スラックスを自宅で洗濯!型崩れしない洗い方と注意すべきポイント

特に暑い季節は、汗をかいて蒸れたりして、スラックスのシワや匂いが気になりますよね。クリーニングに出さなければと思いつつも、まだジャケットは着られるので、後回しにしてしまうことも少なくありません。また、忙しくてクリーニングに持って行く時間がない時もあります。家で洗濯機で洗えれば一番簡単ですが、そもそもスラックスは家で洗って良いものなのでしょうか。そこで、型崩れせずにスラックスを洗う方法と注意点についてご紹介します。

スラックスを洗濯する前に確認する事

スラックスを家で洗濯する前に、まず確認しなければいけないのは、家で洗える素材であるかどうかです。スラックスの裏側についている洗濯表示を確認し、水洗いOKかどうかを確かめましょう。水を張ったたらいのマークが描かれていれば家での洗濯がOKで、水をはったたらいに×マークがついていれば、洗えないのでグリーニングに出す必要があります。その他にも、どのような洗剤で洗えるのか、何度のお湯まで使えるのかなども表示されているので、洗う前にしっかりチェックしましょう。

洗濯機で洗う方法

用意するもの

  • 洗濯ネット
  • おしゃれ着用洗剤
  • 柔軟剤

手順

    1. スラックスを洗濯ネットの大きさに合わせて蛇腹折りにします。ファスナーやホック、ボタンなどはしっかりと締め、引っかからないようにするのがコツです。また、汚れの目立ちやすい裾やヒップ、ウエスト部分が外側に出るように畳み、ネットの中に入れます。汚れが気になる場所は、洗剤の原液をつけておくと汚れが落ちやすくなります。
    2. 次に、洗濯機の設定を、ドライコースやおしゃれ着洗いなど、優しく洗えるコースに設定します。
    3. そして、スラックスを入れずに水を溜め、おしゃれ着用洗剤を入れて十分に水に溶かし柔軟剤を投入口に注いだ後、スラックスを洗濯槽の中に入れます。その後は洗濯機にお任せで、脱水まで完了します。

手洗いの方法

用意するもの

      • 洗面器
      • おしゃれ着用洗剤
      • 柔軟剤

手順

      1. 洗面器にスラックスが浸るぐらいの水を溜めます。熱いお湯はスラックスの生地を傷める恐れがあるので、常温の水でOKです。
      2. 次に、おしゃれ着用洗剤を水に溶かし、ゆっくりとスラックスを入れます。スラックスは洗濯機の時と同様に、汚れの目立ちやすい裾などが外側に出るように蛇腹折りにし、ファスナーやホック、ボタンなどはしっかり締めておきましょう。
      3. その後は、5分から8分ほど押し洗いをし、汚れを落とします。汚れが目立つ部分は、押し洗いだけでなくつまみ洗いをすると、綺麗に落とすことができます。
      4. 押し洗いが終わったら水を捨て、そこにまた新しい水を入れて、押し洗いをする要領で洗剤をすすぎます。何度かすすぎを繰り返し泡がなくなってきたら、最後のすすぎの時に柔軟剤を入れ、洗濯機で脱水します。脱水時間は、30秒から60秒に設定しましょう。

干し方

スラックスの干し方には、筒状に干す方法とセンターラインを折って干す方法の2種類があります。

筒状に干す方法

ファスナーやホック、ボタンをすべて開けてスラックスを裏返し、筒状になるようにウエスト部分を丸ハンガーのピンチで挟みます。ポケットなどの乾きにくい部分を外に出して乾きやすくできるうえ、立体的で風通しも良く効率的に乾かせるのが利点です。乾いたら、ピシッとアイロンがけをして完成となります。完全に乾くより、半乾きの方がシワが伸びやすくなります。

センターラインを折って干す方法

スラックスを折り目に合わせて折り、さかさまにして裾の部分をピンチでハサミ、折り目を付けながら乾かします。しっかり折り目が付くので、アイロンをかける時間がない時に向いている方法です。
干す場所は、風通しの良い日陰や室内で、直射日光の当たらない場所となります。乾燥機を使うと生地が縮んでしまうことがあるため、使わないようにしましょう。

注意点

このように、スラックスは家で洗濯できることがわかったものの、1つ注意点があります。
スラックスは、ジャケットとセットでスーツとして着用するのが一般的な着方ですが、スラックスだけを家で洗濯すると、ジャケットの色と合わなくなったり、風合いが異なってしまいます。本来、スラックスはジャケットとセットで洗濯するものなのです。スラックスの方が、ジャケットよりも汚れやすく、洗濯する頻度が増えるのは仕方がありませんが、スーツを綺麗に着こなしたいなら、セットでクリーニングに出すことをおすすめします。

宅配クリーニングがおすすめ

スーツのクリーニングの頻度は、夏は2週間に1回、冬はワンシーズンに1回が一般的です。着用回数にすると、10回に1回クリーニングに出すのが目安になります。最近は、家まで洗濯物を取りに来てくれ、仕上がったら配達してくれる宅配クリーニングもあるため、汚れものを持って行く時間がない人も便利に利用することができます。スーツの寿命を延ばすためにも、宅配クリーニングを上手に利用して、家でのスラックスの洗濯は、どうしても必要な時のみにするほうがよさそうですね。

カジタクの宅配クリーニングはコチラ!