意外と知らないお洗濯の豆知識♪布団カバーはご家庭でも簡単に洗える?!

白を基調とした清潔な寝具

皆さん、布団カバーをこまめに洗濯していますか?いかなる時も、私たちの身体を優しく包み込み、疲れをとってくれる布団。中でも、顔や身体に密着している布団カバーには汗や皮脂などが染み込んでおり、目には見えない汚れが溜まっていることも。そこで今回は、簡単に出来る布団カバーの洗濯方法や干し方などを詳しくご紹介していきます♪

布団カバーの汚れ

コップ1杯の水

人は、一晩におよそコップ1杯分の汗をかくと言われています。1日でこの量なわけですから、これが1週間、1ケ月となると、とんでもない量の汗や湿気が蓄積されていきますよね。そして、汗だけではなく皮脂やフケなども布団カバーが汚れる原因の一つ。ということは汗や皮脂などを大好物としているダニや、雑菌も繁殖していることになってしまいます。

布団カバーは必要?

白いベッドに白い布団

布団カバーをつけなければ、洗わなくて良いのでは?と思う方もいらっしゃると思いますが、布団カバーをつける理由はちゃんとあるんです!

布団へのダメージをふせぐ

布団を毎日直に使用していると、何かに引っ掛けたりしただけで、布団の中から綿や羽毛が出てきてしまう可能性も。そのため布団の品質を維持するためにも必要なアイテムだと言えます。

清潔に保つ

汗や皮脂、フケなどの汚れる原因すべてが布団カバーを通さず、直に布団についたらどうでしょうか?布団の洗濯、そう簡単にはできませんよね。大きい布団は一般のご家庭で洗濯して干すだけでも一苦労。そのため、布団に汚れが付着するのを防ぎ清潔を保つために必要なのです。

布団カバーの洗濯頻度は?

洗濯機の中で洗濯中

布団カバーの洗濯は、1週間に1回が好ましいと言われています。冬場でも目に見えにくいだけで汗はかいているため、季節に関係なくこまめな洗濯が必要です。天気が良くない日が続くと、カバーの洗濯も遠のきがちですが、洗濯の曜日を決めたり、お休みの日に洗濯する!と予定を立てるのもオススメの方法です。また、1週間に1回の洗濯がどうしても無理!という場合には、肌が直接あたる部分にタオルを敷くなどして応急処置をしておくのも良いですよ♪

布団カバーの洗い方

畳んである洗濯ネット

まず洗濯をする前に、ホコリや髪の毛など大きなゴミや汚れを落としシミ汚れが目立つところはつまみ洗いをして事前準備を行いましょう。ファスナータイプのカバーは、裏返しにしてファスナーを閉じて洗います。こうすることで、四隅に溜まる糸くずなどもしっかり取れ、他の洗濯物と絡まることを防ぎます。また、畳んで洗濯ネットに入れることで、洗濯によるカバーの傷みや擦れなども軽減できます。

布団カバーの干し方

青空と干してあるシーツ

布団カバーを脱水した後は、湿ったまま放置するとシワや臭いの原因になってしまうこともあるため、すぐに干しましょう。干す前に、布団カバーを小さく畳んで叩くことで、シワを伸ばすのも大事な工程です。布団カバーは重なる部分が多いと、なかなか乾きません。ずらして干したり、ピンチハンガーに干す時は、ジグザグに干したりと、風の通り道をつくることで早く乾かすことができます。室内でも、つっぱり棒を使えば物干し竿のような感覚で干すことができますよ。

最後に

毎日使うものだからこそ、清潔で気持ちの良いものを使用したいですよね。1日の疲れをとるための睡眠は、とことん気持ちよく!家族みんなの心地よい睡眠のために、こまめな洗濯の習慣をつけましょう!布団カバーの汚れが機になった際には、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。きっとその日の夜は心地よい就寝タイムとなることでしょう♪

布団クリーニングならカジタクがオススメ!

カジタクでは布団クリーニングを行っています。カジタクのオススメポイント!

  • 安心のイオングループが運営。満足度97%と大好評!
  • ダニ死亡率99% アレルゲン除去率98%
  • 持ち運ぶ必要なし!家まで預かりにお伺い!
  • たった1,000 円で最長9ヶ月保管!家の収納スペースがスッキリ!
  • 干すだけで除去できない汗や皮脂汚れまで除菌・消臭

※公的衛生研究所の調査結果より

ぜひ皆さんも利用して、きれいな布団で過ごしましょう!
カジタクの布団クリーニングはコチラ!