キャベツを長持ちさせる!正しい保存方法と保存期間

サラダや煮込み料理など、色々使い勝手がいい野菜であるキャベツは丸ごと買うのがお得ですが、中々使い切れないことも多いですよね。長く保存できたら最後まで食べきれるのに、と考えている方に最適なキャベツの保存方法をご紹介します。正しい保存方法を行えばキャベツの保存期間も長くなるので家庭を守る主婦にもオススメです。

最適な温度と湿度を考えて

キャベツを使う時の基本は、葉を一枚ずつはがして使うことです。その理由は、包丁で切ってしまうと断面からキャベツの水分が徐々に抜けてしまうからです。

キャベツの保存で気をつけたいポイントは、キャベツの水分を維持して瑞々しい状態を保つことです。一度切ってしまうと乾燥を早めるだけでなく、切り口から黒ずみが発生します。

日持ちを考慮するのであれば、購入時もカットされたものではなく、一個丸ごと購入することをオススメします。キャベツにとって最適な温度は0~5℃で、家庭内であれば冷蔵保存が適している温度です。

しかし、最適湿度は95~98%と冷蔵室の湿度には適していません。それを予防するためポリ袋と新聞紙を使い、適度な湿度の状態で冷蔵室に入れましょう。

丸ごと保存はキャベツの芯を取りましょう

一個丸まるのキャベツを冷蔵庫で保存する場合は、キャベツ一個に対して新聞紙1/2枚を用意します。

キャベツの切り口を上にした状態で新聞紙の上に置き、新聞紙をキャベツの芯に向けて周囲から折り曲げて包み、テープなどで軽く押さえます。

包み終わったら芯の部分が下になるようにポリ袋へ入れます。この時、ポリ袋は完全密閉ではなく軽く閉じる程度にしておくと適度な湿度を保つことができます。

芯の部分を下にして保存すのには理由があります。キャベツはキュウリなどのように縦への上下感覚がある野菜だからです。

そのため、横にして保存すると必要以上に糖分や水分を消費してしまいます。鮮度を長持ちさせるためにも芯の部分を立てて保存するよう心がけましょう。

栄養を逃がさなければ保存期間は最長二週間

キャベツは常に成長しようと呼吸をしているので、根を切り落としても花を咲かせる場合があります。それは葉ではない部分に栄養が持っていかれてしまうことになります。

余計な栄養が消費されないため、芯に切り口を入れましょう。本来キャベツの栄養素を損なわずに美味しくいただけるのは一週間程度ですが、芯を切り抜き水を含ませたキッチンタオルなどを詰めることにより保存期間は倍の二週間程度まで延びます。

時折水分をキッチンタオルに補充する必要はありますが、保存期間が長くなるのは魅力ですよね。予めハーフカットされているキャベツも同様に、切断面から鮮度が失われていくのでラップで断面を保護し、水分の蒸発を防ぎながら冷蔵庫で保存しましょう。

塩もみで水気を抜いて保存

キャベツに予め塩を振って保存する方法もあります。キャベツをざく切りにして塩を振った後しんなりしたら軽くもみ、密閉タイプの袋へ入れて冷蔵庫で保存します。

この時使う塩は、キャベツ一個に対して小さじ1/2です。切ってあるので取り出してすぐ調理に使えるのがいいですね。ちなみに、ざく切りしたキャベツを冷凍保存する場合は、切った後で水につけて水分を十分に含ませてから冷凍保存します。

冷凍に入れる際は密閉タイプの袋に入れて余白の空気を抜いてあげると、場所を取らずに保存することができます。

塩もみしたキャベツを冷凍保存する場合は、塩もみで出した水分をよく絞って密閉タイプの袋に入れて保存します。柔らかい食感になるので使う時はスープなどに活用しましょう。

すぐ使えるキャベツのみじん切りも冷凍保存

キャベツはみじん切りにすると水分が多く出るため、すぐ使うことが多いですよね。保存を念頭に入れるならまずは塩もみが必要です。

みじん切りにしたキャベツをざるに入れたら適度に塩をふって塩もみをし、しんなりしたら流水で塩を洗い流しましょう。

水気をきったら密閉タイプの袋になるべく平らにした状態にして冷凍保存します。他にも、一度熱湯処理した後で保存するなど様々な方法がありますが、どの方法も冷凍する前に水気を絞るなりしておく必要があります。

水気をしっかり処理しておくことによって、キャベツの水っぽさが感じにくくなるだけでなく、冷凍から取り出した時に必要な分だけ割って鍋に投入できるなど、調理する際の使い勝手が良くなります。

キャベツの葉単体での冷凍保存と、春キャベツ冬キャベツの保存方法の違い

キャベツには旬が違う種類が存在します。中でも代表的な春キャベツと冬キャベツは保存方法を変える必要があります。甘く柔らかい特徴を持っている春キャベツは、冬キャベツと比較すると若干痛みやすく保存期間は短いです。保存する時は冷蔵に丸ごと保存するのがオススメです。

勿論保存期間を長くするために芯の処理を行いましょう。一方、冬キャベツは0~5℃程度になる地域であれば常温で保存可能です。こちらも芯の処理を行いくり抜いた箇所に濡らしたキッチンペーパーを詰めて冷暗所などで保存しましょう。定期的にキッチンペーパーを交換すると更に長期保存できます。

春キャベツも冬キャベツも、葉をそのまま冷凍保存する場合は一度熱湯にくぐらせ、冷めてからラップに包みます。冷凍保存する時はラップに包んだもの何枚かまとめて密閉タイプの袋に入れて保存するといいでしょう。

カジタクの家事代行・整理収納はコチラ!