毛玉なんてナシ!フリースがふわふわになる洗濯方法

軽くて暖かいフリースは冬場に大活躍するアイテムです。ただ、普通に洗濯をすると毛玉だらけになってしまったなんてことはありませんか。また、ふわふわの肌触りが失われ、ゴワゴワになってしまうこともありますよね。フリースは洗濯機では洗えないのでしょうか。そこで今回はフリースに毛玉をつけずふんわりと洗濯する方法を紹介します。

フリースは洗濯機でも洗える?

一般的にフリースと呼ばれている素材はポリエステルが原料です。しかし、フリースはもともと羊一頭から刈り取った毛がひとつながりになっていることを意味しています。そのためポリエステルでありながら、羊毛のように暖かい素材です。

また、フリースは軽くて肌触りが良く、安価で使い勝手がいいアイテムとして冬場に大活躍をしています。さらにポリエステル素材ですので洗いやすいのも特徴で、乾きやすいため厚手で乾きにくいものが多い冬場のお役立ちアイテムの一つです。

洗濯機で洗うと毛玉ができる

しかし、フリースを洗濯機で洗うと毛玉がたくさんできてしまったという人も多くみられます。毛がごわごわになり、本来の肌触りの良さがなくなってしまったという人もいるでしょう。というのもフリースには不織布のものや、起毛素材もあるため洗濯機では力が強すぎて縮みや毛玉の原因を作り出してしまうのです。

コツを覚えればふわふわに洗濯できる

それでも、少しのコツを覚えるだけでフリースは洗濯機でもふんわりと洗えます。せっかくの暖かい素材をゴワゴワの肌触りにしてしまわないためにも、コツを覚えて上手にフリースを洗濯しましょう。

フリースの洗濯方法

まずフリースを洗濯する前に、フリースについている洗濯表示を確認しておきましょう。洗濯機マークか手洗いマークがついている場合には水洗いが可能です。フリースは基本的にはポリエステル100%であり、ほとんどの洗濯機で洗えます。

洗濯表示を見て洗剤を選ぶ

洗濯表示に「中性洗剤使用」や「中性」と書いてある場合には「おしゃれ着用中性洗剤」を使用します。洗濯表示に「中性」と書いていない場合には一般衣料用洗剤も使用できますが、淡い色の場合には蛍光剤無配合のものを選ぶのがいいでしょう。

色落ちに注意

初めてフリースを洗濯するときには色落ちがないかどうかもしっかりと確認しておきます。色落ちを確認する方法は、目立たないところに中性のおしゃれ着用洗剤を少量しみこませ、5分後に白い布を当て軽くおさえ色移りがあるかをみます。もし色移りがある場合には他のものと分けて洗うのがいいでしょう。

コース洗濯で楽に

洗濯機洗いが可能なフリースは「手洗いコース」か「ドライコース」を選部と安心です。こういったコースでは脱水までを全て洗濯機にまかせられますので、非常に簡単に洗濯ができます。裏返しにしてたたみ、洗濯ネットに入れて洗うと毛玉がつきにくくなります。

ふんわりの肌触りをキープ!フリースを洗うコツ

おしゃれ着用洗剤で洗う

フリースは起毛した素材ですので乱暴に洗濯をしてしまうことで繊維同士が絡み合い毛玉を作り出してしまいます。そのため、優しく洗えるおしゃれ着用の中性洗剤を使用するのがいいでしょう。おしゃれ着用洗剤にはもともと柔軟剤の役目を果たす成分が含まれているため、本来であれば柔軟剤を使用する必要はありません。

しかし、フリースは静電気が起こりやすい素材ですので、柔軟剤を使用すると洗い上がりがふんわりとします。

粉洗剤は溶かしてから使う

溶け残りをしてしまうとフリースが痛んでしまうので、なるべく液体洗剤を使用することをおすすめします。
粉洗剤しかない場合はあらかじめぬるま湯で溶かしてから使いましょう。

