作り方から掃除方法まで!クエン酸水を徹底解説

家事をするとき、クエン酸水を使ったことはありますか?名前は聞いたことがあるけど、いったいどんなことに使えるの?という方も多いでしょう。実は、家事を助けてくれるアイテムなのです。ここでは、クエン酸水の作用や使い方、作り方を徹底解説します。あなたもクエン酸水を知って、作って、使って毎日の家事に役立てみてはいかがでしょうか。

クエン酸水って何?いつ使えるものなの?

クエン酸は、レモンや梅干しなどに含まれている酸っぱい成分としても有名ですよね。栄養素としては、疲れを癒やす効果があると言われるこのクエン酸、実はお掃除でも大活躍してくれる成分なのです。クエン酸は酸性なので、アルカリ性の汚れを落とすことができます。

また、消臭や除菌の効果も期待できます。重曹などと同じく、極端な手荒れやかぶれなどの原因になる強い化学薬品も使われていない、安全性の高い自然派洗剤です。キッチンやトイレ、お風呂や洗面所などの水回りのお掃除でとくに効力を発揮します。

洗濯機のお掃除にも使えるのですが、お洗濯に使うこともできるんですよ。すべての汚れに効果があるとは言えないのですが、クエン酸水は幅広い汚れを落としてくれる家事の助っ人アイテムなのです。

クエン酸水はどう手に入れる?どう使う?

クエン酸は、食べ物に含まれているクエン酸ではなく、クエン酸として単体でも市販されています。売られている形態としては、ごく小さい粒状のものやパウダー状になったもののほか、液体などもあります。

市販されているクエン酸には、食用とお掃除用があることは知っておいたほうがいいでしょう。お掃除用なら100均でも手に入れられるほど安い価格で売られています。ホームセンターなどには確実に見つけられるはずです。

液体の場合、すでにお掃除用のクエン酸水として売られていることがほとんどでしょう。粒状やパウダー状のものは、そのままお掃除したい箇所に振って使ったり、水に溶かしてクエン酸水を作ってスプレー容器に入れて使うこともあります。

クエン酸と重曹は強力なコンビ

家庭のさまざまな場所に使えるクエン酸水ですが、クエン酸の効力では落としきれない汚れもあります。とくにタンパク質の汚れには弱く、たとえば、皮脂、血液、油などを落とす効果は期待できません。

これらの汚れには、重曹を使うのがおすすめです。クエン酸は、水垢や臭い消しの効果が高いため、使い分けて掃除していくのも一つの方法です。また、クエン酸と重曹を一緒に使うことであらゆる汚れを取り除くことも出来ます。

たとえば、キッチンの排水溝というのは、油汚れも臭いも、水垢も気になる場所ですよね。お風呂の排水溝も流れる皮脂が蓄積されます。ぬめりの気になるところに重曹の粉を振りかけたあとに、クエン酸を振りかけておけば、汚れはスッキリ落ち、除菌もできるのです。

お掃除用クエン酸水の作り方と使い方

クエン酸水は簡単に作ることができます。

用意するものは、クエン酸水を入れて使うシュッシュッとスプレーできるタイプのボトルと、クエン酸と水です。水100mlに対して小さじ1/2杯の分量を目安にしてください。混ぜてクエン酸が溶けたらできあがりです。ぬるめのお湯に溶かすとより溶けやすくなります。

このクエン酸水は、トイレの便器、水道の蛇口や鏡、ポットや食洗機などの家電にも使えます。クエン酸水を汚れの気になる部分に吹きかけて、スポンジやブラシで磨いてもいいですしキッチンペーパーなどで拭き取ってもいいでしょう。

頑固な水垢や石鹸カスには、クエン酸水をキッチンペーパーなどにたっぷり含ませて2、3時間貼り付けておくときれいに取れることが多いです。

お洗濯用クエン酸水の作り方と使い方

クエン酸をお洗濯で使うのもおすすめです。皮脂汚れは難しいですが、アルカリ性の汚れは落とせますし、除菌ができるのも嬉しいポイントですね。洗う段階からクエン酸を使うときは、洗剤や柔軟剤は使わないでください。量の目安は水10リットルに対してクエン酸10gで、後は普通に洗濯機を回します。

また、洗いは洗濯洗剤を使い、すすぎの水がきれいになったら洗濯機を止めて、クエン酸を入れて再度回すという方法もあります。これだけでも、ふんわりとした仕上がりになります。量の目安は水10リットルに対してクエン酸1gです。

消臭効果で臭いも取ってくれるので、一石二鳥の柔軟剤になります。市販の柔軟剤を使うとタオルや衣類の吸水性が落ちるのですが、クエン酸なら吸水性もキープできます。そして、洗濯機自体も掃除と、除菌や消臭ができるのもメリットです。

クエン酸水の使用上の注意点や保存方法

クエン酸は、塩素系洗剤と一緒に使うと有害なガスを発生させます。この点はしっかり注意しておきましょう。基本的に他の洗剤との同時使用は避けるようにしたほうが安心です。

クエン酸が水に溶ける量というのは決まっています。大量に入れれば汚れを落とす効果が上がるわけではなく、溶けなかった分は無駄になるだけです。ご紹介した目安の分量は守ってくださいね。

また、クエン酸水は水を使うので腐るということにも注意が必要です。腐ってしまえば、汚れ落としの効果が半減するだけでなく、雑菌が繁殖してしまいます。つまり、腐った時点で安全性が失われるということです。

クエン酸水を作るときは、一度のお掃除で使い切れる分量に留めておくことをおすすめします。水に溶かす前のクエン酸は密閉容器にいれて、湿気のないところに置いておけば長期保存も可能です。

カジタクのハウスクリーニングはコチラ!