お気に入りのジーンズ。長く愛用するために知っておきたい洗濯方法

洗濯機に入っているジーンズ

元々は、作業着として着用されていたジーンズ。今や性別、年齢問わず、最も手軽に履けるパンツと言っても過言ではないですよね。形や、色もたくさんあり、みなさんお気に入りの1本、お持ちじゃないでしょうか?そんな身近なジーンズ、正しい洗濯方法を知っていますか?正しい洗濯方法を知っていれば、お気に入りのジーンズを長く愛用することができます。

ジーンズは洗わないほうがいい?

衣類の洗濯表示タグ

ジーンズは洗わないほうがいい、洗うものじゃないなど、聞いたことありませんか?型崩れや色落ちが気になって、なかなか洗えなかったりしますよね。でも、やっぱりジーンズも衣類。履いているうちに、汗や汚れがつき、その汗や汚れをそのままにしておくと、そこから劣化が進んでしまいます。お気に入りのジーンズを長く愛用するためには、やはり洗うことが大切です。

洗う頻度

ジーンズは、基本的に「汚れたら洗う」です。Tシャツのように毎回洗わなくても、汗をかいたり、汚してしまったり。履いている自分の感覚で汚れてきたと感じたら洗濯を行いましょう。

ジーンズの洗濯方法

洗濯機の中、洗濯中のジーンズ

ジーンズは色落ちする可能性が高く、新しいジーンズなら、なお色落ちしやすいです。また、洗濯機の中で擦れて、ダメージが大きくなる可能性もあります。裏返しにすることで、色落ち、ダメージをおさえることができます。同じような理由から、他の洗濯物と一緒にせず、ジーンズのみで洗ったほうが良いです。さらに、畳んでネットに入れれば、色落ち、ダメージを最小限におさえることができます。

ジーンズ専用の洗剤

衣類、粉洗剤のアップ

一般的な洗濯洗剤には、漂白剤、蛍光剤などが含まれています。ジーンズを一般的な洗剤で洗うと、白っぽく色落ちしていきます。色が薄くなってきてイヤだなぁって思ったことありませんか?インディゴ、濃い色のジーンズが好きで、少しでも色落ちを防ぎたい場合は、ジーンズ専用の洗剤を使うことをおすすめします。いわゆる色落ちさせてしまう成分が入っていないので、安心して洗濯することができます。

干す時も裏返したままで

洗い終わったジーンズは、干す時も裏返したまま、自然乾燥をします。乾燥機は早く乾き便利ですが、縮んだり、歪んだりの危険があるので、あまり使わないほうが良いです。干す時は、シワをのばし、形を整えます。ピンチハンガーなどで、筒状に干すと風通りが良くなり、乾くのも早くなります。今は、パンツ専用のハンガーもあるので、おすすめです。また、干す時の注意点は、日光に直接当たらないようにすることです。実は、日光の紫外線でも色落ちの危険があります。せっかく洗濯の時に気を付けても干す時に、色落ちさせてしまっては意味がありませんね!

最後に

ジーンズ生地でハート

ジーンズはもはや毎年トレンドです。毎年、いろいろな形や色のジーンズがでてきます。その中で、自分に合ったジーンズに出会うタイミングは多くはないですよね。自分に合ったお気に入りのジーンズを長く愛用するために、正しい方法で洗濯をしましょう!そして、楽しいジーンズライフを送りましょう♪
カジタクの宅配クリーニングはコチラ!