洗濯ネットを使用する

洗濯ネットは毛玉の防止と糸くずを絡めとらないためにも必ず使用しましょう。この際、できるだけ目の細かい洗濯ネットを選ぶのがおすすめです。
安いネットを使うとそれでも毛玉や糸くずがついてしまうので、二重で入れると良いでしょう。また上記でもいいましたが、必ず畳んで入れるようにしましょう。

このときにチャックやボタンをしっかりと留めて裏返しにして、袖などの汚れやすい部分を外側にくるようにします。そうすると全体に毛玉がつきにくく生地も痛みずらくなるでしょう。

ほこりを取ってから洗う

さらに、洗う前のフリースにもほこりや糸くずなどがついている可能性がありますので、事前に粘着シートやエチケットブラシ、洋服ブラシなどで取り除いておきます。特に洋服ブラシをかけておくと肌触りが格段に上がり、ふわふわに洗い上げることができます。

コースを選ぶ

もし洗濯機にウール洗い用のコースがあればそれを選ぶのがいいでしょう。洗剤によってはすすぎが1回で良い場合もありますが、フリースは洗剤が残りやすい素材ですので2回のすすぎを意識するのがおすすめです。

フリースの干し方

フリースが洗いあがったら肩幅が広めのハンガーにかけ、日陰に吊るしておくのがおすすめです。乾いた後にシワが気になる場合には130~160℃ほどの中温であて布をしてアイロンをかけるといいでしょう。

干す前に温風をあてる

短時間だけ乾燥機にかけるといいでしょう。温風を繊維に送り込むことでふっくりとしあがります。またドライヤーでも可能です。大体3~5分程度温風で乾かしてください。なるべく温風の方がいいですが、ドライヤーや乾燥機をかけられない場合でも空気を送り込むようにしましょう。干す前にフリースを強めにパタパタと数十回ふってあげてから干してください。

仕上げの仕方

ただ、フリースはどれだけ丁寧に洗濯をしても繊維同士が絡みやすいことからどうしてもふわふわ感が失われてしまいます。特に毛足が長いタイプのものは絡まりやすいといえるでしょう。しかし洗濯後に仕上げのひと手間をかけると見違えるような仕上がりになります。

ブラッシングする

その方法は非常に簡単で、洗いあがったフリースをスリッカーブラシと呼ばれるペット用のブラシでブラッシングするだけです。このブラシは本来ムートンの絡みをとるために使われていました。そのためフリースの絡まってしまった毛先もしっかりととかし、なめらかにします。

ブラッシングする方向は特に決まっていませんので、様々な角度からブラッシングを行いましょう。全ての部分にブラッシングが終われば最後に上から下にブラシを動かし、毛先を整えておきます。

ブラッシングを行うとしなやかな肌触りが戻ってくるだけでなく、暖かさも取り戻せます。フリ—スは正しい方法であれば洗濯機で洗えますので、上手に洗濯を行いお気に入りのフリースを長く楽しみましょう。

型崩れの原因

脱水が不十分でハンガーで干すと重さにひっぱられて型崩れしてしまいます。また脱水しすぎると摩擦によって痛んでしまうので気を付けましょう。平らなところにバスタオルをひいて乾かすと型崩れしにくくなります。

熱湯や冷たすぎる水もNG

あまりにも熱湯で洗うと皮脂の汚れはとれますが、生地は傷んでふわふわ感が損なってしまう原因になります。10度から40度がおすすめです。あまりにも冷たい水でも同様に痛みの原因となります。

覚えておきたいポイント

フリースは熱に弱く、静電気を起こしやすいのです。毛玉の原因は静電気が原因しています。面倒かもしれませんが、熱と摩擦に注意して丁寧に洗濯することが、ふわふわを長持ちさせるポイントです。そして必ずさいしょに洗濯表示を確認してください。

宅配クリーニングに任せる方法もある

洗濯をする時間がない、面倒くさい、という方には宅配クリーニングがオススメです。自宅に専用回収袋が届くので、そこに洋服を詰めて送るだけで、クリーニングされた洋服が返ってきます。保管サービスもあるので、次に着るシーズンまで預かっておいてもらえば収納スペースも有効活用できます。洗濯のプロにお任せするのもいいでしょう。

カジタクの宅配クリーニングはコチラ!