引っ越し時の掃除はどうすれば良い?敷金が戻るコツを押さえてキレイに引っ越そう

引っ越し掃除

引っ越しの経験がある人ならだれでも、原状復帰と返金の問題に頭を悩ませたことがあるでしょう。
引っ越し時の原状復帰とはどういうものなのかを勘違いしている人が多いこともあり、引っ越しシーズンには特に話題を集めます。入居時に支払った敷金は高い場合が多いので、きちんと知識を持ったうえで対処し、なるべく多く敷金を返してもらえるようにしたいものです。
そこで、引っ越しのときにどんな掃除と対応をしておけば敷金が無事に戻ってくるのかをご紹介します。

原状復帰とは?

引っ越し

原状復帰は「自分が借り始めたときの状態に戻すこと」と考えがちです。これはまったくの勘違いで、普通に暮らしていて起きる部屋の汚れと損傷は借り主の責任にはなりません。通常使用の汚れと損傷を治す費用は、毎月支払っている家賃に含まれているというのが一般的な考えです。

つまり、日焼けで色あせた畳を取り換えるとか、壁紙が知らず知らず黒ずんできたといった汚れは通常使用の範囲内なので、これらの修繕費用を大家さんが敷金から取ることはできません。エアコンを設置するために壁に穴をあけても、たいていは次の入居者が使い続けますから、これも敷金から取る対象にはなりません。

たとえば、たばこの不注意で床に大きな焼け焦げ跡を作ってしまったが、引っ越しするまでそのまま放っておいたとなれば敷金から引かれることもあるでしょう。しかし、普通に掃除をして生活していた場合、ほとんどの汚れは通常使用の範囲内になり敷金は全額返還される可能性が高いのです。大家さんや不動産会社によっては、ハウスクリーニング代といった名目で敷金から差し引こうとするケースがありますが、その場合は内訳をきっちり確認して、敷金から取れる修繕費用なのかを確認しましょう。

引っ越し時はどれくらい掃除すべき?

掃除

このように、汚れ破損の状況による違いが敷金返還のポイントになります。では実際に引っ越すときには、どの程度まで自分たちで掃除をしておくべきなのでしょうか。

答えは意外にシンプルで、普段通りの掃除が最も妥当です。畳を裏返すとか、エアコンの内部クリーニング、換気扇の油汚れの除去といった専門業者を呼ばないとやりきれないような掃除までする必要はありません。先にも書きました通り、これらの汚れは通常使用の範囲内になります。

壁の穴には注意!

ひとつおぼえておきたいのは、壁にあけた穴の問題です。カレンダーや写真などをかけるために小さなピンで留めることはよくあります。この程度の小さな穴なら壁紙を張り替えれば見えなくなりますから、よほどたくさんあけていない限りは大丈夫です。ただ、入居の際に交わした契約書に、ピンの穴でもあけてはダメと明記されていた場合は敷金から引かれてしまうかもしれません。

退去時のチェックには同席するべき

壁の穴の規約のように、入居した時の契約状況を事細かにおぼえている人はなかなかいないでしょう。その点も敷金返還問題のポイントになってくるので、しっかり返還を受けたいときは退去時のチェックに同席するのが大切です。

退去の際、不動産業者の人もしくは大家さんが、部屋なり家なりをチェックに来ます。引っ越し作業で忙しいのを押してでも、この場に居合わせたほうが得をする可能性がかなり高いといっていいでしょう。

大家さんにとっては大事なビジネスです。シビアな場面ではあるものの、顔を突き合わせていればお互い敬意をもって接しますし、あくまで借り主はお客様です。「お世話になりました」とあいさつをしてくれる相手に対して、無茶なことをそうそう言ってはきません。敷金は本来お客様に返すものですから、お互い気持ちよく受け渡しできるにこしたことはなく、この場で敷金の全額返還が決まるケースが多々あります。日頃から大家さんと顔を合わせる機会があったならば、最後にあいさつをするのは社会人としても大切なことです。

大家さんが立ち会わないケースの時は、修繕する可能性があるかどうかを具体的な場所を示したうえで、不動産業者の人ときちんと話し合っておくか、写真に収めておきましょう。また、庭付きの一戸建ての場合、庭の草むしり費用は敷金から引かれる対象になりやすいので、家の中同様、普段通りでいいので掃除をしておくといいでしょう。

引っ越し先でも同じくチェックを!

新居引っ越し

最後に、新しく引っ越した先でも退去の時と同じようなチェックをしておくと、後々役に立ちます。壁紙の黒ずみが入居当初からあるのなら、その点を大家さんや業者さんと確認しておくことで、次の敷金返還の時に問題にならずに済むからです。なるべく建物全体、部屋全体を一緒に見て回って、気になることがあったらどんどん聞いて確認しておきましょう。書面に残しておければ、なお良いです。

現在では、敷金礼金不要の物件が増えて来ています。ただ、条件のいい物件には敷金が適用されている場合がまだまだ多いので、退去と入居の際の確認をしっかり行なって、新生活に賢く備えたいものです。

カジタクのハウスクリーニングはコチラ!