイント!扉を開けっ放しにして中をしっかりと乾燥させます。水分がクローゼットの中に残ると、またすぐにカビが生えてしまいますよ。

臭い・湿気対策

瓶に入っている重曹

掃除をしても、なかなか取れないクローゼットの臭いと湿気。普段から出来る対策はないのでしょうか?

重曹で湿気も臭いもサヨナラ

空き瓶や紙コップなどに、重曹を粉のまま入れてクローゼットの中に置きます。重曹には、吸湿と消臭の効果があると言われているので一石二鳥ですね。重曹は調理にも使われているため、小さいお子様がいるご家庭でも安心してお使いいただけます。

天日干しも効果的

衣服や寝具についてしまった臭い・湿気は、天日干しがオススメ。普段から、少なくとも週に1回は天日干しをしているとカビ臭さも湿気もなくなり常に清潔に保てますよ。

最後に

クローゼットは常に締まっている状態なので、カビや臭い・湿気に気付きにくいかと思います。しかし時間も労力もかかる掃除はなかなか出来ないという方もいらっしゃいますよね。そんな方はクローゼットの扉を少し開けておくだけでも換気になり、臭いも湿気も軽減できますよ。ぜひ今日からでも実践してみてくださいね♪
カジタクの家事代行・整理収納はコチラ!