【フローリング掃除マニュアル】基本から大掃除にやりたいものまで

フローリング掃除

自宅のフローリング、どのくらい汚れているか知っていますか?毎日掃除をしていても、ハウスダストや皮脂汚れは少しずつ蓄積しています。ある日突然、「あれ?フローリングが黒ずんでる?!」と言う事が無いよう、しっかりお手入れをしていきたいですね。今回は、フローリングの毎日の掃除から定期的なメンテナンスまでをご紹介します!

フローリング汚れの原因

汚いフローリング

フローリングが黒ずむ原因は4つあります。

  1. 皮脂汚れ:裸足で歩く小さな子供がいる家は、特に皮脂汚れが付くことが多いでしょう。
  2. カビ:結露しやすい窓の近くなどは、カビが原因で黒くなることがあります。
  3. 油:キッチン周りは、料理の油はねが原因の黒ずみが起こります。
  4. ワックスの劣化:定期的にワックスの塗り直しなどをしないと、ワックス自体が劣化して黒ずんできます。

毎日のフローリング掃除の方法

フローリングの掃除は、掃除機ではなくフロアワイパーで行うようにしましょう。掃除機だと、細かいゴミを排気で巻き上げてしまうからです。

  • シートはドライタイプを使ってください。ウェットタイプのシートを使うと、ゴミを濡らして床にこびり付けてしまう事があります。部屋の奥から順番に、木目に沿って掃除をしていきましょう。

また、掃除は朝一番に行うのが効果的です!人が生活している間に巻き上げられたゴミは、寝ている間に床に落ちてきます。朝、ゴミが最も床に溜まっている状態で掃除をすると、より多くのゴミを取り除くことができますよ。

 

定期的に行いたい!しっかりフローリング掃除の方法

フロアワイパー掃除

フロアワイパーを使っての毎日の掃除は、落ちているゴミを取り除くのに効果的です。しかし、皮脂汚れはそれだけでは落ちません。時間がある時には、もう少し丁寧にフローリング掃除をしてみましょう。

  1. フロアワイパー
    最初はフロアワイパーを使って、落ちているゴミをきれいにします。
  2. 掃除機
    次に掃除機を使い、フロアワイパーで取りきれなかったゴミを吸い取りましょう。フローリングの溝に入り込んだゴミも、爪楊枝等でかき出します。
  3. 雑巾がけ
    最後に雑巾で水拭きをします。水拭きは正しい方法で行わないと、フローリングをダメにしてしまうこともありますので、注意しましょう。

まず、フローリングを掃除する際は、雑巾を水で濡らし、硬くしぼって水分をよくきりましょう。よくしぼれていないと、フローリングに水滴を残すことになり、跡になってしまいます。

そして、フローリングを拭く際は、強くこすりすぎないように優しく拭きましょう。ゴシゴシした方が汚れが落ちそうな気がしますが、フローリングのダメージになってしまいますので、力は適度にかけるようにしましょう。

木目に沿って雑巾をかけると、溝に溜まっている汚れも掻き出すことができます。そしてフローリング掃除をしたところを踏まないように、部屋の奥側から手前に後ろに向かって拭いていくのも忘れないようにしましょう。

もし、水分が残っているようなら、乾いた雑巾で乾拭きして水分をしっかり除去しましょう。

 

フローリングの汚れ別落とし方

フローリングの黒ずみは、汚れの原因によって落とし方が変わってきます。

皮脂汚れの掃除

1つ目は、皮脂汚れです。皮脂汚れは、水ぶきである程度はきれいになります。

  • しかし黒ずみが気になる場合は、台所用中性洗剤を使ってください。水かお湯2リットルに対し、小さじ1~2杯を入れたもので雑巾をゆすぎ、固く絞って雑巾がけをしましょう。

