面倒な加湿器掃除はクエン酸で簡単に!

加湿器は一見すると汚れる要素がないように思われますが、実はとても水アカで汚れやすい機械になります。加湿器は内部の汚れに気づきにくく、気がついた時には水アカが固まってしまっているということも少なくありません。そこで大切なのが、汚れが固まってしまう前に落としてしまうことです。水アカに強いクエン酸を使って、加湿器を常にきれいな状態に保ちましょう。

 

加湿器は汚れている

加湿器はタンクに水を入れ、水蒸気にして放出することで室内の湿度を上げる役割を持っています。加湿器を利用する場合、多くの人は水道水を利用するでしょう。そして入れているのは水だけなので、汚れる要素はないと思われています。

しかし実際に加湿器の中を見てみると、タンクやトレイ等、水分の触れる部分に白い汚れが付着していることが多いです。また見た目では汚れが分からない場合でも、内部では雑菌が繁殖している可能性もあります。内部で雑菌が繁殖していると、水蒸気と一緒に雑菌も放出されてしまいます。加湿器の内部が汚れていると、健康にも悪影響が及ぶ可能性があるのです。

加湿器は使うたびに汚れていくため、こまめな掃除が必要です。

加湿器の汚れの種類

汚れをキレイに落としたい場合、大切なのが汚れの種類を把握することです。汚れには主に酸性・アルカリ性があり、その汚れを分解する効果のあるもので掃除する必要があるからです。

加湿器の場合、主な汚れの原因は水道水になります。水道水には塩酸・カルシウム・ケイ酸など様々な成分が含まれています。これらの成分のうち、一部分は水に溶けきれず、水分が蒸発した時に白く残ってしまいます。加湿器内が濡れ、再び乾くことを繰り返すことで次第に水道水内の成分が堆積、汚れは硬くなっていくのです。

なお、水アカは主に炭酸カルシウムが固まったものです。炭酸カルシウムはアルカリ性なので、酸性に弱いという性質があります。また水分が循環されず、一定の場所に残り続けるとそこで雑菌やカビが繁殖、ヌメリや黒ずみの原因となります。さらに雑菌やカビが繁殖すると汚れだけでなく、イヤな臭いも生じます。雑菌やカビによる汚れは殺菌することで落とすことができます。

○超音波式

超音波式は超音波の振動によって水を細かくし、ファンによって水分を外へ出して加湿する仕組みです。ただし、この超音波式は水に含まれる、ミネラルや手入れをしなかった場合雑菌なども放出してしまいます。

そんな超音波式は衛生面を特に注意する必要があり、毎日水を交換すること、残った水はすぐ捨てること、水を交換する際にアルコール消毒をすること、3日に1回はタンク全体を洗うこと、そして週一回加湿器を分解洗浄し風通しの良い場所で陰干しすることがポイントです。

○気化式

気化式は、スポンジなどのフィルターに水分を含ませ、送風によって加湿する仕組みです。この気化式はとにかくフィルターが汚れやすいというデメリットがあるので、フィルターを掃除することやフィルターに汚れを突きにくくするという手入れ方法が重要です。

ポイントとしては、タンクの水を毎日交換すること、その際にタンクを水洗いすることと言ったものの他、水分を含ませる加湿気化フィルターは水で押し洗いし、ニオイが気になる場合はクエン酸水でゆすいだり、浸け置きをしたりして洗います。外側のフィルターはほこりが付きやすいので、1ヶ月に1度は外して掃除機で汚れを吸い取ります。トレーも同じタイミングで、水洗いし汚れはブラシで落とします。長く使いたい場合は、機種ごとに指定された交換時期が来たら加湿気化フィルターの交換を行います。

○スチーム式

スチーム式は熱で水を蒸発させて加湿させるもので、電熱によって水を沸騰させ、その蒸気をファンによって放出・拡散させるタイプです。

このスチーム式のお手入れ方法はタンクの水を毎日交換することはもちろんのこと、交換時にタンクを水洗いします。また、本体に残っている水を捨て、柔らかい布で拭きます。水道水を加熱し蒸発した際に、スケールという残留物が出やすく石のように固くなるので硬めのブラシなどでこすって落とします。更にクエン酸水で1時間ほど運転させ、水洗いをします。
細菌は加熱するため付きにくいですが、汚れやすいのでブラシで定期的にお手入れが必要です。

