両面テープの剥がし方にはコツがあった!もうあのベタベタで苦労しない方法とは

両面テープを使った際に困ることといえば、貼がしたときにテープの粘着力によってベタベタが生じることです。両面テープが剥がしにくい、あるいは、剥がした両面テープ跡にベタベタや汚れが付着してしまい、それらを取り除くのにひと苦労する経験をした人は少なくないでしょう。この記事では、両面テープのベタベタをきれいに取る方法、両面テープの使用上の注意などについて、詳しく解説します。

期間限定 エアコンクリーニング早得 2台以上のご注文で4,950円OFF!カジタクの家事代行・整理収納はコチラ!

糸を使えばきれいに取れる!

糸を使うことによって、両面テープはベタベタを残さずにきれいに取ることができます。使用する糸は、釣り糸などに使うテグスや丈夫で切れにくい糸が好ましいでしょう。糸のように細いものであれば、両面テープと貼られた対象物の間にスムーズに侵入して、テープと対象物を切り離すことが可能です。

糸を使った取り方

具体的なやり方は、両面テープと対象物の間に糸を入れて、のこぎりを使用するようにゆっくりと上下か左右に糸を引いて剥がしていきます。両面テープを削るようなイメージでやると上手くいくでしょう。

糸を使用する際の注意点は力を入れ過ぎないことです。力を入れ過ぎてしまうと、いくら、頑丈な糸であっても切れてしまいます。また、糸で手を傷つけないように軍手やタオルなどを使用すると、やりやすくなるでしょう。

ベタベタは熱に弱い!

ベタベタを残さない方法のひとつに「ベタベタを溶かす」という方法があります。両面テープなどが持っている粘着性は熱が弱点で、熱を加えると粘着の成分が溶けてしまい粘着力が弱まってしまうのです。

熱を与える方法は、髪を乾かすためのドライヤー、普段は服に使用するアイロンなどを用いてもいいですが、両面テープ剥がし専門の「ヒートガン」という熱を発するアイテムもあります。

ドライヤーを使った取り方

具体的なやり方は、両面テープで貼ってあるものの上から、あるいは剥がしたあとに残ったベタベタ部分にドライヤーなどで熱を与えながら、ゆっくりと剥がします。また、貼ったものの上から熱を与えて粘着性を弱らせながら、ゆっくりと剥がすという方法もあります。どちらも剥がすときにコテやカッターナイフなどを使用すると、よりきれいに剥がすことができるでしょう。

プラスチック製品など熱に弱いものに貼った場合は、長い時間熱をあてないようにすることがポイントです。

お酢も効果的?

両面テープは貼り付けたまま放置しておくと、ガチガチになってベタベタ部分がより取りづらくなります。そのような状態になったらドライヤーのような熱だけでなく「お酢」も効果的です。

お酢を使った取り方

やり方は、貼られた対象物の上から、あるいは、剥がして残ったベタベタ部分に、酢を染み込ませたコットンを10分ほど貼り付けます。10分後にコットンを取ると、両面テープの粘着性は弱くなった状態になり、簡単に剥がれてしまうのです。もし、これでも剥がれない場合は、お酢の量を多くする・貼り付ける時間を10分以上にするなどしましょう。

注意点は、お酢による匂いです。お酢の量を多くすると部屋中に匂いが充満するので、部屋の換気は怠らないようにしましょう。また、両面テープが剥がれた箇所にもお酢の匂いがついてしまっているので、しっかりと水拭きをすることが大事です。

期間限定 エアコンクリーニング早得 2台以上のご注文で4,950円OFF!カジタクの家事代行・整理収納はコチラ!

ハンドクリーム・食器用洗剤もベタベタ取りに使える!

ハンドクリームや食器用洗剤も、両面テープの粘着成分を弱らせる作用があるので、両面テープ剥がしには効果を発揮します。

ハンドクリーム・食器用洗剤を使った取り方

やり方は、サランラップを用意して、ハンドクリーム・食器用洗剤を両面テープで貼られた対象物の上か、剥がして残ったベタベタ部分に塗って、さらにサランラップでパック状態にします。

ラップをする理由は、ハンドクリーム・食器用洗剤の成分を粘着部分に浸透させるためです。ラップをして10分ほど経過したら、両面テープの粘着性が弱まっているので、ラップを取ればスムーズに剥がすことができます。

剥がしたあとにまだベタベタ部分が残っていた場合は、同じような方法でベタベタ部分にラップをするときれいに取り除くことが可能です。剥がしたあとはハンドクリームや食器用洗剤の匂いが残るので、剥がした部分を水拭きしましょう。

 

取れないベタベタは消しゴムをかけてきれいに!

先述したさまざまな方法で両面テープを剥がしても、ベタベタ部分がきれいに取れない場合があります。その場合は、残ったベタベタに消しゴムをかけることによって、ベタベタをきれいに取り除くことが可能です。

ベタベタ部分に消しゴムをかけると、それによって生じる消しゴムのカスがベタベタを巻き込むために、ベタベタはきれいに取り除かれます。残ったベタベタをコテやカッターナイフで取る人もいますが、その場合、両面シールが貼られた対象物に傷がつく恐れがあります。しかし、消しゴムであれば対象物に傷をつける心配はありません。

その反面「かなり力を入れてゴシゴシとこすらなくてはいけない」「消しゴムがあっという間に減ってしまう」などの欠点もあるのが、消しゴムを使用する際の特徴です。

 

両面テープ・使用する場所の種類を把握しておこう!

両面テープは日常生活においてさまざまな場所で使用されています。そして、両面テープは使用される場所によっていくつもの種類が用意されているのが特徴です。両面テープの種類は、粘着性によって分類されます。

粘着性は主に「普通」「強力」「超強力」に分類されており、使用する場所によってその強弱を選択しなくてはいけません。そして、両面テープの表面は「平面」「凸凹」の2種類があります。厚みは「薄手」「厚手」の2種類、色は「透明」「透明でない」の2種類です。幅や長さも商品によって異なります。

両面テープが使用される場所は、タイルや木材、金属やガラス、紙や布、ゴム製品や塩化ビニール製品、コンクリートやモルタル、発泡スチロールなど多岐にわたります。ゴム製品などに両面テープを使用する場合は強い粘着性が必要で、紙の場合は弱い粘着力で十分です。

それほど粘着性が必要ない場所に「超強力」の両面テープを使用すると、剥がすときに手間がかかります。どの場所にどのタイプの両面テープが適しているか、しっかり把握しておけば、剥がすときに手間がかからずスムーズに剥がすことができるでしょう。

期間限定 エアコンクリーニング早得 2台以上のご注文で4,950円OFF!カジタクの家事代行・整理収納はコチラ!

 

人気のオススメ記事はコチラ