小さな子供が床に寝転がるなど、気になる場合はその後水ぶきで仕上げをしてください。

油汚れの掃除

2つ目は油汚れです。油汚れも、台所用中性洗剤で落とすことができます。

  • 雑巾に中性洗剤を含ませて、雑巾がけをします。汚れが気になる部分は、柔らかいスポンジに中性洗剤をもみ込んで拭いて落とすようにしましょう。

仕上げに水ぶきをして終わりです。

カビの掃除

3つ目はカビです。

①中性洗剤

生えたばかりの小さなカビなら、水ぶきか中性洗剤を混ぜた雑巾で落とすことができます。

②無水エタノール

無水エタノールでカビを落とす方法もあります。

  1. 雑巾やいらない布を使って、カビの表面をできるだけ拭き取ります。
  2. その後、無水エタノールを80%に希釈したものをカビにスプレーします。
  3. スプレーしたら、雑巾でしっかりと拭き取ります。フローリングの隙間に生えているカビは、爪楊枝や歯ブラシでこすり取ります。

無水エタノールの注意点は、色落ちです。フローリングによっては、色落ちしてしまうこともありますので目立たない箇所で一度試してみて、2〜3日様子を見て問題がなければ試すようにしてください。

無水エタノールとはどういうものか、については下記の記事を参考にしてみてください。

万能!無水エタノールで普段できない掃除!使い方から注意点まで解説

これで落ちなければ、そのカビはワックスの下まで浸食している可能性があります。その場合は、プロに依頼するしかなさそうです。間違っても、塩素系漂白剤を使ったりはしないでください。フローリングが色落ちして白くなってしまいます。重曹も、ワックスが剥がれてしまう可能性があるのでNGです。メラミンスポンジもフローリングに傷をつけてしまうので使ってはいけません。

③逆性石鹸

無水エタノールで色落ちしてしまって、掃除できないという場合は逆性石鹸を使って掃除をしましょう。逆性石鹸は、よくある石鹸とは違う、液体で販売されている様々なものを殺菌・消毒できる殺菌剤です。薬局や、インターネットでも購入することができます。

  1. まず、雑巾やいらない布を使って、カビの表面をできるだけ拭き取ります。
  2. その後、水で薄めた逆性石鹸をスプレーして、拭き取ります。カビが酷い場合には、スプレーしてから数分置いて、拭き取りを行うと効果的です。

業者に依頼する

水拭き、無水エタノール、逆性石鹸を使っても落ちないカビは、フローリングのワックスの下、奥深くまでカビが浸食している可能性があります。そうなると、自力で行うのには難しい作業になってしまいます。フローリングを傷つけてしまうと大変ですので、ここまで落ちないカビを発見した場合は、フローリングのクリーニングを扱う業者に相談するようにしてください。

フローリングのカビについての詳しい対処法については、こちらの記事も参考にしてみてください。

【フローリング】カビ取り方法!予防法まで紹介

黒ずみの掃除

4つ目はワックスの劣化による黒ずみ。これは、現在塗ってあるワックスを剥がして、再度塗りなおす必要があります。

綺麗を保つならワックスがけ!

ワックスがけをすると、フローリングに薄い樹脂の膜が張り、傷や汚れから守ってくれます。フローリングを長くきれいに使うために、半年に1回を目安にワックスがけをしましょう!

ワックスがけにベストな日は?

ワックスがけは、天気が良く湿度の低い日に行ってください。半日以上の時間が掛かるので、午前中から取り掛かるようにしましょう。

必要なもの

    • 掃除機
    • 雑巾
    • ワックスがけ用のモップかフロアワイパー
    • 靴下
    • 帽子
    • ゴム手袋

掃除方法

道具をそろえたら、掃除開始です。

  1. まず、足の皮脂がフローリングにつかないように靴下をはき、髪の毛落下防止のため帽子をかぶります。
  2. フローリング掃除
    最初はフローリングの掃除です。フロアワイパーでゴミを取り、掃除機を掛け、雑巾で水ぶきとカラぶきをして完全に乾かします。ゴミが残っていると、ワックスでゴミも一緒にコーティングしてしまうので、出来るだけゴミを残さないように頑張ってください。
  3. ワックスがけ
    掃除が終わったら、ワックスがけです。ワックスを塗った後の床は、乾くまで歩くことができません。部屋の奥から手前に下がるようにして塗ってください。しっかり乾いたら、二度塗りをしましょう。仕上がりがきれいになりワックスのもちも良くなりますよ!

ワックスがけについての詳しい内容は、下記記事を参考にしてみてください。
フローリングのワックスがけはどうやれば良い?手順・注意点・ワックスの選び方

カジタクのハウスクリーニングはコチラ!