○ハイブリット式

ハイブリッド式は、気化式とスチーム式を組み合わせた仕組みです。お湯を電気で沸かしてそのお湯をフィルターに通してファンで空気を送ります。ある程度の湿度になったらお湯を沸かすのを止めて気化式として動くものになります。

このハイブリッド式のお手入れは、タンクの水は週に1度交換すること、その際にタンクや吸気口カバーを水洗いし乾燥すること、加湿気化フィルターは定期的に水で押し洗いし、トレーの水を捨てて内部をスポンジなどで洗います。
気化式よりはフィルターに細菌が付きにくいですが、ニオイが出ることがあるためしっかり洗うことが必要です。

クエン酸でキレイに掃除する方法

加湿器の内部は水アカが溜まることで汚れていきます。水アカの主成分である炭酸カルシウムは、弱アルカリ性です。弱アルカリ性の汚れの場合、弱酸性のものと反応させると中和され、汚れが分解されやすくなります。

そして弱酸性の洗剤の一つとして挙げられるのが、クエン酸です。実際に掃除に使う際は、まずバケツなどの大きな容器にクエン酸を溶かします。この時濃度は1%程度に薄めておきます。クエン酸液が準備で来たら、加湿器のタンク・トレイ・フィルターなど、水アカが気になるパーツを1時間程浸けます。しばらくつけると水アカ汚れが中和され、落としやすくなります。バケツなどにお湯をはり、その中で優しく洗っていきましょう。

なおスチーム式(加熱式加湿器)など、加湿器の形状によっては、タンクに薄めたクエン酸水を入れ、2~3時間稼働、お湯などですすぐことできれいにすることも可能です。なお洗った後はカビを防ぐためにも、必ず乾燥させてから組み立てるようにしましょう。

掃除の最適頻度

加湿器を使う際、まず気をつけたいのがタンク内の水です。タンク内に水が溜まっていると、水アカやカビの原因となります。タンク内の水は毎日取り替えるようにしましょう。その上でタンク・トレイ・フィルターなどの掃除は、1か月に1回行うのが理想的です。

ただし加湿器の種類によっては1週間に1回は掃除が必要な場合があります。例えばファンで風を送り、水を含んだフィルターから水蒸気を発生させる「気化式」や、「気化式」にヒーター機能を追加した「ハイブリット式」の場合、外部の空気を吸い込んで水蒸気を発生させるため、吸気口カバーやフィルターが非常に汚れやすいです。このような汚れやすいパーツに関しては、週に1回は掃除するようにします。

また加湿器によっては、「お掃除サイン」が出る場合もあります。もしサインが出た場合は後回しにせず、早めに掃除するようにしましょう。

重曹や酢を使った掃除方法

加湿器の汚れは、クエン酸で落とすのが一般的です。ただしクエン酸がない場合は、酢で代用することも可能です。もし酢で代用する場合は、水1000mlに対して25mlの割合で溶かします。この時洗った後に酢が残ってしまうと、独特の臭いが残ってしまいます。つける時間はやや短めにし、しっかりお湯などですすぐようにしましょう。

また汚れ具合によっては、重曹の方が落としやすい場合があります。例えば水アカが既に固くなってしまい、クエン酸につけただけでは落としにくい状態になった場合は、重曹が非常に有効です。重曹には研磨作用があります。粉末の重曹を少量の水で溶かし、スポンジや歯ブラシにつけ、水アカが固まっている部分をこすります。ある程度こすったら水できれいに洗い流します。

なお重曹は粉末の状態のままこすってしまうと、素材を傷つけてしまう恐れがあるため、必ず水で少し溶かしてから使うようにしましょう。

汚れを防止する

加湿器の汚れを防止するためには、まず水を溜めないことが大切です。同じ水が加湿器内部に残り続けると、次第に雑菌やカビが繁殖、ヌメリや黒ずみの原因となります。タンク内の水は毎日取り換えるようにしましょう。

なお加湿器内部の水アカは水道水に含まれるカルシウムなどが固まることでできます。けれども、この時水アカを防ぐためにミネラルウォーター等を利用してはいけません。ミネラルウォーターは塩素などの消毒する成分が入っていない分、タンク内で細菌やカビが繁殖しやすいのです。

加湿器を利用する場合は水道水を使い、こまめに掃除するよう心掛けましょう。そして加湿器の汚れを防止するうえで大切なのが、使わない時は乾かすことです。タンク・トレイ・フィルター等、分解できる部分はできるだけ分解し、乾拭きします。しっかり乾燥させたうえでしまうようにしましょう。

カジタクのハウスクリーニングはコチラ!